グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > リサーチコアセンター  > リサーチコアセンターの紹介  > アイソトープユニット  > 公開設備(機器)の詳細
アイソトープユニット (8号館南-1/2)

公開設備(機器)の詳細
アイソトープユニット (8号館南-1/2)

※学外・企業による産業利用の場合は管理者までお問い合わせください。
※2017年9月現在の情報です。
※リサーチコアセンター申請手続きが必要です。


ラジオアイソトープ実験室

カテゴリー型名メーカー
放射線測定・RI(放射性同位体)関連設備      ー      ー
概要・性能
RI管理区域ですので非密封のラジオアイソトープが使用できます
仕様
基本的な実験機器等は備えあり、無料で使用できます
個別の貸出実験室有り(別料金がかかります)
※個別実験室使用料は面積1m2に対しての金額です、また貸出実験室の部屋面積は20~23m2 ですが、1、1/2、1/3とスペースを調節する事も可能です

利用対象者・利用料金学内
利用の可否※
管理区域利用料※1,000円/月
(ルミネスバッジ代金を含む)
RI購入手数料5,000円/回
個別実験室使用料20,000円/年

マイクロフォーカスX線CTシステム

カテゴリー型名メーカー
核磁気共鳴イメージング(MRI)、X線CT(XrayCT)、PETinspeXio SMX-100CTSHIMADZU
概要・性能
最大管電圧100kVの密封管型マイクロフォーカスX線発生装置と高感度イメージインテンシファイアを搭載し,樹脂や薬品,骨などの軟素材を高拡大で3次元観察できるCTシステムです。
仕様
X線発生装置密封型 定格:20W 最大撮影領域(FOV)
最大管電圧:100kV Φ90mm(2DCT時:Φ115mm)
最大管電流:200µA

利用対象者・利用料金学内
利用の可否※
利用者による測定:1,000円/時間
基本料金
講習会受講料5,000円/回

3D-BON

カテゴリー型名メーカー
画像解析装置(イメージアナライザ)TRI/3D-BON-FCSRATOC
概要・性能
マイクロX線CTによる骨断層像など連続断層像を基に3次元ネットワーク構造を直接解析する事が出来るソフトウェアです
仕様
<計測項目>
部位毎にBMD値、骨塩量を測定 平均CT:CT値平均
骨密度[mg/cm3]:ラベルのmg/cm3 体積[cm3]:ラベルの総体積[cm3]
骨塩量[mg]:ラベルの骨塩量[mg] 骨密度Min:ラベルの骨密度最小
骨密度Max:ラベルの骨密度最大 標準偏差:骨密度の標準偏差

利用対象者・利用料金学内
利用の可否※
利用者による測定:400円/時間
基本料金
講習会受講料-

液体シンチレーションカウンター

カテゴリー型名メーカー
放射線測定・RI(放射性同位体)関連設備1900 TRPerkinElmer
概要・性能
トリチウム、炭素14等低エネルギーのβ放出核種をはじめ、中・高エネルギーのβ放出核種の測定が可能
仕様
CPM測定
DPM、デュアルラベル測定は外部標準法により測定

利用対象者・利用料金学内
利用の可否※
利用者による測定:※ 管理区域利用料を支払った者は無料で利用可
基本料金

プレートカウンター

カテゴリー型名メーカー
放射線測定・RI(放射性同位体)関連設備MicroBeta 2450PerkinElmer
概要・性能
96ウェルのマイクロプレートに対応したシンチレーションカウンターです。
マイクロプレートの簡便性と、液体シンチレーションカウンターの信頼性を兼ね備えており、放射性廃棄物の低減、試薬・消耗品コストの削減、サンプル調製・測定時間の削減に有効です。
仕様
「同時計数法」と「TR-LSC法」のどちらにも対応可能
シングル/デュアルラベル CPM 測定可能、シングルラベル DPM 測定可能
検出器数(組数)6

利用対象者・利用料金学内
利用の可否※
利用者による測定:※ 管理区域利用料を支払った者は無料で利用可
基本料金

半導体(Ge)検出器

カテゴリー型名メーカー
放射線測定・RI(放射性同位体)関連設備GC2518CANBERRA
概要・性能
ガンマ線(X線)スペクトル測定に用いた場合、優れた分解能で測定出来ます
仕様
解析はスペクトルエクスプローラーVer 1.67使用

利用対象者・利用料金学内
利用の可否※
利用者による測定:※ 管理区域利用料を支払った者は無料で利用可
基本料金

ウエル型シンチレーションカウンター

カテゴリー型名メーカー
放射線測定・RI(放射性同位体)関連設備AccuFLEXγ7000ALOKA
概要・性能
既存のガンマ線測定の機能に加え多彩な機能を集約、また高エネルギー対応検出器と十分な鉛遮蔽を有し、低バックグラウンドでのガンマ線測定が可能
仕様
4000chマルチチャンネルアナライザー内蔵

利用対象者・利用料金学内
利用の可否※
利用者による測定:※ 管理区域利用料を支払った者は無料で利用可
基本料金