相談内容

退院後の療養

転院支援

病院で治療が終了したあとも、継続して療養が必要な場合があります。ご本人ご家族が安心できるように療養方法について当センターでご相談対応しています。

自宅で療養継続が難しい場合は転院先の検討をいたします。転院先は病院の機能によって種類があります。病状との兼ね合いでソーシャルワーカーが適切な病院選択をご一緒にご相談お受けいたします。

病 院
急性期一般病院

継続して治療が必要な場合に転院する病院です。短期間の利用に限定されています。

リハビリテーション病院

リハビリが継続して必要な方は回復期リハビリテーション病棟の利用を検討します。発症から2か月(整形疾患は1か月)以内の、リハビリを必要とする方対象です。対象疾患名や転院の時期に注意して相談を進めましょう。(リハビリの説明参照

療養型病院

急性期の治療は終了したものの、引き続き医師による医学的管理や処置などが必要な方を対象とする病床です。医療保険対応の医療療養型と介護保険対応の介護療養型病院があります。ケアを中心にした病院で長期にわたって入院継続を受け入れてくれますが、医療費のほかにオムツ代やリース料金などの負担がかかることが一般的です。転院についてはソーシャルワーカーにご相談ください。

緩和ケア病棟

治癒が困難とされたがんの方、HIVの方を対象に、身体的・精神的な痛みやつらさの緩和を最優先し、生活の質(QOL)を向上させること、その人らしい人生を全うすることを支援する専門病棟です。現在は終末期や臨死期に限定したケアではなく、急性期の痛みやつらさを取り除いて新たな治療を考える足掛かりとしたり、在宅療養へ移行するための取り組みも行われています。医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーの他、心理やリハビリのスタッフなどがチームで診療にあたります。がんであることを知っていて、がんを治すための手術や化学療法などの積極的な治療は行わないこと、残された時間を無理に延ばす処置はしないことを理解したうえで入棟を希望していることが受入れの際の要件になります。施設数が限られていること、病床数が少ないことから、入院までには時間を要します。医療費の負担は一般病院と変わりませんが、室料差額がかかる場合が多いので、申し込みには十分に内容の確認が必要です。

在宅療養について

お困りではありませんか?
  • 高齢世帯、独り暮らしで周囲に介護者がいない。
  • 今後の病状や介護に不安がある。
  • ベットや車椅子を借りたいがどこに相談すればいいのか。
  • 自宅で医療処置(酸素・経管栄養・床ずれなどの処置・痛みのコントロールなど)を続ける必要がある。
  • 通院が難しくなってきた。

このようなご相談に「介護保険」「自立支援」「難病施策」などの制度を活用し、必要なサービスの調整を地域の窓口と一緒にお手伝いします。

病状や医療処置について不安のある方は訪問診療や訪問看護の利用ができます
【訪問診療について】
  • 通院が難しくなってきたときに、地域の診療所やクリニックの医師が定期的に自宅に訪問して診療することです。
  • 自宅で酸素・点滴・痛みを和らげるなどの医療処置を受けることが可能です。
  • 24時間体制で連絡が取れる診療所・クリニックが増えてきています。
【訪問看護について】
  • 医師の指示を受けた地域の訪問看護師が計画的に自宅へ訪問し、病状の観察・入浴介助、医療処置、介護の相談や支援など行います。
  • 医師やケアマネージャー、ヘルパーなどと連携し自宅での療養を支えます。
  • 訪問診療と同じく24時間体制で連絡が取れる訪問看護ステーションがあります。
訪問診療
日頃から体調について相談できる「かかりつけ医」を見つけておきましょう