令和元年度 東京医科歯科大学医学部附属病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 839 533 676 1,070 1,769 2,703 3,693 5,190 2,171 232
当院の入院患者さんは、60歳以上の占める割合が、全体の59.8%、80歳以上が12.7%とご高齢の患者さんが多く入院されている一方で、20代以下が10.8%、10代以下は7.3%と若い世代(小児疾患など)の患者さんの入院治療も行っております。
当院ではご高齢の患者さんの慢性疾患や急性肺炎、脳血管障害など救急医療の受け入れが多く、また若年の患者さんには血液疾患、神経、炎症性腸疾患など入院治療を行っております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 53 16.21 15.79 1.89% 67.08
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 26 13.96 16.50 0.00% 60.38
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 15 43.73 39.36 0.00% 67.80
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等2 5あり 15 19.13 22.79 0.00% 68.93
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし - - 31.30 - -
血液内科では特定機能病院として悪性リンパ腫、急性白血病、多発性骨髄腫といった造血器悪性腫瘍を中心とし、再生不良性貧血、溶血性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、凝固異常症などの疾患についてもバランスよく診療しています。急性白血病については各症例に応じて同種造血幹細胞移植を含めた包括的な治療を行っています。非ホジキンリンパ腫についてはリツキシマブ、多発性骨髄腫については新規薬剤を含む治療を入院(2-3週間程度)で導入したのち外来での治療に移行し、若年の患者様には自家末梢血幹細胞移植を積極的に行っています。関東でも数少ないCAR-T細胞療法認定施設であり、各部署と連携しつつ、治療を提供させていただいています。
血液内科においても高齢の患者様が増加しており、当院の特徴である歯学部との連携のほか、看護部、リハビリテーション部、栄養科、心身医療科など多職種との連携を行い、一人一人の患者様に最適な医療を行えるよう心がけています。外来化学療法による病床の効率的な利用、血液製剤の適正使用などにより貴重な医療資源を有効活用して地域、社会に貢献しています。
膠原病・リウマチ内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 198 10.97 15.48 0.51% 54.10
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 なし 32 14.25 16.09 3.13% 72.38
070560xx99x01x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 30 20.27 25.61 3.33% 59.77
070560xx99x6xx 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 6あり 18 29.28 25.15 0.00% 58.50
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 17 19.82 18.84 0.00% 62.62
当科では、「全身性臓器障害を伴う自己免疫疾患」である全身性エリテマトーデス、多発性筋炎/皮膚筋炎、全身性強皮症、シェーグレン症候群、血管炎症候群、ベーチェット病、IgG4関連疾患、サルコイドーシス、リウマチ性多発筋痛症、そして成人発症Still病など、多くの全身性自己免疫疾患や炎症性疾患を入院で診ており、その数は膠原病・リウマチ診療で有名な都内の大学病院で最上位になります。これらの疾患を初めて発症した患者さんだけでなく、標準的な治療に反応しない患者さんや臨床症状が重くて大量免疫グロブリン療法や輸血、手術を要する患者さんを多く診ていることも当科の特徴の1つです。難治性な病態に対する強力な免疫抑制療法中に真菌感染症を合併してしまう患者さんもいますが、適切なスクリーニングにより早期に感染を把握し、それらの患者さんの加療にあたっています。また、当科には多発性筋炎/皮膚筋炎、強皮症、血管炎症候群、関節リウマチなどに間質性肺炎を合併した患者さんも数多く紹介され、入院加療を行っています。さらに、高齢や合併症が多いなど、一部の関節リウマチ患者さんの治療の際には、入院で全身状態を精査・評価してから1人1人に最適な治療計画も立てています。
糖尿病・内分泌・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 85 4.87 6.24 0.00% 53.46
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 80 12.11 13.72 5.00% 61.45
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 32 8.97 10.84 3.13% 64.53
100260xx9910xx 下垂体機能亢進症 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 32 5.09 6.33 0.00% 56.59
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 29 12.07 14.10 13.79% 62.90
当科では従来より糖尿病・内分泌疾患の診療に力を入れています。
糖尿病については教育入院プログラムを準備しており、インスリン導入や手術前の血糖コントロールなどそれぞれの病態・状況に応じた入院診療を行っています。また、24時間持続血糖モニタリングやインスリンポンプ治療などの専門的な医療も行っており、糖尿病専門医、糖尿病療養指導士の資格を有する看護師、管理栄養士、薬剤師の専門チームで連携して診療にあたっています。
内分泌疾患では原発性アルドステロン症を中心とする副腎疾患や下垂体疾患に対する内分泌負荷試験および静脈サンプリング検査のための短期入院を積極的に行っています。内分泌疾患の症例数の多さは関東随一であり、多数の周辺施設からご紹介いただいています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 121 10.83 11.67 0.00% 68.84
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 46 14.07 14.23 4.35% 66.04
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 7.42 8.48 0.00% 68.17
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 33 13.70 17.71 0.00% 74.97
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 25 7.92 7.00 0.00% 51.24
わが国では成人の8人に1人が慢性腎臓病(CKD)であり、透析患者も増加傾向が続いています。高齢化に伴って今後もしばらくこの傾向が続くと考えられます。
当科で最も多いのは慢性腎炎や慢性腎不全に対する入院です。当科ではCKD患者さんに対して教育入院を積極的に行い、腎不全の進行を抑制し、合併症の早期発見や治療に努めています。
2番目に多いのは、透析の施行を伴う入院で、腎不全が進行し透析導入するための入院が主です。血液透析を導入した患者さんは近隣の透析クリニックへ紹介し、クリニックと連携しながら管理しています。腹膜透析も積極的に導入しており、導入後も当院への定期的な通院を継続して管理を行っています。
3番目に多いのは透析用内シャント手術の入院です。進行した腎不全に対する透析へ円滑に移行できるよう、当科では血液透析用内シャント関連手術や腹膜透析関連手術を実施しています。維持透析中のあらゆる合併症やシャントトラブルにも対応するため「透析合併症外来」を開設し、導入後の患者さんやご紹介いただいた患者さんの診察を行っています。
4番目は、心不全が生じている状態を治療するための入院です。腎臓病と心不全は相互に影響を及ぼし合うため、全身的な管理をしつつ原因を取り除き、良好な状態にもっていく治療を行います。循環器内科や心臓血管外科と連携することもあります。
5番目は蛋白尿や血尿などの尿異常や原因不明の腎機能障害に対する腎生検を目的とした入院です。病理部と連携して定期的にカンファランスを開催し、治療方針を決定しています。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070510xx99xxxx 痛風、関節の障害(その他) 手術なし - - 11.88 - -
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 - - 25.94 - -
180050xx99xxxx その他の悪性腫瘍 手術なし - - 14.34 - -
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 2あり - - 33.26 - -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.42 - -
総合診療科では、感染症など急性期内科疾患や、生活習慣病の管理を始め、未診断症例の精査、悪性腫瘍末期の看取りに至るまで、特定の臓器に偏らない幅広い領域の疾患群に対応しています。複数の疾患を合併する症例も多く、患者さん一人ひとりの生活状況など社会的要因も加味し、多職種連携を図りながら、良質な全人的医療を提供します。また、超高齢者社会のニーズに合わせ、整形外科と連携し、合併症の多い高齢者の大腿骨頸部骨折治療にも関わり、手術内容や患者さんの基礎疾患に応じて、周術期管理や環境調整を行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 182 2.38 2.63 0.00% 66.85
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 109 7.81 6.98 0.00% 67.83
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 85 7.53 8.27 0.00% 72.61
060100xx01xx1x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 あり 45 2.49 3.57 0.00% 69.91
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 38 12.50 10.25 0.00% 75.42
当科は、炎症性腸疾患、肝疾患、内視鏡治療を重点において診療にあたっています。
