東京医科歯科大学高齢社会看護システム管理学分野

教育

学部教育

学部教育では、高齢者の心身・社会経済的な変化に関する理解を基盤として、老年期に発症しやすい健康障害・機能障害とそれらに対する基本的な支援技術を習得することを目指しています。主な方針として、①老年期にある対象を理解するための基本的概念・理論を学ぶ、②老年看護学の背景となる日本社会における保健・医療・福祉の動向を知り,医療チームの一員として多角的な視野をもって看護を提供するための基本的な態度を養うことをあげています。

【担当科目】
https://www.tmd.ac.jp/files/topics/37716_ext_04_22.pdf
・老年看護学
・老年看護学演習
・リハビリテーション看護学
・老年看護学実習
・総合実習Ⅱ
・卒業論文Ⅱ
・公衆衛生学実習*
・公衆衛生学講義*
 *(検査技術学)

大学院教育

 大学院教育では、看護管理学・マネジメント・老年看護学に関する理論や専門的知識を学び、授業及び学習を通じてメタ認知・批判的思考(クリティカルシンキング)等を繰り返すことで、事象の本質的意味をとらえる力を養います。これらをもとに、高齢社会における諸課題の解決や対応に向けた効果的な実践、新たなシステムの開発等を推進していける能力の育成を目指しています。
 大学院修了後には、マネジメントの視点・研究的視座を備えた看護実践者・組織のリーダー/マネジャー・研究者などとして国内外で活躍できる、心豊かな人財が育成されていくことを期待しています。

【担当科目】
●保健衛生学研究科
https://www.tmd.ac.jp/files/user/AHS_syllabus_2021.pdf
・看護管理学特論
・高齢社会看護システム管理学特論I
・高齢社会看護システム管理学演習I
・高齢社会看護システム管理学特論
・看護学研究法特論
・家族看護学特論

Menu

東京医科歯科大学大学院
保健衛生学研究科
高齢社会看護システム管理学

〒113-8519
東京都文京区湯島1-5-45