相談内容

手帳の制度

身体障害者手帳

お身体に一定の障害をお持ちであると認められた方に身体障害者手帳は交付されます。

障害認定の条件
  • 一定の障害の条件にあること
  • 指定医(資格を持った医師)が診断すること
  • 障害が固定していると診断されていること

※新たな障害の発生や、症状の進行により等級変更の申請が可能です。

障害者手帳
種 類
障害種別 等級
1.視覚障害 1~6級
2.聴覚障害 2・3・4・6級
3.平衡機能障害 3・5級
4.音声機能・言語機能・そしゃく機能の障害 3・4級
5.肢体不自由
(上肢・下肢・乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害)
1~7級
6.肢体不自由(体幹) 1・2・3・5級
7.心臓・腎臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓機能障害 1・3・4級
8.ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害 1~4級
サービス

サービスは自治体によって異なりますが、等級によって医療費の助成、手当、税金控除、交通割引、日常生活用具の給付、ヘルパーの派遣等があります。

手続き方法
窓口 住民票のある福祉事務所・市区町村役所の身体障害者相談係
(役所によっては窓口の名称が異なります)
申請書類
  1. 身体障害者手帳診断書・意見書
    お住まいの福祉事務所・市区町村役所の身体障害者相談係(役所によっては窓口の名称が異なります)で、用紙をもらってきてください。
    身体障害者福祉法の指定医師が記入します。
  2. 写真(たて4cm × よこ3cm)2枚
  3. 印鑑
  4. 身体障害者手帳交付書
    市区町村の窓口にあります
申請方法 窓口まで申請書類を提出してください。

※市区町村によっては、身体障害者手帳診断書・意見書の費用が助成される制度がありますので、各区市町村へお問合せ下さい

PDF

精神保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳は「精神保健福祉法」に基づき申請することにより交付されます。精神障害により日常生活や社会生活に障害をもつ方が様々な支援を受けるために必要な証明書です。障害者自立支援法によるサービス利用にあたってはこの精神保健福祉手帳の取得が必要です。

手帳には障害の程度により、重い順に1級・2級・3級と決められています。
手帳の有効期限は2年間です。

手帳交付された場合のメリット
  1. 税金の減額・免除
    所得税、住民税、相続税、贈与税、自動車税・利子などの非課税
  2. 公営交通の無料パスの交付
  3. 公営施設利用料免除、公営公園駐車場利用料免除
  4. 公営住宅使用料の減額
    1・2級で所得が一定以下の場合
  5. その他
精神保健福祉手帳
手続き方法
窓口 住民票のある市区町村の担当窓口
申請書類
  1. 診断書
    精神障害に係る初診日から6か月経過した以後に作成されたもの。
    または精神障害年金または特別障害給付を受給していることを証明する書類の写しでも可。
  2. 写真(たて4cm × よこ3cm)2枚
申請方法 窓口まで申請書類を提出してください。

療育手帳(東京都は愛の手帳)

知的障害の方に交付される手帳です。東京都は「愛の手帳」埼玉県は「緑の手帳」など行政により呼び方が違います。障害の程度によって1度から4度の区分で交付されます。この手帳を持つことでいろいろな手当や、社会福祉制度利用ができます。

知的障害とは知的機能の障害が発達期に現れ日常生活に支障が生じているため、何かしらの特別な援助を必要とする状態にある人に対し判定基準に沿って総合的に判断されます。知的障害の区分1度(最重度)2度(重度)3度(中度)4度(軽度)知能測定値、知的能力、基本的生活など総合的に判断されて決定されます。

療育手帳
手続き方法
窓口 18歳未満は住所地の児童相談所
18歳以上は心身障害者福祉センター
申請方法 上記窓口に御相談下さい。