当科における炎症性腸疾患患者の受診数は全国有数の規模であり、できるだけQOLを重視した外来での治療を推進しています。そのため、入院加療に至る患者さんが他の疾患に比べて少なく、入院した場合でも長期入院が少ないのが特徴です。
肝疾患の治療につきましては、ウイルス肝炎の治療や肝癌の治療を積極的に行っています。肝細胞癌には可能な限りラジオ波熱凝固療法を行っていますが、事前に局所治療が困難と判断した症例については、血管化学塞栓術療法や経口抗癌剤の投与を行っています。
内視鏡はシングルバルーン内視鏡を駆使して小腸疾患の診断、治療にあたっており、症例数は全国トップクラスです。
また、上部・下部内視鏡ではESDを中心として悪性腫瘍の切除を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 492 4.83 5.02 0.61% 62.22
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 219 2.95 3.15 0.00% 68.61
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 138 4.21 4.40 0.00% 67.23
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 79 7.59 10.80 1.27% 72.81
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 72 3.21 3.01 1.39% 69.15
循環器内科では、不整脈治療として、頻脈性不整脈疾患に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術を数多く行っています。これは、足の付け根の血管から心臓にカテーテルを挿入して、心筋を焼灼することにより治療するもので、日本におけるこの領域のトップランナーとして多くのご紹介を頂いています。また当科の特色として、感染を起こしたペースメーカーリードなどに対して、レーザーシースを用いて行う「リード抜去術」も積極的に行っています。心筋梗塞や狭心症など虚血性心疾患に対しては、カテーテル検査(経皮的冠動脈造影)と治療(経皮的冠動脈ステント留置術や経皮的冠動脈形成術)を行っています。また特殊治療としてエキシマレーザー血管形成用カテーテルを用いた経皮的冠動脈形成術に加え、ロータブレーターやダイアモンドバックを用いた冠動脈形成術も積極的に行っています。徐脈性不整脈に対するペースメーカーの植え込み術は、従来のリード線があるタイプに加え、リード線が不要のリードレスペースメーカーの植え込みについても行っております。致死性の頻脈性不整脈に対する植込型除細動器については、従来の経静脈植え込み型に加え、血管内にリードを入れない皮下植込み型についても行い、多くの先進的治療を展開しています。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010155xxxxx00x 運動ニューロン疾患等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 38 18.76 13.70 5.26% 62.84
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 14.28 14.46 0.00% 44.41
010170xx99x00x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 10.90 14.62 0.00% 64.03
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 17.07 15.48 6.90% 59.52
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 29 13.00 15.90 3.45% 48.10
脳神経内科では、全身の筋力低下や筋萎縮の原因となる筋萎縮性側索硬化症をはじめとした運動ニューロン疾患、歩行障害や手足の震えの原因となるパーキンソン病や関連疾患、手足の筋力低下の原因となる多発性硬化症、視神経脊髄炎、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性多発根神経炎、さらに意識障害や痙攣を来す急性脳炎などといった、神経難病診療(国の指定難病に指定されている疾患を含む)に力をいれています。
また、複数の診療科が連携した神経難病先端治療センターを設置することによって、外来診療から入院加療までトータルなケアを目指しているのも特長です。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 160 18.39 18.84 5.00% 69.56
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 143 3.36 3.34 0.00% 68.92
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1 あり 116 2.00 2.03 0.00% 58.29
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 46 12.07 9.59 0.00% 69.20
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 25 21.48 14.62 0.00% 77.12
当院の呼吸器内科は間質性肺炎の診療を専門的に行っております。特に住居に発生したカビや汚染された加湿器、羽毛製品など鳥抗原が原因で生じるアレルギー性の間質性肺炎である過敏性肺炎は、一般の病院では他の間質性肺炎との区別が難しい疾患ですが、基礎研究を含めた専門的な検査を行い診断・治療に努めており、全国の医療機関から多くのご紹介を頂いています。また、難治性喘息などのアレルギー疾患は、アレルギー疾患先端治療センターの一員として皮膚科、耳鼻咽喉科、小児科のアレルギー専門医と協力して専門的な検査・治療を行っています。肺がんもゲノム検査などを含めた最新の診療を行っており、特に間質性肺炎に合併した肺がんは間質性肺炎の診療経験を活かし、安全で質の高い治療を提供しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 58 6.74 6.17 0.00% 0.00
130010xx99x2xx 急性白血病 手術なし 手術・処置等2 2あり 37 5.76 13.47 0.00% 10.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 35 11.11 11.16 0.00% 0.00
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 1あり 35 9.11 11.21 2.86% 0.00
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 35 31.09 39.36 0.00% 9.51
小児科では7つの分野(血液・免疫、循環器、神経、内分泌、腎臓、膠原病、新生児)の専門医を形成し、看護師、チャイルドライフスペシャリスト、病棟保育士などを含めたチーム医療でお子さんの診療にあたっています。
新生児集中治療部では、産婦人科と協力を行いながら、早産低出生体重児(1500g以上)を中心として病気を合併されたお子さんの診療を行っています。
急性白血病を含めた小児がんのお子さんに対して全国共通の治療計画に則って化学療法を行っています。難治例に対しては造血細胞移植のほか、2019年度より遺伝子改変がん免疫療法「CAR-T細胞療法」を開始致しました。
そのほか、膠原病のお子さんには、サイトカインプロファイルやフローサイトメトリーによる免疫学的評価を行い、病勢に応じ生物学的製剤、免疫抑制剤、血漿交換などの治療を積極的に行っています。
難治性てんかんのお子さんは内科的治療以外にも、脳神経外科と協力して外科的治療も行っています。また難治性疾患の脊髄性筋萎縮症に対するアンチセンス核酸医薬品の使用を開始致しました。
その他、原発性免疫不全症に対して造血細胞移植療法を積極的に行っており、内分泌疾患(先天性副腎過形成、性分化疾患、原因不明の疾患の遺伝学的診断)、循環器疾患(先天性心疾患手術、肺動脈性肺高血圧症)、腎疾患(難治性ネフローゼ症候群)についても専門医による診療を行っています。
食道外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 85 9.35 9.34 0.00% 67.26
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 内視鏡的食道粘膜切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 81 4.35 8.78 2.47% 68.33
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 47 3.70 4.85 0.00% 71.68
060010xx99x41x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 あり 42 13.74 16.74 0.00% 68.55
060010xx01x1xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの等 手術・処置等2 1あり 32 31.16 36.09 0.00% 70.22
食道外科は、食道癌患者さんを中心に、診断から内視鏡治療、手術、化学療法、化学放射線治療、緩和ケアまで、あらゆる進行度の方に対する治療を行っています。合併症や重複癌のある方に対しても、最善の治療法を提供することを目指し、全国的にも有数の食道癌ハイボリュームセンターとして知られています。手術は開胸または胸腔鏡、腹腔鏡、縦隔鏡に加え、ロボット手術も積極的に行っています。また、頸部食道癌に対しては、喉頭回転法を用いた当科独自の術野展開法により、積極的に喉頭温存治療を行っています。食道癌はお酒が原因のことが多く、同時性、異時性に頭頸部癌を重複しやすいため、経鼻内視鏡による咽喉頭観察法を開発し、頭頸部表在癌を多数発見、頭頸部外科と合同で治療に当たっています。そけいヘルニアへの腹腔鏡手術もまた当科の特色であり、鏡視下手術で得たノウハウを食道癌手術の低侵襲化に生かしています。
胃外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 11.30 16.12 0.00% 69.08
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 17 12.35 19.31 0.00% 66.65
03001xxx97x00x 頭頸部悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 3.00 10.05 0.00% 65.54
060020xx03x0xx 胃の悪性腫瘍 試験開腹術等 手術・処置等2 なし - - 8.38 - -
060090xx01xxxx 胃の良性腫瘍 胃全摘術 単純全摘術等 - - 11.92 - -
