東京医科歯科大学高齢社会看護システム管理学分野

訪問看護の看護実践環境尺度(NPES-HHC)

「訪問看護の看護実践環境尺度」、英名:The Nursing Practice Environment Scale for Home Health Care (NPES-HHC)は、当分野において、訪問看護ステーションで働く看護職者が働き続けたいと感じる事業所特性およびマグネット病院特性のうち訪問系組織にも当てはまる特性を反映して開発された尺度です。訪問看護ステーションで働く看護職者への質問紙調査やインタビューによって得られた項目群を用いて開発されており、訪問看護ステーションの実際の実践環境にもとづく尺度です。

NPES-HHC(日本語) NPES-HHC(英語)


NPES-HHCを使用ご希望の方へ

①「NPES-HHC」を研究・実践・教育等に使用される場合は、以下の手続きを経てご活用いただけます。但し、商業目的・営利目的の利用はご遠慮ください。
 ⇨「Menu」の「受験希望の方へ」をクリックし、「受験を希望される方は、こちら…」をクリックして、「1.氏名、2.所属・連絡先、3.使用目的」を記載し、NPES-HHCの使用許諾についてご連絡ください。
② PES-NWI日本語版の使用許諾に関してご連絡致します。
③なお、研究等において使用し、学会発表や論文投稿等により成果を公表される際には、下記のNPES-HHC開発論文を引用文献としてください。

NPES-HHC開発論文

Menu

東京医科歯科大学大学院
保健衛生学研究科
高齢社会看護システム管理学

〒113-8519
東京都文京区湯島1-5-45