MENU

MESSAGESご挨拶

日本の医療・社会を良くしたいという
みなさんの思いをサポート

近年、少子高齢化を背景とする国民医療費・社会保障費の高騰、良質で安全な医療サービス提供に対する圧力、国際化・グローバル化する医療経営環境、患者の主体性の重視等、医療を取り巻く社会環境が急速に変化しています。今般の医療機関運営においては、医学だけでなく医療サービス管理と政策の高度な知識と技術が必要であり、今後もますます重要になると考えられます。

医療管理政策学(MMA)コースは、医療サービスに関わる社会的ニーズに応え、また、医療管理及び医療政策の分野において指導的立場で活躍する人材の養成を図るために、2004年に設立されました。本コースは四大学連合(東京医科歯科大学、東京外国語大学、東京工業大学、一橋大学)の協力による多様な講義体系となっており、医療政策、医療の質確保やリスク管理、医療関連法規と倫理、医療の国際文化論、施設整備・衛生管理、経営戦略・組織管理等の幅広い医療管理政策領域を学ぶことができる日本で唯一のコースです。

例年、熱心な学生さんが多く、講義では活発な議論・意見交換がなされるなど、日本の医療・社会を良くしたいという思いを感じています。そんなみなさんの思いを実現するサポートができればと思います。

伏見 清秀

伏見 清秀

  • 東京医科歯科大学
  • 大学院医歯学総合研究科
  • 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座
  • 医療政策情報学分野 教授

PAGE TOP