当科で扱っている疾患は胃癌が中心ですが、胃粘膜下腫瘍(GISTなど)や胃・十二指腸潰瘍の良性腫瘍なども対象として扱っており、主に手術による治療を行っています。
胃の手術術式には様々な方法がありますが、病状に合わせた適切な術式を選択しています。最も古くから日本で腹腔鏡下胃切除術を始めた施設であり、様々な術式を腹腔鏡下手術で行う技術を有しています。また、ロボット手術も保険診療で行うことが可能であり、ロボット手術の割合は年々増加してきています。
2001年よりクリニカルパスを導入していること、手術合併症が少ないことなどから術後在院日数が非常に短いことが特長で、全国でも有数の成績となっています。
安全確実な治療と早期の社会復帰を提供できるよう診療を行っています。
大腸・肛門外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 9.80 15.02 2.17% 69.30
060040xx02000x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 9.83 15.48 0.00% 64.93
060040xx0210xx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 26 12.42 24.81 0.00% 59.31
060040xx01x0xx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 骨盤内臓全摘術等 手術・処置等2 なし 21 15.19 27.14 0.00% 72.29
060040xx03xx0x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。)等 定義副傷病 なし 20 8.35 12.59 0.00% 59.50
大腸・肛門外科では、大腸がん(結腸がん、直腸がん)を中心とする大腸悪性疾患、虫垂炎、憩室炎、腸閉塞などの良性疾患、また痔核や痔瘻などの肛門疾患を持つ患者さんの診療を担当しており、その中でも大腸がんに対する治療を多く行っています。また、潰瘍性大腸炎やクローン病といった難治性の炎症性腸疾患の患者さんに対する低侵襲治療も積極的に行っており、その手術件数は増加しています。
当科の特徴としては、直腸がんに対して全例でロボット支援下手術を行っていること、結腸がんに対しても低侵襲手術である腹腔鏡手術をほぼ全例で施行していること、DPC症例以外で結腸がんに対するロボット支援下手術も行っていることが挙げられます。また、直腸がんに対する手術においては、肛門温存率が高いことや、合併症が極めて少なく早期の退院ができていることから術後在院日数が短いことが挙げられます。
安全、かつ確実に治療を行い、患者さんが早期に社会復帰できるよう日々の診療に取り組んでいます。
消化器化学療法外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 43 4.23 4.40 0.00% 63.19
060020xx99x50x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 19 6.37 7.32 0.00% 64.37
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 12 4.50 4.36 0.00% 70.08
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病 なし 11 4.82 4.62 0.00% 59.18
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.79 - -
当科では大腸癌や胃癌などの消化管の悪性腫瘍に対する薬物療法を担当しています。年間延べ約180名の患者さんに対して癌薬物療法を行っています。通常は外来化学療法センターを使用して外来での通院治療を行いますが、治療の開始時や高齢の患者さん、遠方の患者さんについては、患者さんの希望に合わせて入院での治療を行っています。また、癌による症状の緩和を目的とした入院治療(放射線療法や鎮痛剤の調整など)も積極的に行っており、癌に対する薬物療法と緩和ケアを組み合わせてQOL向上を意識した治療を行っています。
肝胆膵外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
06007xxx010x0x 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 63 20.40 25.77 0.00% 62.56
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 49 10.22 9.79 0.00% 72.18
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 7.14 7.13 2.86% 63.31
060050xx02x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 11.29 13.74 2.86% 66.26
06007xxx9910xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 31 3.26 4.80 0.00% 63.87
当科では肝胆膵外科学会から認定された高度技能指導医、専門医を中心に高度先進的な医療に取り組んでいます。肝胆膵領域の悪性疾患は進行した状態で発見されることも多いのですが、化学療法や放射線療法も含めた集学的な治療を行うことにより、これまで手術が不可能であった患者さんに対しても手術の可能性を探っていく先進的な治療や、お身体への負担の少ない腹腔鏡手術も積極的に行っています。手術の適応とならない場合においても、新規化学療法や遺伝子診断、放射線治療を導入し、複数科との連携を密にして病状に最も適した治療法を提供しています。また神経内分泌腫瘍外来を併設しており、全国から多数の方が受診されています。先進的医療を行い新たな知見を数々生み出すとともに実臨床へと還元しています。当院での主な治療疾患は肝胆膵領域の悪性疾患ですが、良性疾患では胆のう結石症や肝嚢胞に対しての腹腔鏡手術なども行っており、合併症が少なく体への負担も少ない治療を数多く行っています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 98 11.99 10.34 0.00% 58.37
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 32 5.59 6.10 0.00% 64.28
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり - - 4.25 - -
090010xx99x8xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 8あり - - 4.87 - -
090010xx99x01x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 12.92 - -
乳腺外科は、主に乳癌治療に携わります。乳癌治療において、入院を要する治療は主に手術です。術式は、乳房切除、乳房部分切除、乳房切除+乳房再建があります。術式については、放射線診断科、放射線治療科、形成外科、病理診断科と合同カンファレンスを行い、決定しています。
また進行再発乳癌に対しても、化学療法や内分泌治療、放射線治療を組み合わせた集学的治療を行い、よりよいQOLを目指します。
末梢血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85 5.75 5.34 0.00% 74.80
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 34 12.18 11.75 0.00% 77.03
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 26 10.38 10.24 3.85% 72.12
050170xx97000x 閉塞性動脈疾患 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 11.74 - -
050163xx99000x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 8.28 - -
末梢血管外科の対象疾患である下肢閉塞性動脈硬化症は本邦において年々増加傾向にあり、当科でも同様の傾向にあります。下肢閉塞性動脈硬化症は全身の動脈硬化症の一部であり、本疾患を伴うことで、他の部位での動脈硬化症の合併も多く、よって治療においては全身的な管理、治療が必要となります。よってより体に負担の少ない治療、低侵襲治療が好まれ、当科でも体に負担の少ない治療(カテーテル治療;足の付け根から細い医療用器具を血管内にすすめて目標の血管を治療する方法)を積極的に行っています。一方でこの治療だけでは不十分であることも多く、患者さんによっては従来通りのバイパス手術を含めた外科的治療を行います。
また本邦での高齢化に伴い、動脈が太くなる病気、腹部大動脈瘤・腸骨動脈瘤も多くみられるようになりました。この治療に対しても従来は外科的治療が主流でしたが、先にも述べたように高齢の患者さんに対してはより負担の少ない治療としてカテーテル治療(ステントグラフト内挿術)を行っています。動脈瘤の治療は、患者さんの状態に応じた適切な治療方法を選択しており、手術前の十分な全身状態の評価を行い、耐術能がある患者さんに対しては開腹手術を、耐術能の乏しい患者さんに対してはステントグラフト内挿術を行っています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり - - 3.13 - -
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 - - 2.81 - -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.42 - -
140390xx01x0xx 食道の先天異常 食道狭窄拡張術等 手術・処置等2 なし - - 5.63 - -
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 - - 8.05 - -
開設後4年が経過し、スタッフ数、診療実績共に充実してきました。腹腔鏡下手術も併用しながら、それぞれの患児に最適な術式を選択し、低侵襲で創が目立たない手術を第一に考えています。小児の疾患数として多い、鼠経ヘルニア、陰嚢水腫、停留精巣、臍ヘルニア等の手術は、「日帰り」での入院・手術を安全に行っています。
また、表に記載されている以外にも、小児科をはじめとする他科からの依頼にて、中心静脈カテーテル挿入を年間50件以上行っています。小回りが利く組織であることを生かして、小児科とも密接に連携しながら患者背景に合わせたオーダーメイド的な治療を適切に選択しています。そのため合併症の少ない安全な治療を行えています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 136 16.15 21.53 22.06% 66.26
