医療基盤材料研究部門無機生体材料学分野担当助教候補者公募のお知らせ

医療基盤材料研究部門無機生体材料学分野担当助教候補者公募のお知らせ

1.職名
助教 1名

2.研究領域
無機生体材料学分野では、医歯学領域での応用を指向したセラミックバイオマテリアルに関する研究を行っています。特に、がん治療用セラミックバイオマテリアル、骨結合性セラミックバイオマテリアル、および抗菌性セラミックバイオマテリアルの開発等に取り組んでいます。また、多くの共同研究により、医歯工連携研究を進めています。
このたび、セラミックスを基本とする生体材料の設計に関する深い知識及び研究経験を有し、医歯学領域での応用を指向したセラミックバイオマテリアルに関する研究及び教育に意欲を持つ、博士の学位を有する研究者を募集します。

3.採用条件
雇用形態:常勤(国立大学法人東京医科歯科大学就業規則に基づく任期制の教員)
採用時期:採用決定後の出来るだけ早い時期
任 期:3年(再任の場合の任期は3年以内)
なお、業績審査の結果、再任の回数は2回までとする。
試用期間:採用日から6ヶ月
そ の 他:本学では、女性研究者支援を推進しており、女性研究者の積極的な応募を期待しています。全ての教職員が、出産・育児等のライフイベントと研究活動を両立できるよう様々な取り組みを行っています。
本学の取り組みは下記ページをご覧ください。
【女性研究者支援の推進について】:
http://www.tmd.ac.jp/employment/teacher/ang/index.html
また、外国人研究者、外国で学位を取得した研究者及び外国において教育研究に携わった研究者等の応募を歓迎します。

4.給与等
給 与:国立大学法人東京医科歯科大学給与規定による。
(学歴・職歴に応じ本学規定に準じて決定)
勤務時間:裁量労働制
月~金 8:30~17:15を基本とし、労働者の裁量に委ねる。
※ 専門業務型裁量労働制により、7.75時間働いたものとみなされます。
休 日:土・日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)
休 暇:年次有給休暇、特別休暇、病気休暇など
社会保険等:法令の定めるところにより加入します。
文部科学省共済組合健康保険、共済年金、雇用保険、労災保険
諸 手 当:本学給与規則等により、支給条件を満たした場合に支給します。
通勤手当、住居手当、扶養手当など

5.提出書類(A4版)
(1)履歴書(様式1)
(2)研究業績目録(原著論文・プロシーディングス・総説・著書、国際学会発表・招待講演、特許、
受賞その他特記事項を項目別に年代をさかのぼって記載して下さい。Corresponding Authorになっ
ている原著論文の番号の左側に*を付けて下さい。)(様式2)
(3)業績調査表(様式3)(Excel File で添付して下さい)
(4)競争的研究経費等の採択状況(代表者・分担者を明記)(様式任意)
(5)主要論文の別刷(上記(2)研究業績目録に記載した原著論文のうち主要なもの3編以内。コピー可。上記(2)研究業績目録には、○印を付けて下さい。)
(6)これまでの主な研究業績の概要(2000字以内)(様式任意)
(7)研究と教育に関する将来計画と抱負(1000字以内)(様式任意)
(8)候補者に関して問い合わせのできる方2名の氏名と連絡先

6.応募方法・締切日
(1)応募はオンラインにより受け付けますので、下記内容を電子メールに記載のうえ、2021年9月21日(火)までに、事務部総務係(zaikensoumu.adm(@)tmd.ac.jp)へお知らせください。
※送付する際は()を外してください。
【電子メールの記載内容】
ア.氏名及び所属
イ.応募者の連絡先(電話番号及びメールアドレス)
※送信の際の件名は「生体材料工学研究所:無機生体材料学分野担当助教に応募」としてください。
(2)電子メールの内容を確認した後、事務部担当者から提出書類の様式及び提出方法をお知らせします。
(3)上記の提出書類は、2021年9月24日(金)までに提出下さい。(必着)

7.問い合わせ先
(1)公募内容に関すること
生体材料工学研究所金属生体材料学分野 教授 塙隆夫
電話 :03-5280-8006
e-mail: hanawa.met(@)tmd.ac.jp
※送付する際は()を外してください。

(2)応募方法等に関すること
生体材料工学研究所事務部総務係
電話 :03-5280-8003
e-mail: zaikensoumu.adm(@)tmd.ac.jp
※送付する際は()を外してください。
  • 01_様式1 履歴書(様式)
  • 02_別紙2 履歴書見本
  • 03_様式2 研究業績目録
  • 04_業績調査表(様式3) th