診療科・センター・部門

検査部

部長のご紹介

最先端の技術に基づいた臨床検査を迅速に行い、
高度な診療に貢献します

部長 東田 修二 -Shuji Tohda-
専門医 日本内科学会認定 総合内科専門医
日本血液学会認定 血液専門医
専門分野 臨床検査医学
血液学
研究領域 血液腫瘍の分子病態の検査や感染症の遺伝子検査
電話番号 03-5803-5624
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/med/mlah/

患者さんが的確な診断のもとに、高度な治療を受けるためには、質の高い臨床検査が不可欠です。当検査部では、最先端の技術を駆使し、精度の高い臨床検査を迅速に行うとともに、患者さんが快適に検査を受けることができるよう努めています。また、学生、検査技師、医師に対する臨床検査の教育や、新たな検査法の開発・研究にも取り組んでいます。
(右画像はISO15189の日本語版認定証)

部の概要

検査部は3階にあり、臨床検査技師、医師、事務職員で構成され、検体検査、生理検査、採血業務を行っています。 検体検査には血球・血液凝固・骨髄、生化学・免疫、細菌、尿・便検査などが、生理検査には心電図、呼吸機能、脳波、筋電図、末梢神経伝導、超音波検査などがあります。検査に関わる情報提供も行っています。

おもな診断・治療法

検体検査の多くは、検体を受け取ってから約1時間で結果をオンライン報告しています。生理検査も速やかに結果を報告しています。これらにより、診療科での適切な診断や治療をサポートしています。

高度な先進技術

感染症の検査では、病原体を同定するための遺伝子検査や、薬剤耐性菌の院内感染の監視のための遺伝子型解析を行っています。生理検査では、通常の方法では分かりにくい下肢の運動神経伝導を高電圧電気刺激装置を用いて調べる検査や、経頭蓋磁気刺激による中枢運動神経の検査も行っています。