相談内容

介護保険について

介護保険は65歳以上の方(* 40~64歳は特定疾病該当者)で、介護を必要とする状態になったときに、出来る限り自立した生活を営めるように、社会全体で支え合う仕組みとして平成12年にスタートしたものです。

介護保険サービスを利用する為には、市区町村の介護保険窓口で、要介護認定を申請し、認定を受けなければ使うことは出来ません。

退院前から、担当の医師や看護師、リハビリスタッフに退院後の生活や利用すべきサービスについて相談しましょう。

まずは、利用できるように手続きを進めることが大切です。
詳しくは、お住まいの市区町村の介護保険窓口、又は地域包括支援センターにお問合せください。

介護保険について

40歳から64歳の医療保険に加入している人は第2号被保険者

介護サービスを利用できるのは

特定疾病により、介護が必要であると認定された人
(特定疾病以外が原因で介護が必要となった場合は対象となりません)

特定疾病一覧
筋萎縮性側索硬化症 脊柱管狭窄症 パーキンソン病関連疾患
後縦靭帯骨化症 早老症 閉塞性動脈硬化症
骨折を伴う骨粗しょう症 関節リウマチ 初老期における認知症
多系統萎縮症 慢性閉塞性肺疾患 脳血管疾患
糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症 脊髄小脳変性症
両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
がん(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る)
手続き方法
窓口 住民票のある市区町村の介護保険窓口・ 地域包括支援センター
申請方法

上記窓口にお問い合わせください。