緩和ケアとは

がんによる心と身体の苦痛を和らげ、患者さんやそのご家族が、自分らしい生活を送れるようにすることです。
がんの治療と並行で行われるものであり、末期だけに行われるものではありません。がんと診断された、その時から、必要とする時に、いつでも受けることができます。患者さん本人だけでなく、ご家族も受けることができます。
当院では、それを専門にするチーム外来病棟が院内にあります。

  • ・緩和ケアチームは、入院(緩和ケア病棟以外)している患者さんとご家族を対象
  • ・緩和ケア外来は、外来通院中患者さんとご家族を対象
  • ・緩和ケア病棟は、緩和ケアを目的に入院を希望する患者さんとご家族を対象

として対応しています。

イラスト

緩和ケア担うメンバーは

各々の専門職が連携して、
あなたのつらさを和らげるサポートを行います。

医師
身体・精神面の様々な
症状をやわらげます
看護師
緩和ケアに関する
専門的な知識や技能を持つ認定看護師などが支援します
薬剤師
痛みなどの症状をやわらげるために薬についてご相談にのります
ソーシャルワーカー
医療費など経済的な問題について相談を受けたり、
社会的サービスや在宅医療を受けるための支援を行います
臨床心理士
がんに伴う心の問題
(不安・うつなど)について
専門的に支援します
管理栄養士
栄養や食事の不安・問題について専門的に支援します
リハビリ専門職(理学療法士・作業療法士など)
身体の機能を活用し、安全安楽に過ごせるようリハビリを行います
歯科医師・歯科衛生士
口の渇きや炎症など
口腔内トラブルによる不快感に対応します
緩和ケアを担うメンバー

必要に応じて、適宜関係のあるスタッフと連携します

イラスト

緩和ケア担うメンバーは

  1. 痛み、吐き気、だるさなど、身体の様々なつらさを和らげます。
  2. 不安や気分の落ち込みなど、気持ちのつらさにも対応します。
  3. 今後の治療や過ごし方など、共に考えます。
  4. 治療と並行して、診断時から始めることが できます。
  5. ご家族も受けることができます。
  6. 入院でも、外来でも、在宅でも受けることができます。
  7. 主治医の変更はないので、治療やケアを安心して受けられます。
イラスト

こんな方もご相談いただいています

  • ・がんの告知や症状の説明を受けて、気持ちの整理ができない
  • ・抗がん治療が終了したが、今後が不安
  • ・今後どこでどのように過ごしたらよいか悩んでいる
  • ・家族の気持ちの面が心配
  • ・家族として、患者をどう支えたらよいかわからない

他にも、困ったな、つらいな、と感じることがあったら、どうぞお気軽にご相談ください

イラスト