• 東京医科歯科大学歯学部附属病院
  • 東京医科歯科大学医学部附属病院
  • 東京医科歯科大学

治療内容について

限局矯正治療

限局矯正治療は、より長期間にわたって安定し、快適なブリッジやインプラント、部分入れ歯を装着していただくために必要な、丈夫な土台作り・口腔内環境の改善を目的として行います。

 失った歯の形や機能、審美性を回復するため、様々な補綴物(ブリッジ、クラウン、入れ歯等)を装着する治療が行われています。その際、まわりの歯が倒れていたり、歯列の不正があると、快適で長持ちする補綴物を装着することが難しい場合があります。また、ガタガタした歯並びは磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病が発症・進行することもあります。このような問題を総合的に解決するため、当院では限局矯正治療を取り入れ、口腔内全体の健康の向上を図っております。先端歯科治療センターでは、当院矯正歯科外来の歯科医師が、補綴・歯周病等の専門医との協力のもと、患者様一人一人の状態・ご希望に応じて、最適な治療を提供しております。

インプラントの植立前に

歯が抜けた後に生じるスペースに、周りの歯が倒れこむことがしばしばおこります。倒れた歯を限局矯正治療で立て直すことにより、インプラント治療に必要十分なスペースを得ることが可能です。

クラウン装着のために

クラウンの装着が必要な歯が倒れている、または歯列不正がある場合、限局矯正治療によって、歯を削る量を少なくしたり、周囲の歯とより調和し、より安定したクラウンの装着が可能となります。

ブリッジ装着のために

ブリッジの支えとなる歯が倒れていると、十分な支持力が得られない場合があります。限局矯正治療で、支えの歯同士の軸を平行にし、日々の咬合力に耐えうる、より安定したブリッジの装着が可能となります。

残った歯の根の治療に

虫歯などで歯質が大きく失われ、歯根だけが歯肉内に埋もれて残った場合、補綴物を装着して修復することは難しい場合があります。限局矯正治療で埋もれた歯根を口腔内に引き出すことで、クラウンの装着に利用することが可能です。

部分的な歯の移動に

歯を失った後に生じる隙間を閉じるためにはいくつかの方法があります。限局矯正治療法により、周囲の歯を移動させることもその一つです。動かす歯、歯肉や歯を支える歯槽骨の健康状態、咬み合わせ、歯並び等を考慮し施術します。

虫歯・歯周病の予防に

歯列がガタガタしていると、磨き残しが多く、虫歯や歯周病の発症・進行の原因となる場合があります。限局矯正治療で歯列や歯の軸を正しくすることで、ご自身でのメンテナンスがしやすくなり、健康な歯周組織の維持につながります。

一覧へもどる

Copyright © Tokyo Medical and Dental University. All Rights Reserved.  本サイト内の記事・写真・イラスト等の無断掲載・転用を禁じます。