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 125 8.82 14.10 2.40% 31.16
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 103 19.86 23.56 48.54% 73.13
070341xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 手術なし 手術・処置等2 あり 58 2.09 3.07 0.00% 62.34
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 57 15.32 20.93 21.05% 72.39
加齢による変化やケガによって生じる全身の運動器障害は健康寿命を短縮させ、日常生活の質や生活動作に強く影響を及ぼします。当科ではそれぞれの運動器疾患に専門領域の医師がきめ細かい診断と治療を行っています。脊椎に生じる靭帯骨化症や脊柱管狭窄症に対しては、適切な術式選択を行ったのち、除圧術や固定術を併用した手術を行っています。また変形脊椎に対しても術前に脊髄造影検査など十分な検査を行ったのちに、矯正固定術を積極的に行っています。 高齢化社会に伴って増加する下肢の変性疾患である変形性膝関節症と変形性股関節症に対しては、早期に日常生活動作と除痛を獲得できるように、人工関節置換術を行い、良好な治療成績を得ています。また、若年者や比較的変性の程度が軽い方に対しては、関節温存手術である骨切り手術を行っています。さらにスポーツによる肩や膝関節の障害に対しての治療も得意としており、多くのスポーツ選手の手術を行い、競技復帰をサポートしています。 運動器疾患の幅広いニーズに対して、高い治療レベルで応えていく。それが我々東京医科歯科大学整形外科学・運動器外科学です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 58 19.16 21.14 3.45% 54.71
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 4.51 7.10 0.00% 31.80
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 14.03 9.67 19.35% 67.97
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 30 3.67 3.14 0.00% 38.83
010070xx01x0xx 脳血管障害 脳血管内手術等 手術・処置等2 なし 29 16.45 14.17 6.90% 31.41
当科では脳神経外科疾患全般を対象として、24時間体制で高度な医療を提供しています。従って、疾患の種類は、脳腫瘍、てんかん、頭部外傷、脳血管障害など多岐にわたっており、いずれも増加傾向にあります。もっとも入院患者数が多かった疾患は脳腫瘍でした。その内訳としては神経膠腫や髄膜腫、下垂体腫瘍が多く含まれています。頭頸部外科や形成外科など他科と合同で頭蓋底腫瘍の治療にあたっていることも患者数が多い理由です。
次に患者数の多い疾患はてんかんでした。これは当院がてんかんセンターが有していることが要因と考えられます。また、救急患者を24時間体制で受け入れているため、頭部外傷や脳血管障害(くも膜下出血や脳梗塞など)の入院件数が多くなっています。
その他の特徴として、歯学部附属病院からの紹介される三叉神経痛の患者数が多く、国内でもトップクラスの手術数を誇ります。
血管内治療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 75 2.07 3.01 0.00% 64.45
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 9.60 9.24 0.00% 65.91
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 29 2.45 3.14 0.00% 64.28
010070xx02x0xx 脳血管障害 経皮的頸動脈ステント留置術 手術・処置等2 なし 17 9.88 9.44 5.88% 71.24
050170xx99000x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.82 - -
当科の診断群分類別患者数で最も多いのは、未破裂脳動脈瘤に対する脳血管撮影検査です。未破裂脳動脈瘤の術前に詳細な評価を行い、脳神経外科との連携のもと最善の治療法を提案しています。その中で脳血管内治療(コイル塞栓術)が適していると判断した症例に対して治療を行っています。とくに、PIPELINEと呼ばれるステントを使用した巨大脳動脈瘤の治療件数は増加しています。その他、脳卒中センターのカンファレンスにおいて診断や治療方針の決定が困難な症例に対しても数多くの脳血管撮影を行っています。その他、虚血性疾患(脳梗塞など)の治療も積極的に行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 30 25.40 23.77 0.00% 66.40
050050xx0111xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 1,2あり 手術・処置等2 1あり 26 22.92 27.97 3.85% 67.15
050163xx01x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 13 34.46 28.02 7.69% 72.54
050163xx02x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 11 19.18 19.82 9.09% 64.73
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 11 16.91 15.67 0.00% 76.45
心臓血管外科では、弁膜症手術や冠動脈バイパス手術、大動脈手術、ステントグラフト手術を数多く実施しています。大学病院という性格上、近隣より重症患者が集まる傾向が強く、近年では複合手術(弁膜症とバイパス手術の同時手術など)が増加しています。
弁膜症手術では自分の弁を温存する弁形成術を積極的に行っており、一度に複数の弁を手術することがほとんどです。3次元内視鏡を用い、小さな創で手術を行う低侵襲手術も手がけています。
また冠動脈バイパス手術では人工心肺を用いない、身体に優しい心拍動下バイパス手術を行っています。他にも一般の施設では対応困難な重症心不全に対する補助人工心臓手術に加え、子供から大人までの先天性心疾患手術も行っています。
心臓血管外科では急性大動脈解離などの緊急手術にも24時間、365日対応しています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 193 10.79 11.51 0.52% 68.33
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 8.53 10.18 0.00% 35.35
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 13 7.38 9.75 0.00% 68.85
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 手術あり 13 6.77 8.34 0.00% 55.92
040050xx99x4xx 胸壁腫瘍、胸膜腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 12 9.92 10.85 0.00% 71.83
呼吸器外科の最大対象疾患は肺癌です。原発性肺癌に対して治癒を目指す外科治療を行います。早期肺がんに対して低侵襲の完全鏡視下手術で早期回復早期退院を目指し、局所進展肺癌に対して隣接臓器合併切除の拡大手術を行います。予後の悪い局所進行肺癌に対して術前化学療法放射線療法ののちに完全切除を目指し集学的治療を行います。気胸や低悪性度の縦隔腫瘍に対して低侵襲な鏡視下手術(胸腔鏡またはロボット支援)を行います。難治性の縦隔悪性腫瘍や悪性胸膜中皮腫に対して外科的完全切除や胸膜全摘除術に化学療法や放射線治療を加える集学的治療を行います。いずれの外科治療においても在院期間の短縮に努めています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 175 2.97 2.49 0.00% 69.06
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 140 8.01 7.07 0.00% 71.66
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 81 15.35 10.65 0.00% 72.00
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 52 12.87 11.14 0.00% 60.96
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 50 11.66 12.18 0.00% 65.78
当科では泌尿器がんに対する診療に最も力を入れています。
前立腺がんに対しては、最新のMRI/超音波融合生検により、個々の患者さんのリスク評価を高い精度で行っています。リスク分類や患者さんの状態に基づき、積極的監視療法、密封小線源療法による前立腺部分治療、IMRTによる放射線治療、あるいは手術(主にロボット支援前立腺全摘除)などを適切に選択しています。
筋層非浸潤膀胱がんに対しては、再発、進展を予測する新しいモデルを開発し、適切な診療方針決定に役立てています。また、光線力学診断 (PDD) を用いた経尿道的膀胱腫瘍切除術を行っています。筋層浸潤膀胱がんに対して膀胱温存と生存率向上の両者を目的に、ミニマム創内視鏡下膀胱部分切除もしくは膀胱全摘除を組み込んだ集学的治療を開発、実践しています。膀胱全摘除はロボット支援手術も開始しました。
腎がんに対してはミニマム創内視鏡下無阻血腎部分切除を積極的に行っており、安全性、低侵襲性および、機能温存性を達成しています。
進行がんに対しては、患者さんの病状に応じて、化学療法、分子標的療法、免疫療法、内分泌療法など、最適な治療を提供しています。
周産・女性診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 91 5.57 6.09 0.00% 42.00
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 59 2.59 4.58 0.00% 62.32
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2 なし 55 2.89 3.13 0.00% 41.71
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 46 8.85 9.71 2.17% 46.20
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 42 2.98 2.90 0.00% 42.71
