診療科・センター・部門

アレルギー疾患先端治療センター

「専門性の高いトータル・アレルギーケアを提供します」

センターのご紹介

アレルギー疾患は呼吸器・鼻・眼・皮膚・消化器など全身に症状が出る疾患です。当センターでは、内科・小児科・皮膚科・耳鼻科のアレルギー専門医が横断的に密接に協力して総合的にアレルギー疾患を治療してまいります。 それにより、全身のアレルギー疾患を同時に根本から治療することが可能です。

センターの概要

  1. アレルギー疾患の各科横断的な総合的治療による患者へのサービス。
    ◆花粉症・アレルギー性鼻炎などの鼻アレルギーで皮膚アレルギー検査が必要な方
    →月曜日午後に耳鼻咽喉科専門医であるアレルギー専門医が診察いたします。
    ◆アトピー性皮膚炎・蕁麻疹・薬剤アレルギー・金属アレルギー・食物アレルギーなど皮膚にアレルギー症状がでるアレルギー疾患の方
    →火曜日午後に皮膚科専門医であるアレルギー専門医が主体となり診療いたします。
    ◆アトピー喘息・過敏性肺炎・小児喘息・食物アレルギーなどの方
    →木曜日午後に小児科・内科専門医であるアレルギー専門医が診療いたします。

  2. 新規治療法の開発と提供。
    ◆最新治療である生物学製剤・免疫療法・レーザー療法・紫外線療法、核酸医薬療法などの高度医療を受けることも可能です。
    ◆新たな新薬の開発のため臨床治験・臨床研究なども行っています。
    ◆患者様の同意のもと、新規に開発された未承認薬なども試みることができます。

  3. 総合アレルギー科専門医の育成。
    ◆総合アレルギー科専門医の育成のためアレルギー研修も行い、アレルギー専門医の輩出、質の高い医療の提供を目指します。

  4. アレルギー関係の情報提供。

  5. 食物アレルギー患者の方のケア。
    ◆食物アレルギーなどではアレルゲンを含んだ食物を制限する必要があります。十分なアレルゲン除療法をするためアレルギーを専門とした管理栄養士・看護師などが適切な生活指導もいたします。

おもな検査

アレルギー疾患は原因アレルゲンを同定して除くことにより根治することが可能な疾患です。
当センターでは

  • パッチテスト
  • プリックテスト
  • DLST
  • 好塩基球活性化試験
  • 誘発試験

などで、原因であるアレルゲンを明らかにし、アレルゲン除去療法・免疫療法をすることができます。

高度な先進医療

生物学的製剤療法・免疫療法(アレルゲン舌下投与療法)・遺伝子療法・レーザー療法など

おもな診療科

  • 皮膚科(火曜日):横関博雄(日本アレルギー学会指導医:皮膚科) 科長、宇賀神つかさ 講師
  • 耳鼻咽喉科(月曜日):鈴木康弘(日本アレルギー学会専門医) 講師
  • 呼吸器内科(木曜日):宮崎泰成(日本アレルギー学会指導医) 教授
  • 小児科(木曜日):大柴晃洋(日本アレルギー学会専門医) 臨床教授

取り扱うおもな疾患

  • 皮膚科:アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、薬物アレルギー、金属アレルギー、食物アレルギーなどのアレルギー疾患
  • 耳鼻咽喉科:皮膚アレルギー検査・治療が必要な鼻アレルギー疾患(花粉症、アレルギー性鼻炎、好酸球性副鼻腔炎など)
  • 呼吸器内科:喘息、過敏性肺炎
  • 小児科:小児のアレルギー疾患(アトピー喘息、過敏性肺炎、小児喘息、食物アレルギー)

診療予約について

当センターでの診療をご希望の方は、「アレルギー疾患先端治療センター」宛ての紹介状をご用意いただき、下記までご連絡ください。

  • 【初診事前予約担当】 03-5803-4655
  • 【受付時間等】
     月~金曜日 患者さん用 12:00~16:00
           医療機関用 8:30~16:00