お知らせ

新型コロナウイルス対策基金にご協力ください

東京医科歯科大学は2つの基本姿勢の下で、新型コロナウイルス感染に正面から取り組んでいます。

  • 東京医科歯科大学では「医学部附属病院における新型コロナウイルス感染重度・中等症陽性患者の受入体制の構築」を最優先事項に位置付け、全学的な支援を行っております。
  • ポスト新型コロナウイルス感染の社会に備えた医療体制を整えます。

新型コロナウイルス対策 経緯(あゆみ)

本学が新型コロナウイルス感染症対策に取り組んできた経緯についてご紹介します。

1月 政府専用機帰国者収容施設の支援に職員を派遣
2月 ヨーロッパ、アメリカの本学関係者・研究スタッフから情報収集
ダイヤモンド・プリンセス号の患者搬送、船内診療支援に職員を派遣
2月17日 新型コロナウイルス対策会議を立ち上げ、「最悪の事態」に備えたシナリオ作成をスタート
医療崩壊を未然に防ぐ綿密な計画を立案
3月 新型コロナウイルス感染症対策会議を開催。「最悪のシナリオ」に備えたシナリオ を作成し、医療崩壊を未然に防ぐ綿密な計画を立案
3月30日 「事務局新型コロナウイルス対策室」を設置
3月30日 「最悪の事態」に備えたフェーズ1~フェーズ5のシナリオが完成
4月2日 1人目の陽性患者を受け入れる
4月2日 「検体採取テント」稼働
4月4日 ER-HCUに重症陽性患者を受け入れる
4月6日 職員のメンタルヘルス対策を開始
4月9日 「コロナ対策通信」(メルマガ)を創刊。全職員に送信
4月9日 日報の配信開始
4月13日 救命救急センターの受け入れを一時中止
4月13日 「医病新型コロナウイルス対策室」を設置
4月14日 陽性疑い妊婦用の分娩室を設置
4月15日 ICUを「新型コロナウイルス患者受入病棟」として稼働
4月20日 救命救急センターでの陽性救急患者、疑い救急患者の受け入れ開始
4月20日 ICUで重症陽性患者用に8床設置(病院全体で重症16床)
4月24日 緊急性のない手術を全面中止
4月24日 陽性患者へのリハビリテーション介入を中等症患者対象にスタート
4月27日 ER-HCUを一時閉鎖
4月27日 ER-ICUに重症陽性患者用に10床設置(病院全体で重症18床)
4月27日 1日の入院中陽性患者数が36人に達する(最大値)
5月4日 重症患者の総受け入れ患者数が24人となる
5月5日 月報の配信開始
5月13日 COVID-19 肺炎疑い紹介外来スタート
5月18日 安否確認システムを用いた情報発信開始
5月18日 1日6名の手術が可能な体制に戻す
5月25日 1日12名の手術が可能な体制に戻す
5月25日 一般患者の手術を1日6例まで再開
5月25日 週報の配信開始
5月26日 医療スタッフ用の専用ページ開設
6月1日 初診事前予約を通常体制に戻す(一部診療科を除く)
1日14名の手術が可能な体制に戻す
6月中旬 歯学部附属病院の外来診療を再開
6月中 ICUとER-ICUを通常体制に戻す
新型コロナウイルス患者受入病棟を1か所に集約する

新型コロナウイルス対策の取り組み

新型コロナウイルス感染症対策に関する実際の取り組みと、実績についてご紹介します。

基本データ

COVID-19関連入院患者数(5月20日時点)

累計 重症・中等症74人/ 疑い 252人

医学部附属病院は
全753床のうち、90床をCOVID-19専用病床に改装完了
*「最悪のシナリオ」として150~200床まで拡大する計画は立案済み

歯学部附属病院は
緊急性のある一部の疾患以外は入院・外来ともに休止

様々な取り組み

ECMO、人工呼吸器
  1. ECMO(体外式膜型人工肺)10台、人工呼吸器87台を保有
  2. 操作が容易な「簡易型人工呼吸器」の研究開発を推進中
  3. 新型コロナウイルス感染制御用の医療器具の研究開発を各診療科でスタート
PCR検査(4月7日~4月30日合計)
  1. 入院患者全員にPCR検査を実施
  2. 陽性患者に接触する職員は定期的にPCR検査を実施
  3. 検査実施数累計:1286 検体(うち患者 702 検体 職員 584 検体)
バックヤードチーム(医師、歯科医師等による清掃・電話対応・患者搬送作業等)
4月19日~4月30日まで合計 113人が活動に参加
陽性入院患者へのリハビリテーション(4月24日~4月30日合計)
直接介入 49件/リモートリハビリテーション 19件
メンタルヘルスケアチーム(4月12日~4月30日合計)
初回面談実施総数:709件

