療助成制度一覧

自立支援医療費 更生医療

身体障害者手帳をお持ちの方の制度です。

更生医療

この制度は身体障害者手帳をお持ちの方がその障害を軽減したり、取り除くための治療を受けるときの医療費を助成するものです。
原則として、入院が必要な方は入院前までに手続きを終わらせる必要があります。手続きに余裕を持ってご相談下さい。

  • 医療費の自己負担が原則として1割負担になります。
  • 世帯の所得税額によって費用負担額が決定します。
手続き
所得に応じた自己負担限度額
階層 対象世帯 自己負担上限(円)
重度かつ継続 重度かつ継続非該当
生活保護 生活保護世帯 0 0
非課税 生計中心者の収入が80万円以下 2,500 2,500
生計中心者の収入が80万円を超える 5,000 5,000
課税 世帯の住民税が3万3千円未満 5,000 健康保険の自己負担限度額
世帯の住民税が
3万3千円以上23万5千円未満
10,000 健康保険の自己負担限度額
世帯の住民税が23万5千円以上 20,000 対象外
  • 身体障害者手帳と同時申請できます。
  • 入院時食事療養費は自己負担となります。
  • 申請後、医療券が送られてきますので、入院窓口に提出して下さい。
  • 「重度かつ継続」の範囲とは
    • 疾病、症状等から対象となる方は腎臓、小腸、免疫機能障害
    • 疾病にかかわらず、高額な費用負担が継続することから対象となる方
      (医療保険の高額医療の多数該当の方)
手続き方法
窓口 住民票のある市区町村の各障害福祉担当窓口
申請書類
  1. 身体障害者手帳診断書、意見書(同時申請のみ)
    ※写真縦4cm×横3cmが1枚必要です
  2. 更生医療医学的意見書
  3. 医療費概算表
  4. 世帯の前年の源泉徴収票、または課税証明書
  5. 心電図(心臓の場合のみ)
申請方法 申請時には、印鑑、健康保険証を窓口へ持参して下さい。
PDF