沿革

本講座の起源は、医学部附属病院総合診療部にさかのぼります。総合診療部は平成12年に発足し、初代教授として私が着任した平成13年4月より実働となりました。本学の総合診療部は「"調整"と"支援"を通じて高度先進医療の推進に貢献する」を理念に揚げ、その理念に則り、①卒後臨床研修プログラムの策定、協力病院および施設ネットワークの構築、②医療福祉支援体制の整備、③細胞治療センターの創設のほか、④卒前教育の横断的教育課程の充実に取り組んできました。組織上①を実現するために平成14年卒後臨床研修センターを設立し、平成15年より臨床教育研修センターに改組、現在に至っています。②については平成14年医療福祉支援センターを設立、③の細胞治療センターも初代助教授森尾友宏(現センター長)が中心となって平成14年設立されました。④は私が教育委員会、カリキュラム改善検討委員会の指定職委員として関与(同16年より教育委員会委員長)しています。具体的には新カリキュラムの基本設計のほか、初期臨床体験の導入、PBLの導入、医療面接実習の実施、OSCE(客観的臨床能力試験)の準備、BSLの診療所実習の確立と実施体制の整備を行い、加えて、ハーバード大学(平成14年)やインペリアルカレッジ(平成15年)との提携の実務も担当しています。

以上の経緯を経て、医療福祉支援、細胞治療等診療に関する支援は軌道に乗った段階で分離し、平成16年度よりは病棟業務改善(田中、山脇)および安全管理(准教授大川淳(現整形外科学)、大岡)が主な診療支援業務となっています。教育および研修に関わる活動が主たるものとなり研究活動も教育関連が主となった背景を踏まえ、平成17年度より協力講座として、総合診療医学講座を発足し、その後、臨床実習の診療参加型への転換、後期研修制度の基本設計、運営にも関与が求められ、全国的にはオンライン卒後臨床研修評価システム(EPOC)の運営に田中、大川(発足時は講師増田美香子)が関与した事情もあり、平成18年度より臨床教育の研究開発を行う基幹講座として改編されることとなりました。また、「2011年新カリキュラム改訂」で導入される医歯学融合教育を実現する為、設置された医歯学融合教育支援センターとも密接な連携をとっています。

教授 田中 雄二郎


臨床医学教育開発学分野
医学部附属病院 総合診療部

〒113-8519
東京都文京区湯島1-5-45
M&Dタワー 16階

TEL 03-5803-5948
FAX 03-5803-0281