本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 難治疾患共同研究拠点  > 共同研究成果報告  > 平成23年度共同研究成果報告

難治疾患共同研究拠点

平成23年度共同研究成果報告

Joint Usage/Research Program of Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

平成23年度難治疾患共同研究拠点研究成果

プレスリリースされたもの

代表者 研究課題名 研究成果
東京大学大学院医学系研究科
岩坪威教授
(担当教員:岡澤均教授)
核酸結合蛋白質を標的とした神経変性疾患研究:ショウジョウバエモデルを用いた解析 DNA修復タンパク質・Ku70はハンチントン病の神経変性を抑制する
山口大学大学院医学系研究科
寺井崇二准教授
(担当教員:小川佳宏教授)
脂肪肝メダカおよびマウスを用いた代謝系難治疾患病態解明に関する研究 MC4R欠損マウスを用いた新しい非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)モデルの確立
慶應義塾大学医学部
平沢晃助教
(担当教員:稲澤譲治教授)
ゲノム・エピゲノム解析による新規婦人科癌関連遺伝子の網羅的探求とその分子機構の解明 子宮体がんのがん抑制遺伝子型マイクロRNA miR-152を同定
大阪府立母子保健総合医療センター
岡本伸彦遺伝診療科長
(担当教員:稲澤譲治教授)
CASK異常を原因とする小脳脳幹部低形成の病態発現機構の解明と治療法の開発 小頭症・小脳脳幹部低形成を伴う発達遅滞症の原因遺伝子CASKの発現異常に多彩なゲノム構造異常が関与することを証明
理化学研究所バイオリソースセンター
小倉淳郎室長
(担当教員:石野史敏教授)
体細胞クローンとICSI で作成した胚における遺伝子発現解析 不妊治療に用いられる顕微授精技術の影響

平成23年度で終了したもの

No 研究代表者 課題名 研究期間
1 筑波大学大学院生命環境科学研究科
 中田 和人 准教授
(担当教員:小川佳宏教授,菅波孝祥助教)
ミトコンドリア糖尿病
に関する新規モデルマウ
スの作製とその解析
平成22年4月1日~
平成24年3月31日
2 東京都神経科学総合研究所
 原田 高幸 副参事研究員
(担当教員:田中光一教授,相田知海助教)
モデルマウスを用いた
正常眼圧緑内障の病態
解明と新規治療薬の開発
平成22年4月1日~
平成24年3月31日
3 国立精神・神経センター神経研究所
 後藤 雄一 疾病研究第二部長
(担当教員:稲澤譲治教授)
分子生物学的手法に
よるX連鎖性精神発
達遅滞(XLMR)の病
因・病態解明
平成22年4月1日~
平成24年3月31日
4 熊本大学生命科学研究部
 竹林 浩秀 准教授
(担当教員:田賀哲也教授,鹿川哲史准教授)
転写因子Olig2による
正常神経幹細胞とグリ
オーマ幹細胞の分化制
御の比較
平成22年4月1日~
平成23年9月30日
5 九州大学病院
 池田 康博 助教
(担当教員:田中 光一教授,相田知海助教)
正常眼圧緑内障に
おけるゲノム酸化
障害と網膜神経節
細胞死への関与
平成22年4月1日~
平成24年3月31日
6 東京都健康長寿医療センター
 沢辺 元司 病理診療科 部長
(担当教員:村松正明 教授,池田仁子助教)
ゲノムワイド関連
解析で粥状硬化症
関連遺伝子として
同定した遺伝子の
機能解析
平成22年4月1日~
平成24年3月31日
7 国立国際医療センター研究所
医療情報解析研究部
 宮木 幸一 ゲノム疫学研究室長
(担当教員:村松正明教授,池田仁子助教)
メタボリック症候
群の遺伝子と環境
因子の交互作用の
研究
平成22年4月1日~
平成24年3月31日
8 千葉大学大学院医学研究院
 関  直彦 准教授
(担当教員:村松 正明 教授)
癌遺伝子・癌抑制
遺伝子として機能
するmicroRNAとそ
の標的遺伝子に存
在するゲノム変異
を指標とした発癌
リスクのゲノム疫
学研究
平成22年4月1日~
平成24年3月31日
9 熊本大学大学院生命科学研究部
 友田 明美 准教授
(担当教員:村松 正明教授)
被虐待による神経
発達障害に基づく
被虐待児のうつ病
発症脆弱性に対す
る分子遺伝学的
研究
平成22年4月1日~
平成24年3月31日
10 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部
 井本 逸勢 教授
(担当教員:稲澤 譲治教授)
統合的ゲノム・エ
ピゲノム解析による
新規乳癌関連遺伝子
の網羅的探索
平成23年4月1日~
平成24年3月31日
11 東京大学大学院医学系研究科
 栗原 裕 基代謝生化学教室・教授
(担当教員:古川 哲史教授)
冠動脈の構造・機
能の性差の研究
平成23年4月1日~
平成24年3月31日
12 東京大学医科学研究所
 中江 進 特任准教授
(担当教員:佐藤 憲子准教授)
エピジェネティック
アプローチによる
関節炎発症機構の
解析
平成23年4月1日~
平成24年3月31日
13 大阪大学大学院医学系研究科
 新沢 康英 助教
(担当教員:清水 重臣 教授)
モデルマウスを用い
た家族性パーキン
ソン病の病態メカ
ニズム解析
平成22年4月1日~
平成24年3月31日
14 東京薬科大学生命科学部
 田中 正人 教授
(担当教員:清水 重臣 教授)
食細胞による多様
な死細胞の貪食機
構とそれに伴う生
体応答の解析
平成23年4月1日~
平成24年3月31日