• 東京医科歯科大学歯学部附属病院
  • 東京医科歯科大学医学部附属病院
  • 東京医科歯科大学

治療内容について

インプラント治療

インプラント治療とは

歯科インプラント治療とは、齲蝕や歯周病などの原因によって歯を失った場合に、あごの骨の中にインプラント体(人工歯根)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けることにより、口腔の機能を回復する治療法です。

インプラント治療を行うことにより、自分の歯と同じように噛んで食事をすることができるようになります。

抜歯後

インプラント治療の手順

お口の中の状態を把握するために、精密な検査(写真・型取り・レントゲン撮影・CT撮影,等)をします。さらに、インプラント手術の際,あるいはインプラントの長期的な予後に影響を及ぼす全身的な問題の有無も確認します。これらを元に、一人一人に適した治療計画を立てます。

インプラントの埋め込み

局所麻酔をかけて、あごの骨にインプラント体を埋め込みます。その後、このインプラント体と骨が結合するまで、一定期間おきます。

土台の取り付け

精密な型取りを行い、適切なデザインのアバットメント(土台)をインプラント体に取り付けます。

歯を被せる

仮歯を入れてお口の状態に合った歯の形を決め、最終的な歯を作ってインプラント体の上に取り付けます。

実際の症例

上あごの前歯が2本ない場合

治療前

治療後

下あごの奥歯が4本ない場合

治療前

治療後

一覧へもどる

Copyright © Tokyo Medical and Dental University. All Rights Reserved.  本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。