診療科・センター・部門

胃外科外来担当表はこちら

科長のご紹介

日本人に多い胃の病気に特化して最適な治療を行います

科長 小嶋 一幸 -Kazuyuki Kojima-
専門医 日本外科学会認定
外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定
消化器外科専門医・指導医
専門分野 胃癌治療
胃癌の腹腔鏡下手術
GIST に対する腹腔鏡下手術
研究領域 胃癌の診断と治療
腹腔鏡下手術
GIST の診断と治療
電話番号 03-5803-5254
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/srg1/gs/doctor/index.html

胃に関するあらゆる疾患に対して、個々の患者さんに最適な治療法が選択されるように心がけています。胃癌に対する腹腔鏡下手術は黎明期から世界の中心的な施設として積極的に施行しており、十分な経験を有する内視鏡外科技術認定医の指導の下、安全で、体に優しい手術を行っており、治療成績も良好です。

診療科の概要

胃外科は、胃の病気の全てと、胃切除後の胆石症や鼠径ヘルニアなど、一般外科諸疾患の診断と治療を行う診療科です。胃癌の腹腔鏡下手術では、日本有数の症例数を有しています。

取り扱うおもな疾患

胃癌、胃GIST、胃・十二指腸潰瘍、胆石症、鼠径ヘルニア、急性虫垂炎、病的肥満症に対する外科治療

おもな診断・治療法

内視鏡治療(EMR、ESD、APC)、腹腔鏡下手術( 腹腔鏡下胃切除術、腹腔鏡下胆嚢摘出術) など、胃疾患の先進的な診断と治療(手術)をはじめ、一般外科領域の最新治療まで行っています。

高度な先進医療

胃癌の内視鏡的切除術(EMR、ESD)や腹腔鏡下切除術を1999年より開始した経験を活かし、先進的な診療として進行胃癌や胃全摘術などにも腹腔鏡下手術を提供しています。
病的肥満に対する腹腔鏡スリーブ状胃切除を開始しています。

診療科における研究テーマ

胃癌の新低侵襲治療法(内視鏡的、腹腔鏡的)、関連機器の開発、胃癌の予後因子や化学療法の標的因子の分子生物学的な同定

その他

医学部附属病院に所属する診療科として最新・最良の医療を提供することはもちろん、学生教育、医学研究にも大きな役割を担っています。更に、大学病院における胃癌腹腔鏡下手術の技術を多くの第一線医師へ提供するために、国際的な研究会を主催しています。