Maxillofacial Surgery, Tokyo Medical and Dental University

口腔外科の頂点を目指しています

革新的な技術で世の中を動かす口腔外科を目指します。

新着情報・News!

◎大学院・大学院研究生(旧専攻生)をご検討の方に!!!

平成31年度 入局希望の方へ             

入局説明会は、平成30年6月28日(木)に終了いたしましたが、

外来・手術室などの見学や 入局の説明や相談は随時受け付けています。

 友松 伸允医局長までご連絡ください。

 連絡先:tomomatsu.mfs@tmd.ac.jp

            

◎外来の診療体制について

            

7月より当科は、顎変形症、唇顎口蓋裂などの先天性疾患、外科手術の適応となる顎関節疾患・骨関連疾患などをメインにした口腔外科外来として、その専門性を生かして患者様に最高水準の医療を提供していきたいと思います。 

悪性疾患の患者様に関しては、当科初診日での来院であっても口腔外科外来の顎口腔外科学分野での診療となりますので、ご協力のほどお願いいたします。

            

平成31年度大学院入試についてはこちら

詳細を確認する

            

◎臨床研究実施のお知らせを更新しました。

詳細を確認する


口にもがんはできます

舌や歯肉にもがんはできます。あごの骨の癌も術後の噛み合わせを考慮しつつ治療をします。

腫瘍専門外来

詳細を確認する

あごの大きさとかみ合わせ

アゴの骨と噛み合わせの調和は大事です。最近、睡眠との影響も注目されています。

顎変形症専門外来

詳細を確認する

赤ちゃんのお口の治療

口唇口蓋裂の治療をしています。成長に合わせて、小児科・耳鼻科などと連携をとり集学的治療をします。

CLP専門外来

詳細を確認する

顎の関節が痛いですか?

お口をあけたり閉じたりするときにスムーズではないときは、顎関節症かもしれません。

顎関節専門外来

詳細を確認する

顎顔面外科学分野とは?

顎顔面外科学分野では、口(口腔)の疾患を扱う口腔外科に加えて、あご(顎)顔面に及ぶ疾患の一部を対象として、治療・研究・教育を行っています。具体的には、口腔外科の基本である抜歯から専門的な手術を必要とする口腔癌、顎変形症、口唇口蓋裂などの先天性疾患、顎関節症、口腔粘膜疾患などを日夜探究しています。

また、当科だけで初診(再初診含む)外来患者数は年6400人以上、手術室で行う手術件数は年450件以上で、顎顔面外科としては非常に恵まれた環境です。

恵まれた環境でより良い顎顔面外科の治療を提供できるように、臨床・研究・教育に努めています。

顎顔面外科にて口腔外科の研究・臨床技術の研鑽をされたい方はこちらの詳細を。

詳細を確認する