お知らせ

新型コロナウイルス感染症の発生について

職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(7/31 通知分 第2報)

7月31日に本ホームページ内でお知らせした当院職員(消化器内科医師)の新型コロナウイルス感染症発症に関し、接触歴のある患者さん7名及び職員28名のPCR検査結果について、全員が陰性であったことをご報告致します。
今後も引き続き、保健所の指導のもと、より一層の感染防止に向けた対策を行ってまいります。

東京医科歯科大学医学部附属病院

7月30日、当院職員(消化器内科医師)が新型コロナウイルス感染症を発症しました。現在、本院では勤務時にマスク着用を義務付けており、当該職員常時マスクを着用していましたが、治療及び検査を担当した入院患者さん7名と勤務の際に接触歴のある職員26名を接触者としてリストアップし、患者さん6名と職員15名の陰性を確認しております。残る1名及び11名については、本日(7月31日)にPCR検査を実施する予定です。

なお、当該職員が勤務していた病棟につきましては、消毒などの必要な対策を実施し、現在、新規入院受入を停止しております。本院では新型コロナウイルスに感染した患者さんの治療を特化して行うコロナ専用病棟を設置しておりますが、当該職員はここへの出入りはしておりません。また、既に退院された患者さんや検査を実施した患者さんには担当医師から連絡を取り、ご希望のあった方に当院でPCR検査を実施していく所存です。

患者さんやご家族の皆様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。今後も保健所の指導のもと、より一層の感染防止に向けた対策を行ってまいります。

東京医科歯科大学医学部附属病院

本件に関する連絡先

◆一般の方
 新型コロナウイルス対策室
 kikikanri@ml.tmd.ac.jp / TEL:03-5803-4532(平日9:00~16:30)

◆報道関係の方
 東京医科歯科大学広報係
 kouhou.adm@tmd.ac.jp / TEL:03-5803-5011(平日9:00~16:30)