本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 難治疾患共同研究拠点  > 共同研究成果報告  > 平成29年度共同研究成果報告

難治疾患共同研究拠点

平成29年度共同研究成果報告

Joint Usage/Research Program of Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

平成29年度難治疾患共同研究拠点研究成果

代表者 研究課題名 研究成果
神戸大学医学系研究科
鈴木 聡 教授
新潟大学大学院医歯学総合研究科
寺井 崇二 教授
(担当教員:仁科博史教授)
細胞競合を利用したがん先制医療の開発 「損傷した肝細胞を排除する仕組みを発見」
大阪府立成人病センター
辻本 賀英 研究所長
(担当教員:清水重臣教授)
PLA2G6遺伝子欠失によるミトコンドリア異常の解明 「オートファジー細胞死の生体での役割」
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
永石 宇司 准教授
(担当教員:木村彰方教授)
炎症性腸疾患の病態形成におけるMKL1の役割 「炎症性腸疾患発症感受性が高い新たなモデルマウスを樹立」
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
石川 智則 助教
(担当教員:幸田尚准教授)
ヒト体外受精胚培養液の解析 「ヒト着床前胚の、親の年齢による遺伝子発現変化を捉える」
日本大学生物資源科学部
高橋 恭子 准教授
(担当教員:樗木俊聡教授)
マクロファージの制御を介したIBD治療戦略 「インターフェロンγは炎症性腸疾患の原因となるマクロファージを誘導する」

