東京医科歯科大学

難治疾患研究所
先端ナノ医工学分野

Department of Advanced Nanomedical Engineering, Medical Research Institute,
Tokyo Medical and Dental University (TMDU)

Message
メッセージ

核酸医薬、遺伝子治療、さらにはmRNAワクチンなど新規モダリティが次々と実用化され、『薬』の概念が変わりつつあります。新しい『薬』は、狙った遺伝子やタンパク質の機能を自在に制御することで、疾患を分子レベルで治療できるため、難治疾患の治療や副作用の軽減に期待されています。一方で、新しい『薬』は異分野融合の賜物です。mRNAワクチンを例にとると、mRNAの製造やナノDrug Delivery System (DDS)に関する化学、工学から、mRNAの機能、異物認識に関する生物学、ワクチンの効果、副反応に関する医学に至るまで、様々な分野の知見が集結しています。私たちは、このような幅広い分野を俯瞰しながら、mRNAワクチン、医薬を中心として、その基盤技術開発、生体内機能評価、疾患治療に取り組み、さらには産学連携によりその実用化を目指しています。また、アカデミアの立場から、このような応用研究の中で垣間見られる面白い自然現象、生命現象を探究しています。

Recruit
募集

当研究室では、助教を公募しています。

mRNAワクチン、医薬品の基盤となるナノDDS技術の構築、疾患治療への展開を、共に遂行できる研究者を募集しています。背景となる学問分野は問いません。キャリアアップのための論文執筆、予算獲得を積極的にサポートします。応募締め切りは、2023年7月7日、採用日は2023年9月1日以降(応相談)です。質問がございましたら、当研究室まで、ご気軽にお問い合わせください。(詳細様式

修士課程、博士課程の大学院生を募集しています。

当研究室では、修士課程、博士課程の学生及び博士研究員を受け入れています。博士課程は、3年制、4年制のどちらにも対応できます。ナノDDS技術の構築から、疾患治療への展開、社会実装まで幅広く取り組んでいますが、学生さんの興味に合わせてテーマを設定します。背景となる学問分野は問いません。オンラインも含めた研究室見学も随時受け入れていますので、ご気軽にご相談ください。(詳細様式

博士研究員を募集しています。

日本学術振興会特別研究員に加え、当研究室予算での受け入れも検討します。

News
ニュース

内田教授が、第72回高分子学会年次大会にて、『mRNAワクチン、医薬品の基盤技術開発と医療応用』のタイトルで招待講演を行いました。

内田教授、名古屋大学、阿部教授、金特任教授らのスタートアップ企業、Crafton Biotechnology社が、日本経済新聞に紹介されました。国産ワクチン、がん治療薬に挑戦 名大発のクラフトン

当研究室では、助教を公募しています。 mRNAワクチン、医薬品の基盤となるナノDDS技術の構築、疾患治療への展開を、共に遂行できる研究者を募集しています。背景となる学問分野は問いません。キャリアアップのための論文執筆、予算獲得を積極的にサポートします。応募締め切りは、2023年7月7日、採用日は2023年9月1日以降(応相談)です。質問がございましたら、当研究室まで、ご気軽にお問い合わせください。(詳細様式

内田智士教授と名古屋大学、阿部洋教授らの共同研究の成果がNature Communications誌に掲載されました。本論文に関しまして、名古屋大学よりプレスリリース(詳細)されているほか、日本経済新聞(5月19日14面) 、産経新聞中日新聞化学工業日報で紹介されております。

M Inagaki, N Abe, Z Li, Y Nakashima, S Acharyya, K Ogawa, D Kawaguchi, H Hiraoka, A Banno, Z Meng, M Tada, T Ishida, P Lyu, K Kokubo, H Murase, F Hashiya, Y Kimura, S Uchida, H Abe, Cap analogs with a hydrophobic photocleavable tag enable facile purification of fully capped mRNA with various cap structures, Nature Communications 14, 2657, (2023)

内田教授が、第97回日本感染症学会総会・学術講演会、第71回日本化学療法学会学術集会、合同学会のモデルナ・ジャパン株式会社共催セミナーにて、『今さら聞けないmRNAワクチンの基礎』のタイトルで、招待講演を行いました。

内田教授が、5月17日(水) 16:30より、iSeminarにて『mRNAワクチン、医薬品のためのナノDDS開発』のタイトルで、オンライン発表します。どなたでもご参加いただけます。[登録]

ホームページを開設しました。