新生児集中治療室を備えた地域周産期センターを担っており、正常分娩のみではなく、妊娠28週前後の症例や緊急性の高い母体搬送も受け入れており、母体合併症や胎児異常などの様々な診療科との連携が必要なハイリスク分娩を多く取り扱っています。
良性疾患に対しては患者様への負担が少なく、入院日数の短い(6日間の入院)腹腔鏡手術を主に行っています。また開腹を必要とする良性疾患、悪性腫瘍の手術も積極的に行っています。初期の子宮体癌に対しては患者様に体の負担が少ないロボット支援下手術を取り入れております。不妊の原因となるような子宮筋腫、子宮内膜ポリープなどに対する子宮鏡手術、また高度生殖補助医療(体外受精・顕微授精)、妊娠後の健診や分娩管理を同一施設で一貫して行い、患者様の負担の少ないスムーズな治療を提供しています。また乳がんや造血器悪性腫瘍などのために妊孕性温存を希望される方に対しては、妊孕性温存のため卵子凍結、胚凍結を積極的に行っています。
また、中高年女性の健康管理を専門とする外来を設け、QOL を主眼とした治療を行っており、骨量測定やホルモン補充療法を数多く行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080220xx99xxxx エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害 手術なし 124 4.23 4.05 0.00% 30.82
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 61 3.48 3.52 0.00% 45.80
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1 なし 54 3.67 2.48 0.00% 38.11
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 36 7.08 7.90 0.00% 72.92
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 33 7.82 9.00 0.00% 64.55
皮膚科では、発汗異常外来を開設しており、多汗症や減汗症・無汗症の患者様を数多く診察しています。特に厚労省の指定難病である特発性後天性全身性無汗症(AIGA)が疑われる場合には、入院をして数日かけて全身精査を行い、診断及びステロイドパルス療法などの治療方針を決定します。AIGAを中心とした入院患者数は昨年と比較して増加しています。
また、アレルギー先端治療センターの開設により薬物中毒(薬剤アレルギー、薬疹)や、食物アレルギー患者のプリックテスト・負荷試験などの検査入院患者数が増加しています。今後、さらにアレルギー検査入院数が増加する見込みです。
さらに、腫瘍専門外来においては、皮膚の良性腫瘍、悪性腫瘍に対して手術や薬物療法などを幅広く行っています。近年は悪性黒色腫に対する免疫チェックポイント阻害薬や分子標的療法などの目的で入院される方も多くなっています。がんゲノム診療科と協力し、先進医療に指定される網羅的がん遺伝子検査を行い、治療薬の候補を探す試みも行っています。
形成・美容外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 44 2.98 3.10 0.00% 66.27
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 41 7.46 6.48 0.00% 51.39
090040xx97xxxx 乳房の形態異常、女性化乳房、乳腺症など その他の手術あり 30 5.20 4.96 0.00% 33.33
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 25 4.96 5.26 0.00% 49.84
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 手術なし 17 2.88 3.92 0.00% 2.06
形成外科では自科単独で行う治療とともに、他科と連携して行う治療も需要な比重を占めます。当科では、本学の外科系各科のアクティビティーの高さを反映し、頭頸部癌、乳がんなど腫瘍切除後の再建手術、その後の二次再建手術の症例数が多いのが特徴です。
乳房再建は20年以上の実績があり、人工物再建の他、遊離穿通枝皮弁による自家組織再建も増加しており、乳頭再建、刺青まで一貫した治療が可能です。女性化乳房でお困りの男性の治療も行っています。
顔面の変形では、眼瞼下垂をはじめ、眼瞼痙攣および顔面神経麻痺の再建を行っています。顔面神経麻痺では静的だけでなく動的再建、ボツリヌス療法も行い自然な笑顔を取り戻します。顔面外傷の症例も多く、顔面骨骨折や軟部組織損傷の治療にも積極的に携わっています。
腫瘍性疾患としては、母斑・血管腫などのレーザー治療のほか、皮膚科と連携した皮膚がんの外科的治療も数多く行っています。
形成外科では体表の整容性と良好な機能を追求し、患者さんのQOL向上に寄与しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 869 2.71 2.78 0.00% 70.75
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 165 7.02 7.53 0.00% 63.99
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 80 8.35 9.33 0.00% 60.54
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 71 6.66 6.71 0.00% 65.42
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 39 7.26 5.95 0.00% 62.92
白内障、水晶体の疾患に対する手術は、主にいわゆる白内障手術を指します。当院では眼合併症や全身合併症を有する患者さんが多いため、入院での加療を原則としています。
緑内障手術には、線維柱帯切除術、線維柱帯切開術などの術式が含まれます。いずれも術後に綿密な経過観察と、時に処置を要するため、手術後の一定期間の入院が必要です。
網膜剥離手術には、硝子体手術、強膜バックリング手術のいずれかまたは両者が行われます。
黄斑、後極変性手術は、主に網膜前膜や黄斑円孔を対象として行われる手術です。
硝子体疾患手術は、主に硝子体出血や混濁に対する硝子体手術を指します。原因不明の硝子体混濁に対しては、術中または術後にそれらの原因疾患を調べ、更なる診療を行なっています。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 170 6.74 33.17 0.59% 62.04
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 111 9.49 13.11 1.80% 66.75
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 71 4.15 7.85 0.00% 56.80
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 62 6.66 7.24 0.00% 47.79
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 50 5.16 6.80 0.00% 58.76
当院は非常に多数の頭頸部悪性腫瘍を治療しています。進行癌においても拡大切除により大幅な機能低下が見込まれる状況では、化学療法や放射線治療を用いた機能温存治療を行っています。拡大切除が必要な症例に対しては形成外科と連携して拡大切除・同時再建手術を行っています。
頭蓋底浸潤症例には脳神経外科と連携して頭蓋底手術を行っています。一方、早期癌の特に表在癌に対しては、低侵襲手術である内視鏡的咽喉頭手術(ELPS: endoscopic laryngo-pharyngeal surgery)を食道外科と合同で積極的に行っています。あらゆる頭頸部癌治療を行うことが出来るのが当院の特徴です。
また、顕微鏡に加え、4K内視鏡を導入した低侵襲の内視鏡下耳科手術、人工内耳を含む内耳手術、外耳道癌やその他の側頭骨腫瘍、頸静脈孔腫瘍などの頭蓋底手術も施行しています。術中CTを用いた高精度ナビゲーションも導入し、高難易度手術の安全性を担保しています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx99x2xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 66 12.58 32.25 0.00% 70.03
12002xxx99x2xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり - - 16.02 - -
03001xxx99x00x 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 13.36 - -
03001xxx97x00x 頭頸部悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 10.05 - -
120030xx99x2xx 外陰の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり - - 31.61 - -
放射線治療科は小線源治療の専用病室を有し、舌癌をはじめとした早期の口腔癌・中咽頭癌に対する低線量率密封小線源治療を行っています。この治療が行える病院は少なく、当科の入院患者さんのほとんどがこの小線源治療目的です。局所麻酔で可能な、体への負担が少ない治療ですが周囲の方への被ばくをさけるために数日から1週間程度の入院が必要となります。頭頸部外科や歯学部付属病院など関係する各科と連携して治療にあたっています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 63 5.97 7.34 30.16% 62.87
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 1.83 3.52 0.00% 37.33
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 40 6.65 9.67 35.00% 65.90
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 3.71 7.10 25.71% 59.20
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 7.87 10.49 16.67% 68.23
外傷性/非外傷性の頭蓋内出血や脳損傷に対しては必要時に適切なタイミングで手術が受けられるよう脳神経外科医と連携しつつ、再発の防止や早期のリハビリ開始を念頭に置いた管理を行っています。自殺企図による過量服薬の患者さんは、ときに致死的な不整脈や誤嚥を生じることがあります。注意深い全身管理を行うとともに早期の精神科医師による評価も行い、再企図の防止にも努めています。てんかんの重積状態に対しては、ときに人工呼吸器管理を含めた全身管理が必要となります。また背景に中枢神経感染症や代謝性疾患などが隠れていることもあり、これらを見逃さないよう専門家と連携した医療を提供しています。吐血などで救急搬送される消化管潰瘍の患者さんに対しては24時間365日緊急内視鏡止血術に対応可能であり、重症貧血例での緊急輸血はもちろん難治性ケースでは遅滞なく血管内治療や手術を提供できる体制が整っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 123 28 15 23 - 30 1 7
