診療科・センター・部門

病理部

部長のご紹介

顕微鏡観察に最新の解析技術を導入し、
正確で客観的な病理診断に努めています

部長 北川 昌伸 -Masanobu Kitagawa-
電話番号 03-5803-5661
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/med/path/index.html

病理部では患者さんの病気となっている臓器を顕微鏡で観察し、腫瘍を中心とした様々な疾患を診断しています。腫瘍の悪性度や組織型の診断、進行度の詳細な評価に加えて、分子標的薬に代表される薬物治療においても個々の患者さんに最も適切な選択を考慮する際に病理組織学的な評価が必須となってきました。このような時代の新しい要求に対しても適切にお応えできるよう、病理部では人体病理学分野、包括病理学分野と協力して各臓器の高度な専門性に対応した診療を行っています。

部の概要

スタッフ
教授2、准教授1(専任1)、講師2、助教9(専任3)、医員1、後期研修医(大学院生)6、臨床検査技師11、(その内、病理専門医16、細胞診専門医2、細胞検査士6)
カンファレンス
剖検例カンファレンス50件/ 年 他に乳腺、皮膚、婦人科、脳外科、呼吸器、腎生検のカンファレンスを定期的に開催しています。

おもな診断・治療法

診断件数 病理組織10,567件/ 年( 生検検体7,715件、手術検体2,852件、術中迅速診断730件)、細胞診9,974件/ 年、病理解剖57件/ 年、免疫染色2,000件/ 年、電子顕微鏡診断70件/ 年

高度な先進医療

250種類の抗体を用いた免疫染色で診断の精度を高めています。病原体を中心に、モノクローナル抗体を新規に作製し、感染性疾患の診断に応用しています。脳腫瘍の1p/19q 欠失、軟部腫瘍の転座遺伝子SSX、JAZF1 など外注の行えないFISH 診断も年間10件程度実施しています。すべての検体を病理専門医と教授・准教授のダブルチェック体制で診断し、精度管理を厳密に行っています。

取り組み

医学部附属病院、歯学部附属病院の連携強化による医療体制の充実・高度化が本学の目標の一つです。病理部門では2015年4月から歯学部病理診断部門と業務の一部を共同で行う体制が構築され、医歯一体となって病理診断の精度と効率の向上に努めています。

その他

電子顕微鏡が人体病理学教室保有の最新機種(日立 HT7700)に更新され、2014年1月から本格的に稼働が始まりました。写真撮影がデジタル化されたため、観察までの時間と労力が大幅に短縮・軽減されました。腎生検を中心に患者さんの病理診断に大きく活躍しています。