平成29年度難治疾患共同研究拠点 共同研究終了報告書

No 研究代表者 課題名 研究期間
1 徳島大学疾患ゲノム研究センター
 片桐 豊雅 教授
(担当教員:三木 義男 教授)
日本人女性の乳がん発生リスク
予測モデルの構築の解明
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
2 昭和薬科大学
 伊東 進 教授
(担当教員:澁谷 浩司 教授)
TMEPAI ノックアウトマウスに
おける消化管腫瘍形成抑
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
3 群馬大学生体調節研究所
 石谷 太 教授
(担当教員:澁谷 浩司 教授)
組織恒常性維持を支えるWnt
シグナル制御機構の解析
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
4 秋田大学大学院医学系研究科
 久場 敬司 教授
(担当教員:木村 彰方 教授、
成瀬 妙子 プロジェクト助教)
RNA制御に基づいた心機能調節
の分子機構解明と心不全治療応用
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
5 新潟大学大学院医歯学総合
研究科
 寺井 崇二 教授
(担当教員:仁科 博史 教授)
疾患モデル生物を用いた難治性
肝癌の病態解明と治療戦略の開発
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
6 東海大学健康科学部
 金児-石野知子 教授
(担当教員:石野 史敏 教授)
LTRレトロトランスポゾン由来の
真獣類特異的遺伝子群の解析
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
7 星薬科大学・薬学部
 築地 信 准教授
(担当教員:鍔田 武志 教授)
シングルセルRT-PCR法によるB細
胞およびT細胞の受容体レパトアと
免疫応答の相関解析
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
8 東邦大学
 曽根 雅紀 准教授
(担当教員:岡澤 均 教授)
ショウジョウバエモデルを用いた
神経変性疾患の分子機序解明
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
9 京都府立大学大学院生命環境
科学研究科
 織田 昌幸 准教授
(担当教員:伊藤 暢聡 教授)
抗原と抗体およびCD28ファミリー
とアダプター分子との相互作用解析
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
10 山梨大学医学部
 市川 大輔 教授
(担当教員:稲澤 譲治 教授、
井上 純 講師、
玄 泰行 助教)
がんの特性を制御するマイクロ
RNAの探索と核酸抗がん薬に
最適なDDSの開発
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
11 東京都長寿健康医療センター
 新井 冨生 部長
(担当教員:村松 正明 教授、
佐藤 憲子 准教授)
剖検例を用いた遺伝子多型と老年
病発症リスクとの関連研究
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
12 京都大学・iPS細胞研究所
 大澤 光次郎 助教
(担当教員:田賀 哲也 教授、
信久 幾夫 准教授)
胎仔特異的に活性化する転写因子
Runxlエンハンサーを用いた造血
肝細胞の運命付け
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
13 国立病院機構北海道医療センター
 木村 太一 病理診療科医長
(担当教員:田賀 哲也 教授、
椨 康一 助教)
滑膜肉腫幹細胞におけるSWI/SNF型
クロマチン再構成異常の役割の解析
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
14 福岡大学医学部医学科
 廣瀬 伸一 教授
(担当教員:稲澤 譲治 教授)
難治性の乳児期発症てんかん性脳症
における疾患原因遺伝子探索
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
15 慶應義塾大学医学部
 青木 大輔 教授
(担当教員:稲澤 譲治 教授、
井上 純 講師)
アミノ酸要求性に基づいた卵巣癌の
新たな治療戦略の開発
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
16 東京医科大学
 柏木 太一 助教
(担当教員:田賀 哲也 教授、
信久 幾夫 准教授、
椨 康一 助教)
グリオーマ幹細胞発生機構解明
のための海馬成体神経幹細胞
制御機構の理解
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
17 東京医科歯科大学実験動物センター
 金井 正美 教授
(担当教員:田賀 哲也 教授、
信久 幾夫 准教授)
胎生期の造血幹細胞における転写
因子Sox17とSox7の発現解析
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
18 東京大学農学生命科学研究科
 片岡 直行 特任准教授
(担当教員:中山 恒 准教授)
低酸素性のがん・神経疾患に特異的
な選択的スプライシング機構の解明
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
19 京都府立大学生命環境科学研究科
 亀井 康富 教授
(担当教員:大石 由美子 准教授)
筋萎縮・筋機能不全を改善する機序
解明の基盤研究
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
20 東京農工大学
 黒田 裕 准教授
(担当教員:伊藤 暢聡 教授)
デングウイルス血清型特異的免疫
応答の生物物理化学的解析
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
21 東京医科歯科大学医学系研究科
 石川 智則 講師
(担当教員:石野 史敏 教授、
幸田 尚 准教授)
ヒト体外受精胚培養液の解析 平成29年4月1日~
平成30年3月31日
22 理化学研究所脳科学総合研究
センター
 宮脇 敦史 チームリーダー
(担当教員:安達 貴弘 准教授)
病因・病態解明のための新規
バイオセンサーマウスの開発
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
23 秋田大学大学院医学系研究科
 前田 大地 准教授
(担当教員:石川 俊平 教授、
加藤 洋人 助教)
ハンナ型間質性膀胱炎の原因抗原
同定と分子生物学的な病態解明
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
24 国立障害者リハビリテーション
センター研究所
 澤田 泰宏 部長
(担当教員:田中 光一 教授、
相田 知海 准教授)
個体レベルのメカニカルストレス
受容機構の解明
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
25 東北大学加齢医学研究所
 千葉 奈津子 教授
(担当教員:三木 義男 教授)
乳腺発がんにおけるBRCA1/2
タンパク機能の統合的理解
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
26 東北大学大学院生命科学研究科
 松井 広 教授
(担当教員:田中 光一 教授、
平岡 優一 助教)
アストロサイトの代謝の可視化と
光操作による病態脳制御法の開発
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
27 千葉大学大学院医学研究院
 眞鍋 一郎 教授
