ごあいさつ

運動器外科学教授 宗田 大
運動器外科学教授 宗田 大

宗田教授からのご挨拶

東京医科歯科大学大学院運動器外科学のホームページをようこそ訪れて下さいました。
大学院運動器外科学は東京医科歯科大学医学部整形外科を母体にした大学院の教室です。2つの大学院教室を持ち共同で活動しているのは、日本の数多い医学部の中で医科歯科大学のみです。

私が2000 年4月からその教室の1つである運動器外科学を主宰しています。ここまでよき先輩後輩、周囲の有能な人材のおかげで無事に務めることができています。
私は昭和54年大学卒業後5年目から、整形外科教室の専門班である「膝足班」に入班しました。昭和58年ころ、現在も膝スポーツ傷害の大きなテーマ「前十字靱帯損傷」がようやく脚光を浴び始めたころでした。私のその後の研究活動が、前十字靱帯損傷周辺にあり続けたことは、1つの疾患の奥深さと克服の困難性を示しています。その治療を通じて、運動器疾患についての克服すべき課題を数多く学んできました。疾患の背景としてのいろいろな素質の存在。新しい発見のたびにその影響の強さをまざまざと見せつけられてきました。しかし疾患を素質で片づけていたのでは前に進みません。素質を理解したうえで先取り治療、予防、再発予防を合理的に徹底して行っていくことが今私たちの進むべき道です。そのためには運動器疾患を扱う多くの人々の知識や経験の結集と協力が必要です。

整形外科は外科のため、どうしても外科手術で治療することに目的が偏りがちです。運動器の痛みについて近年ようやく注目度が高まってきました。消炎鎮痛剤一辺倒の保存治療から、痛みのメカニズムを考慮した薬物療法、運動療法の重要性が認識されつつあります。関節痛の研究はまだ始まったばかりです。運動器外科学がこの領域のパイオニア的な活動ができることを期待しています。

運動器外科学は寄付講座と共同で臨床・研究を実践することにより発展してきました。現在関矢教授(軟骨再生学2006 -)、望月准教授(関節再建学2011 -)らとともにますますその活動を発展させています。

関矢一郎教授は骨髄幹細胞を用いた治療・基礎的研究の権威であるアメリカのProckop教授の下で数々の成果を上げ、帰国後運動器外科学に在籍し、滑膜の幹細胞を用いた低侵襲手術を考案し、臨床応用を重ねています。彼の指導の下多くの大学院生が巣立ちました。今後関節軟骨欠損や半月板損傷などに対する滑膜幹細胞による低侵襲再生医療が、世界的にその意義を認められる日も遠くないと期待されます。望月准教授は現在肩関節を専門的に研究し、世界の常識を覆す肩関節の解剖を報告しました。新しい寄付講座の長として新境地を開拓していただきたいと祈念します。

このホームページが多くの関係者の方に有意義な情報を共有し、運動器疾患の正しい方向性を示せるよう、さらに情報の発信、連絡を密にしていきたいと思っています。東京医科歯科大学大学院運動器外科学を引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

ページトップへ

  • ホーム  >
  • 宗田教授からのご挨拶