大腸癌 82 37 75 31 16 122 1 7
乳癌 83 57 13 - - 24 1 7
肺癌 143 33 58 77 - 75 1 7
肝癌 - 21 21 - - 110 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
がんのうち患者数の多い上記5つの癌について、がんの進行度であるUICC※2病期分類という国際分類別に集計したものです。
当院はがん診療連携拠点病院※3に指定されており、専門的ながん医療の提供、がん診療の地域連携協力体制の構築、がん患者・家族に対する相談支援及び情報提供等を行っています。
当院では「がんゲノム診療科」があり、標準治療で進行または進行見込みの患者さんに対して、遺伝子変異を調べ、変異に基づいた治療を提供しています。がんゲノム検査は2019年より保険診療で出来るようになりました。保険診療での診断、治療の他にも、最先端の診断法、治療法の研究も行っています。
その他にも緩和ケアの導入も含めた緩和医療の提供のために、緩和ケア部門が設立され、その機能充実を図っています。

※UICC:1933年に設立された、世界的な広がりを持つ民間の対がん組織連合で、ジュネーブに本部を置き、現在は世界の155カ国から800団体が参加している。
※2 UICC TNM分類:がんの進行度を一定の基準を設けて分類したもの。
T=腫瘍、N=リンパ節、M=転移という意味で、腫瘍の大きさ、リンパ節にどれくらい転移しているか、他の臓器や組織に転移しているかという3つのカテゴリーから  
Stage分類している。
※3 がん診療連携拠点病院:全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、全国にがん診療連携拠点病院を402箇所(都道府県がん診療連携拠点病院51箇所、地域がん診療連携拠点病院(高度型)47箇所、地域がん診療連携拠点病院275箇所、地域がん診療連携拠点病院(特例型)26箇所、特定領域がん診療連携拠点病院1箇所、国立がん研究センター2箇所)、地域がん診療病院を45箇所、指定されています(令和2年4月1日現在)。さらに、ゲノム医療を必要とするがん患者が、全国どこにいても、がんゲノム医療を受けられる体制を構築するため、全国にがんゲノム医療中核拠点病院を12箇所、がんゲノム医療拠点病院を33箇所指定し、がんゲノム医療連携病院を161箇所公表しています。(令和2年4月1日現在)。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 7.19 50.00
中等症 82 16.33 74.07
重症 22 16.82 78.09
超重症 12 16.17 84.08
不明 - - -
市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人が発症する肺炎です。市中肺炎は次の様に定義されます。
・90日以内に入院歴がない。
・療養病床に入院しておらず、介護施設に入所していない。
・介護を必要とする高齢者、身体障害者でない。
・継続的な血管内治療(透析、抗菌薬、化学療法、免疫抑制薬など)を受けていない。

重症度はこの病気で一般的に用いられているA-DROPスコアを使用します。年齢(Age)、脱水(Dehydration)、呼吸(Respiration)、意識(Orientation)、血圧(Pressure)の5つを点数化して病気の重症度を評価します。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 136 20.64 68.55 39.87%
その他 22 20.45 66.64 4.43%
脳梗塞とは脳を栄養する動脈が閉塞して起こる疾患です。閉塞した動脈により、麻痺や言語障害、認知機能障害、意識障害など多彩な 障害が出現し多くの後遺症が残ります。閉塞した血管をできるだけ早く再開通させることで、後遺症を取り除いたり、軽くすることができるため、当院では脳血管障害に対して迅速に対応できる診療体制のもと、境界領域の困難な症例に対しても、複数の診療科が協力して積極的な治療を行っております。
一般的な脳梗塞の他に、もやもや病など特殊な脳血管疾患の治療も行っております。脳卒中地域連携パスを使用し、近隣のリハビリ病院や他病院と患者さんの情報を共有することで、よりスムーズにリハビリテー ションや退院後の治療が提供できるようにしております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 等 11 7.27 1.91 0.00% 50.91
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6262 リンパ節摘出術 長径3センチメートル以上 - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
血液内科では特定機能病院として悪性リンパ腫、急性白血病、多発性骨髄腫といった造血器悪性腫瘍を中心とし、再生不良性貧血、溶血性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、凝固異常症などの疾患についてもバランスよく診療しています。多発性骨髄腫や難治性悪性リンパ腫に対しては、若年者であれば積極的に自家末梢血幹細胞移植を施行し、急性白血病に対しては同種増血細胞移植を施行しています。関東でも数少ないCAR-T細胞治療認定施設であり、各部署と連携して治療を提供させていただいています。
時として診断が困難な造血器腫瘍においても各科と連携しつつ生検など検査を行い、速やかな治療につなげています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 等 69 5.55 8.13 0.00% 67.52
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 63 0.46 1.41 1.59% 71.81
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 等 - - - - -
K6312 腹壁瘻手術(腹腔に通ずる) - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
当科では保存期慢性腎臓病(CKD)から透析に至るまで我々腎臓内科医が包括的に治療を行う方針としています。
血液透析に必要な内シャント造設術は当科で実施しています。血管が乏しくシャント造設が困難なケースは末梢血管外科と協力して治療を行っています。透析導入後のシャントトラブルついては「透析合併症外来」にてスクリーニング検査を施行し、シャント狭窄やシャント閉塞が疑われた際には、超音波ガイド下あるいは透視下にて経皮的血管拡張術(シャントPTA)を積極的に実施しています。腹膜透析を行うための腹膜灌流カテーテルの留置・抜去についても、当科で手術を実施しています。また、耳鼻咽喉科の協力のもと、IgA腎症に対する扁桃摘出・ステロイドパルス療法も積極的に行っています。
総合診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
K0841 四肢切断術 上腕、前腕、手、大腿、下腿、足 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢) - - - - -
総合診療科では、感染症など急性期内科疾患から悪性腫瘍末期の看取りに至るまで、特定の臓器に偏らない幅広い領域の疾患群に対応しています。複数の疾患を合併する症例に対しては、院内の他専門診療科とも連携しながら、質の高い高度急性期医療を提供します。また、超高齢者社会のニーズに合わせ、総合診療科と整形外科が連携し、合併症の多い高齢者の大腿骨頸部骨折治療にも関わり、手術内容や患者さんの基礎疾患に応じて、周術期管理や環境調整を行っています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 222 0.37 1.16 0.00% 67.89
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 138 1.14 5.63 0.00% 67.11
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 等 85 1.06 5.47 0.00% 72.61
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 39 1.21 10.62 0.00% 75.69
K735-2 小腸・結腸狭窄部拡張術(内視鏡によるもの) 等 32 1.75 3.38 0.00% 45.47
当科は炎症性腸疾患、肝疾患、内視鏡治療を重点において診療にあたっています。当科における炎症性腸疾患患者の受診数は全国有数の規模であり、できるだけQOLを重視した外来での治療を推進しています。そのため、入院加療に至る患者さんが他の疾患に比べて少なく、入院した場合でも長期入院が少ないのが特徴です。肝疾患については、ウィルス肝炎のみならず脂肪肝炎などの非ウイルス性肝疾患、および肝硬変・肝癌を対象とした治療を積極的に行っています。肝癌の治療に際しては病状に応じてラジオ波焼灼術・肝動脈化学塞栓術・経口抗癌剤等、患者さんごとにより適切な方法を選択し、治療を行っています。内視鏡はシングルバルーン内視鏡を駆使して小腸疾患の診断に加えて狭窄拡張術や止血、病変切除などの治療にあたっています。また、上部・下部内視鏡ではESDを中心として悪性腫瘍の切除を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 等 387 1.38 2.54 0.52% 63.29
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 等 106 1.58 2.89 0.94% 58.73
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 等 104 2.11 2.86 0.96% 67.43
K599-51 経静脈電極抜去術(レーザーシースを用いる) 50 5.28 14.12 58.00% 70.28
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 等 46 2.65 6.93 4.35% 72.93