(担当教員:大石 由美子 准教授)
エピゲノムと代謝の連携制御
ダイナミズム解析
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
28 神戸大学大学院医学研究科
 鈴木 聡 教授
(担当教員:仁科 博史 教授)
細胞競合を利用したがん先制医療
の開発
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
29 山口大学大学院医学系研究科
 浅岡 洋一 講師
(担当教員:仁科 博史 教授)
YAPによるメカノホメオスターシス
制御機構の解明
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
30 大阪大学大学院医学系研究科
 水島 恒和 寄附講座教授
(担当教員:清水 重臣 教授、
室橋 道子 プロジェクト助教)
Atg5 非依存的オートファジー誘導
活性化合物のマウス腸炎モデルに
対する治療効果
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
31 宮崎大学医学部
 武谷 立 教授
(担当教員:木村 彰方 教授、
林 丈晴 准教授)
心筋症発症に関わるサルコメア関連
遺伝子の変異探索と発症機構の解明
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
32 東京医科歯科大学
疾患バイオリソースセンター
 田中 敏博 教授
(担当教員:角田 達彦 教授)
ゲノムワイド関連解析に基づく難治
性致死性不整脈関連遺伝子の探索
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
33 慶應義塾大学医学部
 佐藤 俊朗 准教授
(担当教員:樗木 俊聡 教授、
小内 伸幸 講師、
佐藤 卓 講師)
小腸上皮幹細胞の機能破綻を
もたらす生理的ストレス要因
の同定
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
34 静岡県立総合病院臨床研究部
 寺尾 知可史 免疫研究部長
(担当教員:木村 彰方 教授、
成瀬 妙子 プロジェクト助教)
高安動脈炎の疾患感受性遺伝子・
多型の同定と治療標的同定
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
35 北里大学理学部生物科学科
 関田 洋一 准教授
(担当教員:石野 史敏 教授、
幸田 尚 准教授)
iPS細胞樹立時の活性化Aktの役割 平成29年4月1日~
平成30年3月31日
36 立教大学理学部化学科
 常磐 広明 教授
(担当教員:伊藤 暢聡 教授)
核内受容体の構造・熱量解析 平成29年4月1日~
平成30年3月31日
37 東京医科歯科大学
大学院医歯学総合研究科
 並木 剛 准教授
(担当教員:西村 栄美 教授)
アポトーシス誘導による悪性黒色腫
の新規治療法の開発
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
38 東京医科歯科大学
大学院医歯学総合研究科
 森尾 友宏 教授
(担当教員:樗木 俊聡 教授)
先天性肺胞蛋白症の発症機序の解明
と効果的治療法の開発
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
39 大阪大学大学院医学系研究科
 谷山 義明 寄附講座准教授
(担当教員:黒柳 秀人 准教授)
心筋症モデルにおけるペリオスチン
バリアントの発現変動と機能の解析
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
40 医薬基盤・健康・栄養研究所
 竹内 昌男 客員研究員
(担当教員:竹内 純 准教授)
非対称局在GPC5の心筋・血管の
選択的運命制御と右源性心疾患
発症の原因の解析
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
41 神戸大学大学院医学研究科
 西田 満 准教授
(担当教員:澁谷 浩司 教授)
非小細胞肺ガン細胞の浸潤を制御
するRor1シグナルの解析
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
42 静岡県立大学薬学部
 黒川 洵子 教授
(担当教員:古川 哲史 教授)
難治性不整脈疾患におけるKCNQ1
チャネル分子複合体の病態生理学的
意義の解明
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
43 筑波大学医学医療系
 早田 匡芳 准教授
(担当教員:江面 陽一 准教授)
骨粗鬆症における小胞体ストレス
応答の解明
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
44 東京医科歯科大学
大学院医歯学総合研究科
 永石 宇司 准教授
(担当教員:木村 彰方 教授、
安 健博 助教)
炎症性腸疾患の病態形成における
MKL1の役割
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
45 東京大学アイソトープ総合センター
 和田 洋一郎 教授
(担当教員:古川 哲史 教授)
ヘテロ核酸を用いた内皮細胞特異的
エピゲノム制御技術の開発
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
46 宮崎大学医学部
 西頭 英起 教授
(担当教員:清水 重臣 教授)
脂肪萎縮症におけるオルガネラ連携
を介したミトコンドリア品質管理の
役割
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
47 自然科学研究機構生理学研究所
 大野 伸彦 特任准教授
(担当教員:田中 光一 教授)
生体内におけるミトコンドリア分裂
の細胞特異的・可逆的操作法の開発
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
48 新潟大学大学院医歯学総合研究科
 備前 典久 助教
(担当教員:田賀 哲也 教授、
信久 幾夫 准教授、
椨 康一 助教)
神経幹細胞におけるグリア分化能
獲得機構の解明
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
49 広島大学原爆放射線医科学研究所
 角舎 学行 講師
(担当教員:中山 恒 准教授)
低酸素下におけるWnt5aシグナルの
変化と乳癌悪性度への影響
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
50 東京大学医学研究科
 岩坪 威 教授
(担当教員:岡澤 均 教授)
アルツハイマー病におけるリン酸化
シグナル変化への環境因子の影響
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
51 金沢医科大学医学部
 小内 伸幸 教授
(担当教員:樗木 俊聡 教授)
骨髄球形細胞分化能と赤血球系細胞
分化能分岐点の解明
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
52 東京医科歯科大学
大学院医歯学総合研究科
 和泉 雄一 教授
(担当教員:角田 達彦 教授、
宮 冬樹 助教)
歯周炎感受性候補遺伝子の機能解析 平成29年4月1日~
平成30年3月31日
53 東京大学大学院情報理工学系研究科
 原田 達也 教授
(担当教員:石川 俊平 教授、
河村 大輔 助教)
ディープニューラルネットワークを
用いたデジタル病理画像解析
平成29年4月1日~
平成30年3月31日
54 山梨大学大学院総合研究部
 望月 和樹 教授
(担当教員:佐藤 憲子 准教授)
Gene bodyエピジェネティックスを
介した発育期低栄養による生活習慣
病発症機構
平成29年4月1日~
平成30年3月31日