診療科・センター・部門

形成・美容外科外来担当表はこちら

科長のご紹介

先天性、後天性のさまざまな形体異常・機能障害に対し、
整容面を配慮し、患者さんの病態と希望に合った
オーダーメイドの治療を行っています

科長 岡崎 睦 -Mutsumi Okazaki-
専門医 日本形成外科学会認定 形成外科専門医
専門分野 顔面神経麻痺の静的・動的再建
陳旧性顔面変形の再建及び形成術
マイクロサージャリー
研究領域 顔面の機能的再建
老化の機序、創傷治癒
専門外来 顔面神経麻痺外来
顔面変形外来
耳介変形外来
上下顎変形外来
女性化乳房外来
唇顎口蓋裂外来
手の外科外来
頭頸部再建外来
難治性潰瘍・褥瘡外来
乳房再建外来
ボトックス外来
リンパ浮腫外来
レーザー外来( あざ・しみ・血管腫)
電話番号 03-5803-5924
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/med/plas/plas-J.html

形成・美容外科は、形態・機能の外科的形成・再建を担当する診療科です。顔面・頭頸部、手足、乳房など、人目につく部位や美しさを求められる部位を扱うことが多いため、外見にも配慮した繊細な手術を行います。当科では、「多くの患者さんが満足する平均点の高い治療」ではなく、「患者さんの病態と希望に合ったオーダーメイドの治療」を提供すること念頭において診療を行っています。

診療科の概要

先天性、後天性のさまざまな形体異常・機能障害に対し、整容面を配慮した治療を行っています。具体的には顔面・手足・体幹などの外傷・先天異常の再建、頭頸部がん・乳がんなどがん切除後の形態・機能の再建、眼瞼下垂・顔面神経麻痺などの形成術を行います。また創傷治癒の専門家として、治りにくい創傷の治療や傷跡・瘢痕の管理・修正術も行います。

取り扱うおもな疾患

頭頸部がん切除後欠損、及び再建後の残存変形・機能障害(顔面神経麻痺を含む)
乳がん切除後の乳房欠損・変形、女性化乳房
糖尿病性潰瘍、褥創、膠原病性潰瘍、その他の難治性潰瘍、リンパ浮腫
顔面・手足の先天異常及び外傷(眼瞼下垂、眼瞼痙攣を含む)

おもな診断・治療法

マイクロサージャリーを用いた自家遊離組織移植術、微小血管・神経吻合術
顔面骨、手指骨に対する骨切り・骨延長
あざやシミに対するレーザー治療(Q-switch-Ruby、V-beam、Gentle LASE )
CT、MRI、ICG 造影法などの画像検査、筋電図などの生理検査

高度な先進医療

  • 顔面神経麻痺(不全麻痺を含む)に対する動的・静的再建、薬剤を組み合わせた形成術
  • 頭蓋底手術、頭頸部腫瘍摘出後欠損の再建及び残存変形・機能障害に対する修正・再建
    (皮膚、脂肪、筋肉、骨、軟骨の複合移植)(症例数は国内トップクラス)
  • 整容的乳房再建(患者さんの希望により、一期的再建or 二次再建、自家組織or インプラント、乳輪乳頭再建の有無の選択可能)
  • 糖尿病性足壊疽に対する集学的治療法を用いた患肢温存療法
  • 切断指趾に対する再接着術

診療科における研究テーマ

  • ICG蛍光測定法を用いた移植組織血流やリンパ流の評価
  • 顔面神経麻痺、顔面・頭頸部がん切除後の、機能と整容を重視した再建法の開発
  • 局所皮弁と医療用刺青を用いた、形状・色再現性の良好な乳頭乳輪再建法の開発
  • 皮膚の老化・色素沈着の機序の解明と創傷治癒過程の改善への応用

その他

同じ診断名をもつ患者さんでも、機能・形態異常の状態や程度や原因は異なり、たとえ同じ病態であっても、患者さんにより希望する治療は異なります。当科では、患者さんと話し合いながら、希望に沿った質の高い医療を提供するように心掛けています。このような診療姿勢の中で、当科では、陳旧性顔面神経麻痺に対して複数の遊離広背筋移植と複数神経縫合を用いて、複数の機能を同時に再建する術式を開発し、世界的にも類を見ない治療法として英文雑誌にも報告しました(2015年 JPRAS)。