当研究室での研究テーマ

・情報技術の活用による医療実態の実証的分析から,医療の向上のための政策提言を行うことが研究目的の一つです.
・また,どのような情報技術を医療の向上のため活用するべきか,その社会的,技術的要因を,医療経済学,医療管理学等の広範な視点から調査,研究することも当教室の研究テーマです.
・研究の対象は,医療提供体制,医療保険等の社会医療システムから,クリニカルパス,病院経営分析,危機管理等の病院管理,医療管理分野までを含む医療全般です.

具体的には:
1.診断群分類(DPC)と包括評価に関する制度設計、医療ビッグデータを用いた医療評価や医療経済学的分析の方法論開発と学術的分析
2.厚生医療統計分析による医療機関の機能分化等の我が国の医療のあり方に関する研究
3.医療の標準化と医療情報共有のための情報技術に関する研究
などのテーマで研究を進めています.

当教室の特徴

・情報技術を用いて今の医療システムに関する疑問点を分析し,解決策を見いだすことに主眼をおいています.実施臨床あるいは医療関連の職業に従事して,問題意識を持った方の研究の場を提供したいと考えています.もちろん,医歯学部卒直後の人でも,医療全般に問題意識を持ち,情報技術にその解決策を期待している人は歓迎いたします.情報工学の研究室ではありません.
・学内各教室および厚生労働省,国立病院機構、他研究施設等との共同研究を実施していきます.

スタッフ

教授 (特別研究教授) 伏見 清秀
(日本内科学会認定内科専門医,通産省認定第一種情報処理技術者,通産省認定データベーススペシャリスト)

他大学院生20名、研究秘書1名

大学院教育の目標

・豊富な最新データを用いた実証的な研究を進めながら、医療データ分析、医療評価、政策評価などの方法論を体得し、原著論文を完成すること

社会人大学院の研究プログラムの例

・実地臨床の経験を積みながら,臨床に密接に関連したテーマについて情報技術を用いて医療システムの実証的分析を行う.
・行政・医療機関管理者等の立場から,統計資料,経営分析データを活用して医療システムの分析を行う.

必要とされる知識・技術・条件等

・基本的なデータ分析技術(エクセル等の表解析程度ができれば充分)
・医療に関する興味と一般的な常識
・年間300~500時間程度の研究時間

教育カリキュラム

・セミナー、演習等随時
・国内学会等(年数回)、海外学会等

研究リソース

・DPC制度に関する最新マイクロデータ等
・各種官庁統計データ(医療施設調査、患者調査、人口動態調査、受療行動調査、社会医療行為別調査等)
・研究費(厚生労働科学研究費補助金、科学研究費補助金等)

大学院生について

・若干名受け入れ可能
・博士課程入学希望者は研究計画書(1000-2000字程度)を提出すること

問い合わせ先

・e-mail kfushimi.hci@tmd.ac.jp
・ホームページ http://www.tmd.ac.jp/grad/hci/index.html