• 東京医科歯科大学歯学部附属病院
  • 東京医科歯科大学医学部附属病院
  • 東京医科歯科大学

ごあいさつ

センター長のごあいさつ

水口 俊介教授

歯を抜けたままにしておくと歯が動きかみ合わせがずれていきます。その時には抜けた歯のところだけ治療すればよいわけではありません。口の中全体をみて、歯の位置やかみ合わせの修正をしなければなりません。それは専門医がチームで行うべき治療であり、この先端歯科診療センターが最も得意とする治療です。また歯肉の形を整え顔貌にマッチした美しい歯やインプラントを入れることもそれぞれの専門のドクターによる協力が必要となります。私は義歯やさし歯、かみ合わせに関する専門医ですのでこのような治療では最初の診断の部分と最後の仕上げの部分の役割を担います。大学では総入れ歯の研究と教育を担当しているので、総入れ歯に関しては主として私が担当させていただきます。合ってない義歯を無理に使っていると顎の骨が吸収してしまうなどの害が生じます。「まあこんなもんか」と思っていた義歯を作り直すと「こんなに入れ歯って噛めるのか」と思うようにもなります。健全な咀嚼は健康長寿の源です。豊富な経験と技術を持ったスペシャリスト集団である、この先端歯科診療センターで適切な治療を行い、口の中をパーフェクトにしましょう。

副センター長のごあいさつ

吉田 惠一准教授

歯、口腔の健康と全身の健康との関連性については以前から指摘されていましたが、最近の研究からその重要性がますます明らかになってきています。すなわち、歯周病と糖尿病、動脈硬化、心臓病との関連性、歯の数と寿命との関連性、口腔内の衛生状態と誤嚥性肺炎の関連性などです。
全身の健康寿命を長くするためには、咀嚼、嚥下、発音などの機能を保つことが大事です。そのためには、口腔衛生状態の管理を行い、う蝕、歯周病などの口腔疾患の治療をしっかり行うことによって歯の喪失を防ぎ、上下の歯のしっかりとしたかみ合わせを保つことが重要です。またこれらの機能の修復、回復のためには前述の歯および歯列によるかみ合わせだけではなく、顎の運動に関連する頭頸部の筋肉群、神経のバランス、顎関節の健康などを含めてトータルで考える必要があります。
先端歯科診療センターはそれぞれの分野のスペシャリストが、このような観点で連携しながら治療を進めていくことができる本邦でも数少ないセンターであり、皆様の健康増進のお手伝いができると自負しております。

外来医長のごあいさつ

金澤 学助教

近年、口腔機能の維持と回復が要介護を遅らせ健康寿命の延伸に貢献することが知られるようになり、口腔機能低下症という疾患概念とそれに対する適切な診断と介入が必要であることが知られてきました。つまり、口の中のトラブルを改善し、適切に機能回復をすることにより全身の健康維持が期待できるということになります。先端歯科診療センターでは、患者さんのお口の中の問題を正確に診断し、患者さんの希望を踏まえながら、お口の中全体を考えた包括的治療計画を立てた上で、それぞれの分野の専門医が協力して,総合的かつ先進的な治療を行います。この包括的な診療により、全身の健康に貢献できるような口腔機能の維持と回復を目指しております。 私は歯科補綴(被せ物や入れ歯)を専門としていますが、先進的な治療として入れ歯とインプラントを組み合わせたインプラント義歯による治療も行っています。このインプラント義歯は、一般的な入れ歯と比べてより生活の質を上げ、インプラントによる固定性のブリッジよりも費用対効果に優れることが科学的に証明されてきています。ぜひ先端歯科診療センターでご相談ください。

Copyright © Tokyo Medical and Dental University. All Rights Reserved.  本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。