診療科・センター・部門

肝胆膵外科外来担当表はこちら

科長のご紹介

肝がん、膵がん、胆道がんや、胆石症に対して、
手術を中心に総合的な治療を行います

科長 田邉 稔 -Minoru Tanabe-
専門医 日本外科学会認定 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定 消化器外科専門医・指導医
理事 評議員
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医 
理事 評議員
専門分野 肝胆膵脾外科
移植外科
低侵襲手術
研究領域 肝胆膵悪性腫瘍
臓器移植
低侵襲外科治療
専門外来 神経内分泌腫瘍外来
電話番号 03-5803-5675
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/grad/msrg/index.html

手術手技や医療技術は日々進歩しており、私たちは大学病院の特長を活かして先進的な治療を提供いたします。そのためにスタッフ一同、日々研鑽をつみかさねております。また一方で、「病気」をみて「患者さん」が置き去りにされることの無いよう、患者さんに優しい暖かみのある医療を心がけております。

診療科の概要

腹腔鏡下膵体尾部切除術

単孔式腹腔鏡下肝切除術

肝胆膵外科は肝臓、胆嚢、胆管、膵臓、の悪性腫瘍(がん)、炎症性疾患などのあらゆる疾患に関して手術、薬物療法も含めた総合的治療を行う診療科です。高度機能を持った大学病院として切除困難な進行がんに積極的に取り組む一方で、傷の小さな腹腔鏡手術も積極的に導入し、患者さんに優しい手術を目指しています。

取り扱うおもな疾患

肝腫瘍(肝細胞がん、肝内胆管がん、転移性肝がん、等)、膵充実性腫瘍(膵がん、膵神経内分泌腫瘍、等)、膵嚢胞性腫瘍(膵粘液嚢胞性腫瘍(IPMN) など)、胆道がん(胆管がん、胆嚢がん)、胆嚢ポリープ、胆嚢・胆管の炎症性疾患、胆石症、胆管結石症、先天性胆道拡張症、急性・慢性膵炎、特発性血小板減少症(脾摘目的)、脾腫、肝硬変・肝不全

おもな診断・治療法

診断は超音波検査、CT、MRI、胆膵内視鏡検査、PET-CTなどが中心となります。 それぞれの専門性を活かして消化器内科・放射線科とも密接に協力しております。定期的に合同カンファレンスを行い、 一人一人の患者さんに最も適した治療方針や手術術式を検討しています。

高度な先進医療

高度進行肝がんに対する
術前シミュレーション

安全で精度の高い肝切除を行うために、CT 画像をワークステーションで解析し、術前に手術のシミュレーションを行っています。進行がんに関して積極的に切除を行うばかりでなく、化学療法も含めた集学的治療で良好な成績を出しております。国内でもいち早く1996年に腹腔鏡下肝切除を導入、腹腔鏡下膵切除や単孔式腹腔鏡下手術(胆嚢摘出術や肝切除)にも積極的に取り組んでおります。

診療科における研究テーマ

肝胆膵がんの病態の解明と診断法、治療法の開発、低侵襲外科治療や臓器移植(主に肝臓移植)

専門外来

2011年より神経内分泌腫瘍外来を開設し、現在、累積で300名以上、年間70名を超える患者さんが全国より受診されています。神経内分泌腫瘍は稀な疾患ではありますが、進行度や治療法が多岐にわたり、専門的な対応が必要とされる疾患です。当科では、総合的に神経内分泌腫瘍の診断・治療に取り組んでいます。

取り組み

高度進行肝胆膵悪性腫瘍に対する手術を中心とした集学的治療、膵神経内分泌腫瘍専門外来、腹腔鏡下肝切除術、腹腔鏡下膵体尾部脾切除術、単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術など

その他

当科は年間約250例の手術を行っており、2015年の手術件数は、肝切除術96例(腹腔鏡下18例)、膵切除術73例(腹腔鏡下12例)で国内でも有数の施設です。肝胆膵領域の腫瘍は鑑別診断も多く、手術も難易度が高いのが特徴です。それに対して、どこまで根治性・安全性を確保した切除を行うかが外科として腕の見せ所です。一方で外科治療のみにこだわることなく、化学治療、 放射線治療などを組み合わせた集学的治療を行うことが肝要で、当科では関連各科と密に連携した診療を行っております。
治療の選択が難しい膵神経内分泌腫瘍の患者さんも多く訪れます。肝硬変や肝不全の患者さんのために肝移植の適応評価も行っております。