新型コロナウイルス対策の収支への影響

本学が新型コロナウイルス感染症対策に取り組むことによる支出と大幅減収に伴う収支の悪化(赤字)見込みについて
外来診療の制限や予定出術の中止、
一部病棟閉鎖等による

収支の悪化(赤字)見込
医学部附属病院  9 億円/ 月
歯学部附属病院 3 億円/ 月

(2020年4月現在)

(当初計画に対する減収見込み)
上半期 下半期 2020年度合計
医学部附属病院 25.9億円 50.8億円 76.7億円
歯学部附属病院 10.9億円 14.6億円 25.5億円
両病院計 36.8億円 65.4億円 102.2億円

(2020年4月現在)

COVID-19 対応のための臨時支出 →空調設備や陰圧装置や人工呼吸器その他医療材料や危険手当を含め、今後にわたり数億円以上の支出見込

新型コロナウイルス対策基金にご協力ください

東京医科歯科大学は、新型コロナウイルス感染症に正面から立ち向かっています。そのため、病院の改装、医療機器、防護服、検査試薬など諸費用は莫大なものになっており、より良い診療、教育、研究を維持向上させるためには、皆様のご支援が必要です。お寄せ頂いたご厚意には必ず報いるよう、一層の社会貢献に努めて参りたいと思います。宜しく、ご理解、ご支援のほどお願い申し上げます。

インターネットでのお申込み(クレジット決済)はこちらのページへどうぞ。
https://kifu.fm/tmdu/form.php

クレジット決済に関する注意事項
http://www.tmd.ac.jp/kikin02/credit/

東京医科歯科大学の新型コロナウイルス感染症対策特設サイトへ

学長メッセージ

新型コロナウイルス感染に正面から取り組む
―大学基金へのご協力のお願い―

全世界が新型コロナウイルス感染という危機に直面しています。これは世界の4 人に1 人が感染し、5000 万人が死亡したスペイン風邪以来の大規模パンデミックとも言われており、大きく世の中を変えることになると思います。
大学自体も、卒業式、入学式が相次いで中止となり、教育はe-ラーニング、研究もコロナウイルス感染関連以外は最低限となり危機的状況です。
もともと、本学は「知と癒しの匠みを創造し人々の幸福に貢献する」という理念を掲げています。

この理念に基づき、東京に位置する医系国立大学としてこの危機に正面から取り組むのは使命だと考えて行動を開始しました。


新型コロナウイルス感染克服を最優先に

新型コロナウイルス感染克服への取り組みを最優先課題としました。
大学病院は高度先進医療を優先すべきだという議論もあります。しかし感染爆発の状況に至れば、そのような姿勢は社会的に許容されないだろうと考え、3月初旬から準備を開始しました。
診療面では、医学部附属病院がこの前面に立ち、集中治療室全体を陰圧化するなどの改装や、病院前に検体採取用テントを設置するなどのハード面の改修を行いました。また、新たに20台の人工呼吸器を購入し、ECMO(人工肺)5台、人工呼吸器82台の体制を敷いて多くの重症患者様の治療に当たっています。
ソフト面では、多くの研究者たちの応援のもと院内感染ゼロを維持するため入院患者様およびコロナウイルス対応職員の院内PCR検査体制を実施しています。また、コロナウイルス感染拡大防止の観点から医学部および歯学部附属病院の通常診療も大幅縮小し、患者様にはご迷惑をおかけしつつ、そのスタッフたちがコロナウイルス対応スタッフの応援に回っています。

このような本学の取り組みの結果、全国でも有数の新型コロナウイルス感染者の治療に当たることができ、その社会貢献を評価して頂き、防護服の寄附や弁当の差し入れなどを頂戴することが出来ました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

しかしながら、病院の改装、医療機器、防護服、検査試薬など諸費用は莫大なものになっており、より良い診療、教育、研究を維持向上させるために、皆様のご支援を重ねてお願い申し上げる次第です。お寄せ頂いたご厚意には必ず報いることが出来ますよう使途も明らかとして、一層の社会貢献に努めて参りたいと思います。
宜しく、ご理解、ご支援のほどお願い申し上げます。

東京医科歯科大学 学長 田中雄二郎

新型コロナウイルス対策基金にご協力ください

東京医科歯科大学は、新型コロナウイルス感染症に正面から立ち向かっています。そのため、病院の改装、医療機器、防護服、検査試薬など諸費用は莫大なものになっており、より良い診療、教育、研究を維持向上させるためには、皆様のご支援が必要です。お寄せ頂いたご厚意には必ず報いるよう、一層の社会貢献に努めて参りたいと思います。宜しく、ご理解、ご支援のほどお願い申し上げます。

インターネットでのお申込み(クレジット決済)はこちらのページへどうぞ。
https://kifu.fm/tmdu/form.php

クレジット決済に関する注意事項
http://www.tmd.ac.jp/kikin02/credit/