お知らせ

胃がん治療のご紹介

胃がんは三大疾患の一つに数えられる「がん」の中でも1、2を争うほど多い疾患です。近年減少傾向にはありますが依然その数は多く、がん死亡率でも肺、大腸に次いで3 番目を占める重要な疾患です。男性に多く、ピロリ菌感染、塩分摂取、タバコがリスクと言われています。東京医科歯科大学胃外科では①正確な診断と治療、②最新の器械を用いた手術、③患者さんに応じた最良の手術、④エビデンスに基づいた治療、⑤きめ細かな術後のフォローで早期胃がんから進行胃がんまで、一人一人の患者さんにベストの治療を提供します。

胃がんの腹腔鏡手術は従来の開腹手術と比較して難易度が高く専門医の知識と技術を要する高度な治療です。当院胃外科は今までに1000 例以上の腹腔鏡下胃切除術を実施しており、専門医を中心としたチーム医療で安全で侵襲の少ない治療を目指しております。

パンフレットはこちらより»