療助成制度一覧

自立支援医療費 育成医療

お子様の手術等の医療費助成の制度です。

育成医療

満18歳未満の児童で、身体に障害を持っている、またはこれを放置すると将来傷害を残すと認められる方が、手術等によって障害の改善が見込まれる場合の医療費を助成する制度です。

所得に応じた自己負担限度額
階層 対象世帯 自己負担上限(円)
重度かつ継続 重度かつ継続非該当
生活保護 生活保護世帯 0 0
非課税 生計中心者の収入が80万円以下 2,500 2,500
生計中心者の収入が80万円を超える 5,000 5,000
課税 世帯の住民税が3万3千円未満 5,000 10,000
世帯の住民税が
3万3千円以上23万5千円未満
10,000 40,200
世帯の住民税が23万5千円以上 20,000 対象外
  • 医療費の自己負担が原則として1割負担になります。
  • 世帯の所得税額によって自己担額があります。
  • 身体障害者手帳の有無は問いません。
  • 原則、手術の前に申請手続きを済ませる必要があります。
  • 入院時食事療養費は自己負担となります。
  • 申請後、医療券が送られてきますので、医事課に提出して下さい。
  • 「重度且つ継続」の範囲
    • 疾病、症状から対象となる方は腎臓機能、小腸機能、免疫機能障害
    • 疾病にかかわらず、高額な費用負担が継続することから対象となる方
      (医療保険の高額医療の多数該当の方)
手続き方法
窓口 住民票の管轄の保健所・保健センター・保健福祉センター
申請書類
  1. 育成医療給付申請書
  2. 育成医療意見書
  3. 世帯調書
  4. 世帯の前年の源泉徴収票、または課税証明書
  5. 健康保険証のコピー
申請方法 申請時には、印鑑、健康保険証を窓口へ持参して下さい。
PDF