教育

研修スケジュール

初期研修終了後、新・内科専門医の取得のために3年間の内科研修が必要となっています。内科専門研修を終えてからの入局も可能ですが、卒後3年目に当科に入局をして、内科研修と脳神経内科研修を並行して行うプログラムを確立しています(上図)。内科のローテーションを1、2年行ってから脳神経内科の専門研修を行う方法(上図の1列目、2列目)に加えて、3年間の脳神経内科の専門研修を行いつつ、平行して内科研修とその症例を集めていく研修方法(上図の3列目)もあります。入局者の希望によっては、医師5年目(上図の4列目)や、医師3年、医師4年目から大学院に入って、研究を開始していくキャリアも可能になっています。
 脳神経内科の研修では、医学部附属病院ないし連携病院の脳神経内科に所属し、臨床神経学を中心に電気生理学、神経病理学、神経放射線を含めた専門的な研修を行っていきます。
 新内科専門医を医師6年目以降で取得し、その後、最短で医師7年目で日本神経学会認定の神経内科専門医資格を取得することができます。 医師6年目以降で、医学部附属病院で勤務する場合は、チーフ・レジデントとして脳神経内科病棟の全入院患者を把握して、全レジデントを統括・指導する業務を行うこともあります。
連携病院で勤務する場合は、脳神経内科の中核メンバーとして診療に当たり、さらに臨床能力を飛躍させていくことが可能です。
 入局に関するご質問は、医局長まで遠慮なくご連絡ください。

連絡先

研修担当者

医局長 服部 高明 (はっとり たかあき)
TEL:03-5803-5234 (医局)
E-mail:hattorit.nuro(アットマーク)tmd.ac.jp

初期研修プログラム

診療科の特徴

脳神経内科の基準病床数は32床と内科系で最大規模となっています。脳神経内科が担当する疾患には、頭痛、てんかん、脳血管障害といったCommon diseaseも多くある一方で、神経変性疾患、自己免疫性疾患、傍腫瘍症候群、遺伝性疾患といった神経内科の専門性が問われる疾患もあります。また、神経感染症や急性期脳梗塞といった神経救急に該当する疾患もあります。他方で、糖尿病などの内科疾患に伴う神経障害、代謝性疾患による意識障害、ビタミン欠乏症、中毒、脊椎疾患といった、他の内科や整形外科など他科との境界領域に該当する疾患もあります。このように非常に広範な対象疾患を拝見している診療科になります。

プログラムの特徴

当科をローテーションされる初期研修医(ジュニア・レジデント)は、卒後3年目以降のシニア・レジデントの脳神経内科医、スタッフの脳神経内科指導医の先生とチームを組んで、常に5~7人程度の入院患者を受け持って、診療に当たります。
 初期研修医の先生は、患者さんやコ・メディカル・スタッフ、同僚とのコミュニケーションを通して、医師としての基本能力を高めるとともに、神経疾患の基本的な診察、診断、治療・ケアなどについて研修します。
 医師3年目以降のシニア・レジデントは、神経生理学、神経病理学、神経放射線学に関して、病棟ベッドフリーとして、各2-3ヶ月づつローテーションします。


神経生理学
 神経生理学は、当科で最も力を入れている専門研修で、脳波、誘発脳波、神経伝導検査、筋電図検査 3-5件/日のペースで集中的にトレーニングを行い、毎日夕方のテクニカルカンファレンス、毎週の電気生理カンファレンスで指導教官から徹底的な指導を受けられます。その検査結果のすべてを総回診で発表します。検査技術の修練だけでなく、その検査が患者さん1人1人にどのような意義があるかを理解し、次の検査プランを立てられるように指導します。臨床神経生理を専門的に実施できる医師になれるように設計された質、量ともに強力な研修システムです。
神経病理学
 神経病理学の研修として、神経筋の生検の手技を経験して、採取したサンプルの包埋、染色を学びます。2か月の研修期間の間の大学病院の症例はもちろん、連携病院から送られてくるすべての神経筋の生検検査について、所見を読んで報告書を作成、指導教官から指導を受け、総回診で発表します。希望がある場合には、剖検例1例を受け持って、ブレインカッティング、CPCを行うことも推奨しています。
神経放射線
 脳や脊髄のMRI、脳血流や脳ドーパミントランスポーターシンチなどの核医学検査を自分で読んで、判断ができるようにトレーニングをします。学内にも読影の専門家はいますが、2ヶ月間の専門研修の期間は、順天堂大学放射線科に出向いて、神経放射線の専門家の青木茂樹先生のもとで読影のトレーニングをします。1日30-40枚の読影をして、それに対するフィードバックを受けることで、自信をもって読影ができるようになります。
 希望があれば、東京医科歯科大学病院内の血管内治療科のローテーションの研修をすることも可能になっています。

当科の週間予定表は、上図のようになっていますが、クリニカル・カンファレンス、朝カンファ、神経生理、神経病理、神経免疫などの教育的なカンファレンス(ピンク色)が毎週定期的に行われており、手厚い指導を受けることが可能になっています。個別の症例から得られた貴重な知見に関しては、積極的に学会発表、論文発表をしてもらえるように指導しています。

研修内容及び到達目標

医療面接を含めた神経学的診察がきちんとできることを、第一目標としています。そこから問題点を抽出、整理し、どこがどのように悪いのか考える力を身につけます。電気生理検査、画像検査、病理検査など諸検査の意味をよく理解し、検査結果を総合した診断へのプロセスを学んでゆきます。各症候、疾患の特徴を理解し、基本的な治療法について習得して頂きます。臨床では、脳卒中、神経感染症、意識障害といった救急疾患も多く、救急に関する知識、技術の習得も必要です。脳神経内科で拝見する疾患として、脳卒中や頭痛などのcommon diseaseのみならず、内科疾患に伴う神経障害、神経救急、神経感染症、神経変性疾患、免疫性神経疾患といった脳神経内科特有の疾患などがあり、多岐にわたる疾患、症状を漏らしなく全般的に診れる臨床医となることを到達目標とします。

 当科の特徴をまとめると下記のようになります。

大学院について

教育目標

21世紀の神経学と神経科学を担う研究者、脳神経内科医、教育者を養成します。

教育方針

臨床神経学の教室として、神経疾患の病態の解明・診断法や治療法の開発に関する研究テーマを中心に据えています。基礎科学的、臨床神経学的な視点から、分子から高次の脳神経ネットワークに至るまで幅広い対象に向けた研究を展開しています。研究手法としては、分子遺伝学、分子・細胞生物学を駆使した細胞レベルの実験、動物実験から、機能的MRI、拡散テンソル画像、核医学検査などの最新の画像診断を駆使した患者さんを対象とする臨床研究まで、広範に渡ります。さらに、病態生理を踏まえて、分子標的を行う核酸医薬を中心とした次世代創薬が展開できる人材を生み出すことを目指しています。 

研究テーマ

本人の希望を踏まえて、主任教授と話し合って決定します。

当教室での主な研究内容に関しては研究のページを参照してください。

募集概要

連絡先

入学/見学の希望者、詳細な説明の希望者は、以下の連絡先までお問い合わせ下さい。

担当者

医局長 服部 高明
TEL:03-5803-5234 (医局)
FAX:03-5803-0169
E-mail:hattorit.nuro(アットマーク)tmd.ac.jp

同門会について