診療科・センター・部門

循環器内科外来担当表はこちら

科長のご紹介

心臓および血管の病気の最先端診療を行います
「患者さんに満足いただける」診療を心がけています

科長 平尾 見三 -Kenzo Hirao-
専門医 日本不整脈心電学会認定 不整脈専門医
日本循環器学会認定 循環器専門医
専門分野 不整脈、循環器一般
研究領域 不整脈病態生理解明と、それに基づく治療戦略の研究
電話番号 平日:内科外来 03-5803-5670  地域連携室 03-5803-4655
夜間休日:病院代表 03-3813-6111から救急外来へお問い合わせ下さい
専用ホームページ http://tmd-cvm.jp/

我が国では心臓病に罹患する人、心臓病で死亡する人が年々増加しています。何より予防に心がけ、一旦心臓病になっても早期診断と適切な治療が大切です。当科のモットーは患者中心の医療に心がけることであり、チームが一丸となって患者さんのトータルケアにあたる中で一人一人の患者さんに最適な診療を行うことを目指しています。

診療科の概要

あらゆる循環器疾患に対応して患者さんを中心とした高度で良質な診療を提供しています。心筋梗塞・狭心症や心不全はもちろんのこと、不整脈の診断、治療に関しても世界をリードする成果をあげております。大動脈や血管病、血管炎の治療に対しても専門のチームで診療に当たっています。

取り扱うおもな疾患

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心不全、不整脈(頻脈性不整脈・徐脈性不整脈)、後天性心臓弁膜症、心筋症(心サルコイドーシスなどの二次性心筋症を含む)、高安動脈炎(国内で最も多くの患者さんを診療しています)、先天性心疾患、肺高血圧症、高血圧症・血圧調節異常(神経調節性失神)など

おもな診断・治療法

2016年診療実績 経皮的冠動脈インターベンション258例、経皮的カテーテル心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)415例、ペースメーカー91例、植え込み型除細動器42例、両心室ペーシング22例、感染リード抜去術49例、心筋生検14例、人工心臓治療(心臓血管外科と共同、2015年12月までの累積):対外式17例、植え込み型9例、心臓移植適応判定17例(2015年12月までの累積)

高度な先進医療

冠動脈複雑病変に対するカテーテル治療、エキシマレーザー冠動脈形成術、難治性不整脈に対するカテーテルアブレーション、感染ペースメーカー抜去、高安動脈炎に対する診断・治療、心臓移植を必要とする重症心不全に対する補助人工心臓治療、心臓移植適応検討

診療科における研究テーマ

[基礎]歯周病と心疾患、冠動脈ステントの開発、動脈硬化の原因と治療、心臓拒絶反応
[虚血性心疾患]カテーテル治療の長期成績に関する多施設共同研究、冠動脈内画像の臨床応用、エキシマレーザー血管形成術の臨床応用
[不整脈]不整脈センターの項を参照

その他

当院は東京都内だけでなく関東、国内各地より症例をご紹介いただいています。心不全、虚血性心疾患、不整脈、血管炎それぞれに最先端治療を行うよう研鑽しています。軽症例から救命センターに搬送されるような三次救急症例まで、心臓血管外科、救命救急センターと連携し、多くの症例に対応しています。また関東一円に教育関連病院が整備されており、地域の一線の医療機関へのご紹介もしています。心臓病のことでお困りのことがありましたら、気軽にご相談くださるようお願い致します。