教育

卒前教育

大学付属病院の重要な使命である臨床研修を病院長のもと管理・運営する部門として、「患者中心の視点を有する専門医」「高度先進医療を担える家庭医」の養成を目的に、医学生の診療参加型臨床実習、研修医教育、指導医教育、および生涯教育に関する診療科を横断した教育体制の確立を目指している。

【 MIC (Medical Introductory Course) 】
「患者中心の視点を有する専門医」には基盤教育が重要であり、この視点に立ち入学初期からの継続的な卒前臨床教育を教育委員会に企画・提案するばかりでなくMIC(Medical Introductory Course) 運営実施にも関与している。

【 模擬患者養成 】
学生・研修医教育に資するため、東京大学国際医学教育センターと協同して模擬患者養成(模擬患者つつじの会)に関与している。

【 臨床実習の充実 】
臨床実習においても、低学年の早期臨床体験・高学年の医療面接および系統的診療法の実習・診療所研修を実施している。臨床実習自体の質を向上させるため、指導教官の評価体制の整備をし、かつ運営をしている。

卒後教育 ▶臨床教育研修センターへ


 卒後臨床研修においても、総合教育研修センターを母体として、平成16年度よりの卒後臨床研修必修化に対応した研修・指導体制の構築を図り、平成17年以来、平成24年を除いて毎年フルマッチとなっており、平成29年度も119名とフルマッチを達成した。

【 オンライン卒後臨床研修評価システム(EPOC) 】
臨床研修の全国共用評価方法であるオンライン卒後臨床研修評価システム(EPOC)の開発に中心的役割を果たしている。

【 後期研修(専門研修)プログラム 】
平成19年度より当院各診療科の後期研修(専門研修)プログラムを管理し、卒前、初期臨床研修、専門医研修への一貫したシームレスな医師養成を行っている。平成29年度は176名の登録者があった。

大学院教育

【 医療管理政策学(MMA)コース 】
平成16年度に開始された東京医科歯科大学大学院修士課程医療管理政策学(MMA)コースにおいても開講当初より科目を担当し、「系名:8.人的資源管理と人材開発」の中の「2.人材の開発と活用」および「3.医療におけるリーダーシップ(実践論)」の2 科目を担当している。




臨床医学教育開発学分野
医学部附属病院 総合診療部

〒113-8519
東京都文京区湯島1-5-45
M&Dタワー 16階

TEL 03-5803-5948
FAX 03-5803-0281