当院について

病院の理念

病院の理念

優れた医療人の育成に努め、患者さん一人ひとりにあった最高水準の歯科医療を提供します。

病院のこころざし

安全で質の高い歯科医療を実践します。
人間性豊かな歯科医療人を育成します。
新しい歯科医療の開発を推進します。
口腔の健康増進を通して社会に貢献します。

病院の臨床倫理指針

患者さんの人権と自己決定権を尊重し、十分な説明及び同意に基づく歯科医療を提供します。
患者さんの利益を最優先とし、公正かつ公平な歯科医療を提供します。
患者さんのプライバシーを尊重し、守秘義務の遵守及び個人情報の保護を徹底します。
関係法令等を遵守するとともに、院内の各種委員会での審議結果に従った歯科医療を提供します。

病院長のご挨拶

東京医科歯科大学歯学部附属病院の歴史は1897年に設置された東京医術開業試験附属病院に始まります。その後1929年に東京高等歯科医学校の附属病院として発足いたしました。

その後、新制大学としての東京医科歯科大学の設置と共に歯学部附属病院となりました。現在は国立大学法人の附属病院として、また歯学部とともに日本の歯科医学のトップランナーとして国内外に発信しております。

本院では口腔外科外来、義歯外来、むし歯外来、歯周病外来、矯正歯科外来、小児歯科外来といった通常の外来のほかに顎関節治療部、歯科心身外来、息さわやか外来、スポーツ歯科外来、快眠歯科外来、摂食嚥下リハビリテーション外来といった特殊な外来を設けており、あらゆる患者さんに対応できるようになっております。

また本院は、歯学部学生の臨床実習や研修医や大学院生の臨床研修の場でもあり、優秀な歯科医師を育成しております。さらに多くの臨床研究や新規材料や治療法の開発を行い、世界にその成果を発信しています。これからもせいいっぱい頑張り、口の健康を通して社会に貢献してゆく所存ですので、一層のご支援のほどお願い申し上げます。

東京医科歯科大学歯学部附属病院
病院長 水口 俊介

本院の特徴

本院の特殊性

本院は大学附属病院であることから、理念として「優れた医療人の育成に努め、患者さん一人ひとりにあった最高水準の歯科医療を提供します。」と掲げています。すなわち、良質で安全な歯科医療を提供するだけでなく、教育病院として将来の歯科医療を担う優れた医療人を育成することや、先端的歯科医療を推進するための臨床研究や各種治験も本院の重要な使命です。
来院される患者さんの数は、歯科病院では全国一であり、一日約 1,800 人の外来患者さんと年間延べ19,000人の入院患者さんに利用して頂いております。
近年、患者さんのニーズはますます多様化しており、どのような患者さんに対しても的確に応えられるよう、それぞれの患者さんに必要な治療を専門に行う外来(専門外来)を設置しております。
診療システムが一般の歯科医院等とは多少異なるところがありますので、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

教育・研究への協力のお願い

東京医科歯科大学歯学部附属病院は患者さんの診療を行うと同時に、次世代のための教育・研究機関として歯学に関する研究や、本学の学生、研修医の臨床教育の現場としての役割も併せ持っています。
患者様には臨床研究や本学の学生、研修医の臨床教育にご協力をお願いすること場合がございますがご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます。

東京医科歯科大学医学部附属病院

東京医科歯科大学歯学部附属病院  〒113-8549 東京都文京区湯島1-5-45
TEL.03-3813-6111(代)

Copyright © 2017 Tokyo Medical And Dental University. all rights reserved.
このホームページはInternet Explorer11以上で最適化されています。