本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究部門・分野紹介  > ゲノム応用医学研究部門  > ゲノム機能多様性分野

研究部門・分野紹介

ゲノム機能多様性分野

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

Genomic Function and Diversity

免疫アレルギー疾患・生活習慣病・癌などの多因子疾患は、個人間の遺伝子配列の違い、すなわち遺伝子多型が積み重なることによって発症に至ります。ゲノムワイド関連解析(GWAS)によって、様々な疾患の感受性遺伝子多型が明らかにされましたが、病態解明は道半ばです。本分野では、ヒトゲノム、エピゲノム、トランスクリプトームなどの様々なビッグデータを用いた解析に、分子生物学的手法を用いた解析を統合することによって、遺伝子多型によってもたらされるゲノム機能の多様性を理解し、多因子疾患の病態解明を行います。また、個人のゲノム情報に基づいた病態や薬剤応答性の予測法を開発し、いわゆるプレシジョン医療の確立を目指します。


研究テーマ

  • 自己免疫疾患などの多因子疾患のGWAS候補遺伝子領域における遺伝子機能解析
  • 遺伝子多型が遺伝子発現やスプライシングに与える影響の網羅的解析 (eQTL/sQTL解析)
  • GWASやeQTLなどのビッグデータを横断的に解析することによる疾患へのアプローチ
  • ゲノム情報を用いた疾患の病態予測法の樹立

ゲノム機能多様性分野のホームページ

ゲノム機能多様性分野では分野でホームページを運営しています。
より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

ゲノム機能多様性分野のホームページはこちら
(別ウインドウで開きます)


連絡先:高地雄太 y-kochi.gfd(ここに@を入れてください)mri.tmd.ac.jp
         03-5803-4817
所在地:湯島地区 M&Dタワー24階