• 東京医科歯科大学歯学部附属病院
  • 東京医科歯科大学医学部附属病院
  • 東京医科歯科大学

治療内容について

レーザー治療

 エルビウムヤグ(Er:YAG)レーザーの光は水への吸収が非常に高いため、熱傷害が極めて少なく、組織の蒸散効果に優れており、歯肉などの軟組織だけでなく、歯や歯根や骨などの硬組織にも応用が可能です。

 エルビウムヤグ・レーザーの歯科治療への応用に関する基礎研究と臨床応用は、これまで当大学を中心に発展してきました。

 エルビウムヤグ・レーザーは、現在、虫歯の治療だけでなく、歯肉の色素沈着の除去(メラニン沈着、メタルタトゥ)、歯肉の切除や整形、歯周炎の治療(歯石の除去、歯周ポケットの治療、歯周外科治療)、インプラント周囲炎の治療に効果的に用いられています。

エルビウムヤグレーザー装置

歯石除去


メラニン除去

歯周ポケット治療

インプラント周囲炎外科手術

歯周外科手術


歯肉切除

一覧へもどる

Copyright © Tokyo Medical and Dental University. All Rights Reserved.  本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。