診療科について

診療方針

当科では糖尿病を中心とする代謝関連疾患と視床下部・下垂体疾患や副腎疾患などの特徴的な臨床症状を呈する内分泌疾患の診療を担当しています。「全身を診る」という医療の原点を常に心掛けて、患者さんの身近に寄り添う優しい全人的医療を提供するとともに、地域の診療所や関連病院の先生方との医療連携を大切にして地域医療の向上に貢献します。

対象疾患

糖尿病(1型、2型、その他の特定の機序や疾患によるもの、妊娠糖尿病)
内分泌疾患(視床下部・下垂体疾患、副腎疾患、バセドウ病・橋本病などの甲状腺疾患、原発性副甲状腺機能亢進症などのカルシウム代謝異常、 インスリノーマなどの膵内分泌腫瘍、性腺機能異常など)
高血圧症(本態性、二次性(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫、甲状腺機能障害など)
肥満症、メタボリックシンドローム、脂質異常症、高尿酸血症など

教育認定施設

日本内科学会  認定教育施設
日本糖尿病学会 認定教育施設
日本内分泌学会 認定教育施設