専門研修(後期)

救急科東京医科歯科大学救急科専門研修プログラム

専門研修プログラム統括責任者からのメッセージ

救急災害医学分野 教授 大友 康裕

 東京医科歯科大学救急科専門研修プログラムは、幅広く偏りのないプログラムであり、連携施設群は都市型の病院から地域の病院まで幅広い病院と連携しております。 さらにわれわれのプログラムは、ダブルボード取得を積極的に支援しております。救急科専門医の取得はもちろんのこと、外科、内科、麻酔科等の専門医の取得を支援します。東京医科歯科大学には出身大学を問わない自由な風土があります。これまでも我々の救急プログラムの入局者は全国から集まっております。皆様のプログラムへの応募をお待ちしております。

研修プログラムの理念

A) 救急科専門医制度の理念

救急医療では医学的緊急性への対応が重要であります。しかし、救急患者が生じた段階では緊急性や罹患臓器は不明なため、専門診療科の対応はしばしば困難であり、いずれの緊急性にも対応できる救急科専門医が必要になります。救急科専門医は救急搬送患者を中心に診療を行い、疾病、外傷、中毒など原因や罹患臓器の種類に関わらず、すべての緊急病態に対応することができます。国民にとってこの様な能力をそなえた医師の存在が重要になります。
本研修プログラムの目的は、「国民に良質で安心な標準的医療を提供できる」救急科専門医を育成することです。 救急科専門医育成プログラムを修了した救急科領域の専攻医は急病や外傷の種類や重症度に応じた総合的判断に基づき、必要に応じて他科専門医と連携し、迅速かつ安全に急性期患者の診断と治療を進めることが可能になります。また、急病や外傷で複数臓器の機能が急速に重篤化する場合は初期治療から継続して、根本治療や集中治療にも中心的役割を担うことも可能です。 さらに加えて地域の救急医療体制、特に消防機関・救急搬送(プレホスピタル)と医療機関との連携の維持・発展、また災害時の対応にも関与し、地域全体の安全を維持する仕事を担うことも可能となります。
以上のごとく、本大学の救急科専門医プログラムを修了することによって、標準的な医療を提供でき、国民の健康に資するプロフェッショナルとしての誇りを持った救急科専門医となることができます。

B) 救急科専門医の使命

救急科専門医の社会的責務は、医の倫理に基づき、急病、外傷、中毒など疾病の種類に関わらず、救急搬送患者を中心に、速やかに受け入れて初期診療に当たり、必要に応じて適切な診療科の専門医と連携し、迅速かつ安全に診断・治療を進めることであります。 さらに、病院前の救急搬送および病院連携の維持・発展に関与することにより、地域全体の救急医療の安全確保の中核を担うことであります。

連携施設一覧

  • 東京医科歯科大学医学部附属病院
  • 秋田赤十字病院
  • 南相馬市立病院
  • JAとりで総合医療センター
  • 東京女子医科大学東医療センター
  • 南多摩病院
  • 青梅市立総合病院
  • 白鬚橋病院
  • 都立小児総合医療センター
  • 松戸市立病院
  • 亀田総合病院
  • 千葉ろうさい病院
  • 静岡県立総合病院

東京医科歯科大学救急科専攻医研修プログラム

  1. クリックするとプログラムを閲覧できます。
  2. この専門研修プログラムは、一次審査を通過した時の内容であり、この後の二次審査を踏まえ、修正・変更があることをご承知おきください。

運営診療科の紹介

救命救急センター (救急災害医学分野 )
http://www.tmd.ac.jp/accm/index.html

プログラム説明会/入局説明会情報

専門研修(後期)説明会のお知らせ(随時行います)

問い合わせ先

プログラムの問い合わせ先 本藤 憲一
問い合わせ先メールアドレス kentury21@gmail.com

前のページへ戻る