一般の方へ

一般の方へ

患者の皆様へ

 う蝕制御学分野は大学院の研究分野の名称で、主にう蝕(むし歯)を中心に予防・診断・治療・管理に関する研究をおこなっております。

 当分野は歯学部附属病院むし歯外来を担当しております。

 むし歯外来は、2つの研究部門(う蝕制御学分野と歯髄生物学分野)が担当しており、むし歯や外傷(歯の硬組織疾患)および歯の神経や根の病気(歯髄疾患、根尖性歯周疾患)に対する治療をおこないます。

 むし歯外来においては患者さんに対する人権を最大限に配慮しながら、卒前・卒後の学生、研修医の臨床教育を行い、さらに新規器材・器具などの臨床治験も実施しています。専門性の高い診療としては、う蝕の診断およびリスク診断、各種切削器具によるう蝕の除去、接着性材料を応用した歯冠色修復法、歯牙漂白などの処置が挙げられます。一方で、診療内容が専門性の高い治療に偏ることなく、患者のニーズに合わせた一口腔単位の包括的な診療を心がけております。診療は、基本的には、担当医制ですが、必要に応じて症例検討を行い、他の専門外来とも連携して治療を行っております。


むし歯外来での当講座の活動

■診療
むし歯外来では次のような症例を中心に診療をおこなっています。
 ・う蝕(むし歯)の診断と治療、メンテナンス
 ・歯の漂白(ホワイトニング)
 ・接着を応用した最新の治療(審美修復など)

■臨床研究、臨床治験

■臨床教育、研修医の臨床実習

OCT関連、レジン修復のご案内