医療連携支援センター長あいさつ

東京医科歯科大学附属病院 医療連携支援センター長 井津井 康浩

東京医科歯科大学医学部附属病院
医療連携支援センター長
井津井 康浩

 2021年4月より医療連携支援センター長を拝命いたしました井津井康浩と申します。専門は消化器内科学(肝疾患)、医学教育開発、臨床栄養学などです。これまで本学総合教育研修センターで学生、初期研修医や内科専攻医への教育や管理をする仕事をしてまいりました。また、前職の関係で教育を通じて地域の先生方と交流もしておりましたので、先生方との顔の見える関係が最も大切と考えております。
 泉山肇前センター長が築き上げた功績を維持しつつ、地域連携を支える皆様から信頼される部門であり続けたいと思います。具体的には皆様よりご紹介いただきました患者さんが、安心してスムーズに当院への通院や入院ができるように、お手伝いをするのが当センターの役割であると考えております。
 当センターは、入院支援、退院支援及び地域連携をはじめとした業務を、多職種で担当しています。このような各職種の強みを生かすことができる環境作りがセンター長としての責務と考えております。当センターの主役は私以外の全てのスタッフで、スタッフ全員がやりがいを持ちながら働くことで、地域の先生方や医療機関の皆様、そしてご紹介いただいた患者さんにご満足いただける医療を提供できると考えております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

.
.
.