グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




沿革

リサーチコアセンター

2010(平成22)年4月 アイソトープ総合センター、機器分析センター、疾患遺伝子実験センターを統合して
          医歯学研究支援センターを設置
2017(平成29)年5月 医歯学研究支援センターを改組し、難治疾患研究所における大学院教育研究支援実験
          施設及び生体材料工学研究所における医療機能分子開発室の機能を統合し、リサーチ
          コアセンターとして新設

          同センターに管理運営部門と研究支援ユニット(イメージングユニット、組織解析
          ユニット、遺伝子解析ユニット、スクリーニングユニット、プロテオームユニット、
          細胞分離ユニット、プロテオームユニット及びアイソトープユニット)を設置した。

(旧)医歯学研究支援センター・アイソトープ部門

1960(昭和35)年5月 学内共同利用の研究用放射性同位元素(RI)使用施設であるRI実験室として発足
1974(昭和49)年4月 RI実験棟の新設
1982(昭和57)年8月 歯学部に分室設置
1988(昭和63)年6月 アイソトープセンターへ組織換え
1990(平成2)年1月  RI実験棟の増設
1998(平成10)年4月 アイソトープ総合センター(省令施設)となり、施設を8号館北と南(現)に統合。
2008(平成20)年4月 先端研究支援センターアイソトープ総合センターへ組織換え
2010(平成22)年4月 医歯学研究支援センターアイソトープ部門へ組織換え
2011(平成23)年4月 8号館南へ施設内実験室を集約
2017(平成29)年5月 リサーチコアセンター新設に伴いアイソトープユニットへ再編成

(旧)医歯学研究支援センター・機器分析部門

1958(昭和33)年4月 中央電子顕微鏡室を開設
1989(平成元)年5月 機器分析室を設置
1996(平成8)年5月 中央電子顕微鏡室と機器分析室を併合して機器分析センターを設置
2003(平成15)年4月 先端研究支援センター機器分析センターに改組
2010(平成22)年4月 医歯学研究支援センター・機器分析部門に改組
2017(平成29)年5月 リサーチコアセンター新設に伴い組織解析ユニット及び
          プロテオームユニットへ再編成

(旧)医歯学研究支援センター・疾患遺伝子部門

1993(平成 5)年4月 疾患遺伝子実験センター設置
1998(平成10)年4月 3号館より、現在の共同研究棟へ移転
2010(平成22)年4月 医歯学研究支援センター・疾患遺伝子部門へ改組
          同時に、共同研究棟は8号館南と名称変更
2017(平成29)年5月 リサーチコアセンター新設に伴いイメージングユニット及び
          組織解析ユニットへ再編成