循環器内科では、不整脈治療として、頻脈性不整脈疾患に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術を数多く行っています。これは、足の付け根の血管から心臓にカテーテルを挿入して、心筋を焼灼することにより治療するもので、日本におけるこの領域のトップランナーとして多くのご紹介を頂いています。また当科の特色として、感染を起こしたペースメーカーリードなどに対して、レーザーシースを用いて行う「リード抜去術」も積極的に行っています。心筋梗塞や狭心症など虚血性心疾患に対しては、カテーテル検査(経皮的冠動脈造影)と治療(経皮的冠動脈ステント留置術や経皮的冠動脈形成術)を行っています。また特殊治療としてエキシマレーザー血管形成用カテーテルを用いた経皮的冠動脈形成術に加え、ロータブレーターやダイアモンドバックを用いた冠動脈形成術も積極的に行っています。徐脈性不整脈に対するペースメーカーの植え込み術は、従来のリード線があるタイプに加え、リード線が不要のリードレスペースメーカーの植え込みについても行っています。致死性の頻脈性不整脈に対する植込型除細動器については、従来の経静脈植え込み型に加え、血管内にリードを入れない皮下植込み型についても行い、多くの先進的治療を展開しています。
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K403-23 嚥下機能手術(喉頭気管分離術) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 - - - - -
脳神経内科では、全身の筋力低下や筋萎縮の原因となる筋萎縮性側索硬化症をはじめとした運動ニューロン疾患、歩行障害や手足の震えの原因となるパーキンソン病や関連疾患、さらに意識障害や痙攣を来す急性脳炎などといった、神経難病診療(国の指定難病に指定されている疾患を含む)に力を入れています。これらの疾患は重症化あるいは進行すると嚥下障害や呼吸機能の低下を来すことがあり、複数の診療科と連携して胃瘻造設や喉頭気管分離術、気管切開術などを行い、誤嚥性肺炎などの合併症を減らし、ADLを向上させる努力をしています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 等 16 0.00 13.63 0.00% 0.00
K5761 心室中隔欠損閉鎖術(単独) 等 10 3.80 10.50 0.00% 0.40
K5741 心房中隔欠損閉鎖術(単独) 等 - - - - -
K563 肺動脈絞扼術 - - - - -
K9212ロ 末梢血単核球採取(チサゲンレクルユーセル投与予定) 等 - - - - -
産婦人科と連携し、胎児の状態に応じて迅速な帝王切開術の決定を行っております。出生されたお子さんには、小児科医師立会いの下、重症度に対応した蘇生術を行っております。
心室中隔欠損や心房中隔欠損を代表とする先天性心疾患では、心臓カテーテル検査や心臓超音波検査などによる検査を行い、治療方針を決定します。また2019年度より、新生児期に行う姑息手術(肺動脈絞扼術、Blalock-Taussig短絡手術)も開始致しました。
2019年度より、難治性のB細胞性急性リンパ芽球白血病に対して遺伝子改変がん免疫療法「CAR-T細胞療法」を開始致しました。
食道外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 等 64 0.33 3.22 1.56% 66.41
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 34 1.21 1.53 0.00% 71.18
K374 咽頭悪性腫瘍手術(軟口蓋悪性腫瘍手術を含む。) 28 1.00 3.36 0.00% 67.93
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 等 15 3.47 15.07 13.33% 67.53
K526-21 内視鏡的食道粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜切除術 14 0.00 1.86 0.00% 69.36
食道外科が扱う疾患では食道癌、頭頸部表在癌、鼠経ヘルニアがおもな治療対象です。手術においては縦隔鏡や胸腔鏡、腹腔鏡を用いて低侵襲化を図るとともに、最近ではロボット手術を導入しています。また、古くから食道癌の早期診断や内視鏡治療を開始し、外科手術だけでなく、内視鏡治療にも明るいのが当科の特色です。食道癌に重複しやすい頭頸部癌の早期診断にも積極的に取り組んでおり、見つかった頭頸部表在癌の内視鏡治療を頭頸部外科と合同で治療を行っています。また頸部食道進行癌の手術においても喉頭を残す手術手技を開発し実践しています。
胃外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術)(内視鏡手術用支援機器使用) 等 30 1.67 8.33 0.00% 70.27
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 等 14 1.00 1.43 0.00% 66.57
K657-22 腹腔鏡下胃全摘術(悪性腫瘍手術)(内視鏡手術用支援機器使用) 等 12 1.75 15.83 0.00% 64.33
K6572 胃全摘術 悪性腫瘍手術 等 - - - - -
K636-3 腹腔鏡下試験開腹術 - - - - -
当科では、胃癌を中心に胃粘膜下腫瘍(GISTなど)、胃・十二指腸潰瘍など胃の疾患を扱っています。
手術による治療が主で、病状に合わせた適切な術式を選択し、それぞれの患者様に最適な治療を提供しています。
腹腔鏡下手術に関しては、日本で最も古くから取り組んできた施設の1つであり、多くの経験を活かして病期に合わせた術式を選択しています。また、ロボット手術も積極的に導入しています。
2001年よりクリニカルパスを導入していること、手術合併症が少ないことなどから術後在院日数が非常に短いことが特長で、全国でも有数の成績となっています。
大腸・肛門外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術・手術用支援機器使用) 等 79 2.67 7.11 1.27% 60.27
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 53 2.30 7.17 1.89% 69.79
K7322 人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴う) 等 35 1.37 7.11 0.00% 52.34
K740-23 腹腔鏡下直腸切除・切断術(切断術)(内視鏡手術用支援機器使用) 等 21 2.71 9.19 0.00% 71.38
K719-21 腹腔鏡下結腸切除術(小範囲切除、結腸半側切除) 等 18 7.50 9.94 0.00% 55.78
大腸・肛門外科では、小腸、大腸、肛門の良性疾患から悪性疾患まで多彩な手術治療を担当しており、2019年度は、390件を超える手術件数を実施しました(National Cliincal Databaseへの登録件数)。大腸がんの手術は約190件で、その内、直腸がんに対しては全例でロボット支援下手術を導入しており、結腸がんに対してもほぼ全例で腹腔鏡下手術を行っています。低侵襲手術を積極的に取り入れて、安全に手術を行っており、その結果、術後合併症の低減と術後の早期退院を達成しています(平均術後日数参照)。また、DPC症例以外で結腸がんに対するロボット支援下手術も積極的に行っています。
その他、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)に対する手術も増えており、侵襲の少ない手術を目指し、ほぼ全例で腹腔鏡下に手術を施行しています。また、大腸ポリープ(腺腫などの良性腫瘍、早期大腸がん)に対する内視鏡治療も行っています。
消化器化学療法外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 21 0.00 6.62 0.00% 60.95
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 11 1.91 16.91 9.09% 66.00
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
当科では処置のために入院することがあります。
消化器癌の薬物療法では中心静脈ポートを留置してして治療を行う場合があり、適宜、入院していただき、薬物療法の治療スケジュールに合わせてポートの留置手術を行っています。また、栄養管理のために中心静脈ポートを必要とする方にもポート留置を行っています。
癌のために腹水や胸水がたまったり、胆汁の流れ道(胆管)や尿の流れ道(尿管)が狭くなって症状を引き起こしたりすることがあります。このような場合には、当科が中心となって、消化器内科や泌尿器科と連携し治療を行っています。速やかに適切な治療を提供するとともに、患者さんの負担を軽減することを目指しています。
肝胆膵外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 62 1.52 5.03 1.61% 61.65
K702-21 腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術 脾同時切除の場合 等 31 2.48 12.65 0.00% 62.58
K7032 膵頭部腫瘍切除術 リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合又は十二指腸温存膵頭切除術の場合 等 27 2.96 26.22 0.00% 62.67
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 27 2.30 7.44 0.00% 72.44
K695-21 腹腔鏡下肝切除術 部分切除 等 22 2.36 7.18 0.00% 63.91
当科では肝胆膵外科学会から認定された高度技能指導医、専門医を中心に高度先進的な医療に取り組んでいます。肝胆膵領域の悪性疾患は進行した状態で発見されることも多いのですが、化学療法や放射線療法も含めた集学的な治療を行うことにより、これまで手術が不可能であった患者さんに対しても手術の可能性を探っていく先進的な治療や、身体への負担の少ない腹腔鏡手術も積極的に行っています。手術の適応とならない場合においても、新規化学療法や遺伝子診断、放射線治療を導入し、複数科との連携を密にして病状に最も適した治療法を提供しています。また神経内分泌腫瘍外来を併設しており、全国から多数の方が受診されています。先進的医療を行い新たな知見を数々生み出すとともに実臨床へと還元しています。当院での主な治療疾患は肝胆膵領域の悪性疾患ですが、良性疾患では胆のう結石症や肝嚢胞に対しての腹腔鏡手術なども行っており、合併症が少なく体への負担も少ない治療を数多く行っています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等 66 1.20 9.55 0.00% 60.83
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等 32 1.31 3.28 0.00% 64.28
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 等 26 1.08 11.73 0.00% 55.50
K6274 リンパ節群郭清術 腋窩 等 - - - - -
K4741 乳腺腫瘍摘出術 長径5センチメートル未満 等 - - - - -
乳腺外科では主に乳癌治療に取り組んでいます。乳癌の手術術式は、乳房切除、乳房部分切除、乳房切除+乳房再建があります。
術式については、放射線診断科、放射線治療科、形成外科、病理診断科と合同カンファレンスを行い、決定しています。進行乳癌に対しては、手術前に抗がん剤治療を行い、腫瘍を縮小し、切除範囲を小さくする方法を選択する場合もあります。腋の下のリンパ節(腋窩リンパ節)については、80%以上の症例にセンチネルリンパ節生検を行い、適切な郭清範囲を手術中に判断しています。乳房再建については、20年以上の経験を基に、積極的に1次再建(乳癌手術と同時に乳房再建を行う)に取り組んでいます。
末梢血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 118 1.80 6.92 0.85% 73.97
K5612ロ ステントグラフト内挿術 1以外の場合 腹部大動脈 29 3.03 9.59 0.00% 76.48
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 等 13 1.15 2.23 7.69% 62.23
K6093 動脈血栓内膜摘出術(その他) 12 3.58 11.33 8.33% 74.17
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの) - - - - -
末梢血管外科では心臓と脳を除く全身の血管を治療対象としていますが、その多くが下肢閉塞性動脈硬化症と腹部大動脈瘤・腸骨動脈瘤です。
下肢閉塞性動脈硬化症においては、体に負担の少ない治療として局所麻酔での治療を積極的に行っています。これは足の付け根から細い医療用器具を血管内にすすめて目的の血管を治療する方法、いわゆるカテーテル治療です。この方法でより患者さんに負担が少なく従来通りの治療成績を得ることができ、さらに入院期間の短縮も可能となります。一方で患者さんの状態によってはカテーテル治療では不十分なこともあり、さらには虚血症状の高度な足に傷、例えば潰瘍や壊疽を伴う患者さんに対しては、下肢切断を回避するためにもカテーテル治療に加えて、外科的血行再建術(動脈内膜摘除術、バイパス手術)、および局所の創の管理、治療を行い、これらの治療を組み合わせた集学的治療で下肢切断の回避を目指しています。
腹部大動脈瘤・腸骨動脈瘤の治療においては、先の動脈硬化症と同様で、本邦での高齢化に伴い、より負担の少ない治療であるカテーテル治療(ステントグラフト内挿術)を積極的に行っています。ステントグラフト内挿術は従来の開腹手術と比較して体に負担が少ないことが特徴ですので、合計10日前後での入院期間を基本としています。
また腹部大動脈瘤・腸骨動脈瘤のみでなく、腹部大動脈より枝分かれした動脈、具体的には腎臓を栄養する腎動脈や脾臓を栄養する脾動脈にも動脈瘤ができることがあり、こういった部位に発生した動脈瘤に対しては内臓への血流を温存しつつ動脈瘤の破裂を予防するために塞栓術(動脈瘤の中に詰め物をして破裂を予防する方法)を行っています。これも低侵襲かつ、確実性の高い治療としてカテーテル治療が位置づけられています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K836 停留精巣固定術 - - - - -
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等 - - - - -
K5223 食道狭窄拡張術(拡張用バルーン) 等 - - - - -
K6333 臍ヘルニア手術 - - - - -
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - - - - -
開設後4年が経過し、スタッフ数、診療実績共に充実してきました。腹腔鏡下手術も併用しながら、それぞれの患児に最適な術式を選択し、低侵襲で創が目立たない手術を第一に考えています。小児の疾患数として多い、鼠経ヘルニア、陰嚢水腫、停留精巣、臍ヘルニア等の手術は、「日帰り」での入院・手術を安全に行っています。
また、表に記載されている以外にも、小児科をはじめとする他科からの依頼にて、中心静脈カテーテル挿入を年間50件以上行っています。小回りが利く組織であることを生かして、小児科とも密接に連携しながら患者背景に合わせたオーダーメイド的な治療を適切に選択しています。そのため合併症の少ない安全な治療を行えています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 等 251 1.82 15.07 33.07% 69.11
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 等 69 1.94 14.45 31.88% 73.04
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 等 60 1.00 7.22 1.67% 28.17
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 等 52 4.56 19.00 53.85% 67.67
K069-3 関節鏡下半月板縫合術 49 0.96 5.12 4.08% 36.49
加齢による変化やケガによって生じる全身の運動器障害は健康寿命を短縮させ、日常生活の質や生活動作に強く影響を及ぼします。当科ではそれぞれの運動器疾患に専門領域の医師がきめ細かい診断と治療を行っています。脊椎に生じる靭帯骨化症や脊柱管狭窄症に対しては、適切な術式選択を行ったのち、除圧術や固定術を併用した手術を行っています。また変形脊椎に対しても術前に脊髄造影検査など十分な検査を行ったのちに、矯正固定術を積極的に行っています。 高齢化社会に伴って増加する下肢の変性疾患である変形性膝関節症と変形性股関節症に対しては、早期に日常生活動作と除痛を獲得できるように、人工関節置換術を行い、良好な治療成績を得ています。また、若年者や比較的変性の程度が軽い方に対しては、関節温存手術である骨切り手術を行っています。さらにスポーツによる肩や膝関節の障害に対しての治療も得意としており、多くのスポーツ選手の手術を行い、競技復帰をサポートしています。 運動器疾患の幅広いニーズに対して、高い治療レベルで応えていく。それが我々東京医科歯科大学整形外科学・運動器外科学です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 等 66 5.85 24.91 12.12% 57.68
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 43 0.79 13.40 23.26% 71.02
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 等 31 1.16 28.19 41.94% 60.65
K160-2 頭蓋内微小血管減圧術 26 2.50 10.00 0.00% 60.46
K610-2 脳新生血管造成術 23 3.57 11.48 4.35% 28.91
脳神経外科では脳・脊髄神経系の外科治療全般を行っており、24時間体制で高度な医療を提供しています。手術の内訳としては、脳腫瘍の手術がもっとも多く、増加傾向にあります。脳腫瘍手術の内訳は神経膠腫や髄膜腫が多く、他科からの紹介による転移性脳腫瘍に対する手術も増加しています。また、下垂体腫瘍に対する経鼻的手術や、頭頸部外科や形成外科など他科と合同で執刀にあたる頭蓋底腫瘍を得意としています。
その他として、くも膜下出血に対するクリッピング術などの脳血管障害の急性期手術や頭部外傷に対する緊急手術が多く、これは24時間体制で救急患者を受け入れていることに由来しています。また、歯学部附属病院からの紹介による三叉神経痛の患者数が多いことが特徴であり、微小血管減圧術は国内でもトップクラスの手術数を誇ります。もやもや病の症例も多く、特に小児虚血例に対する集学的治療、間接血行再建術(新生血管造成術)については豊富な経験を有しています。
血管内治療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1781 脳血管内手術 1箇所 等 29 1.76 26.72 20.69% 64.83
K178-4 経皮的脳血栓回収術 22 0.14 27.32 63.64% 72.36
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 21 3.14 7.29 9.52% 69.67
K1783 脳血管内手術 脳血管内ステントを用いるもの 等 21 2.29 8.38 9.52% 62.90
K178-2 経皮的脳血管形成術 - - - - -
当科では未破裂脳動脈瘤に対する脳血管内手術(コイル塞栓術)の症例が最も多く、動脈瘤の部位、形状を考慮した上で再破裂予防に最も効果的かつ安全な方法で手術を行っています。とくに脳血管内ステントを併用したコイル塞栓術、大型動脈瘤に対してPIPELINEと呼ばれるステントのみを使用する治療を数多く行っています。その他、急性期脳梗塞に対する血栓回収療法の件数も増加しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 27 3.81 18.26 3.70% 68.70
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 12 2.25 7.92 0.00% 76.08
K5542 弁形成術(2弁) 等 12 6.75 80.08 0.00% 62.25
K604-24 植込型補助人工心臓(非拍動流型)(91日目以降) 12 0.00 37.08 0.00% 42.58
K5551 弁置換術(1弁) 等 10 4.00 18.80 0.00% 66.00
心臓血管外科では、弁膜症手術や冠動脈バイパス手術、大動脈手術、ステントグラフト手術を数多く実施しています。大学病院という性格上、近隣より重症患者が集まる傾向が強く、近年では複合手術(弁膜症とバイパス手術の同時手術など)が増加しています。
弁膜症手術では自分の弁を温存する弁形成術を積極的に行っており、一度に複数の弁を手術することがほとんどです。3次元内視鏡を用い、小さな創で手術を行う低侵襲手術も手がけています。また冠動脈バイパス手術では人工心肺を用いない身体に優しい心拍動下バイパス手術を行っています。
他にも一般の施設では対応困難な重症心不全に対する補助人工心臓手術に加え、子供から大人までの先天性心疾患手術も行っています。
心臓血管外科では急性大動脈解離などの緊急手術にも24時間、365日対応しています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 等 92 1.89 7.09 0.00% 68.38
K5143 肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 等 32 1.63 9.63 3.13% 71.81
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 等 24 1.58 4.13 0.00% 64.96
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 等 21 2.19 6.43 0.00% 67.90
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 等 19 4.79 3.89 0.00% 36.00
当科手術の約7割が胸部悪性腫瘍の手術です。原発性肺癌が最多数で、転移性肺腫瘍がこれに続きます。病巣の広がり、リンパ節転移の有無によりアプローチと切除術式を決定します。早期肺癌に対して低侵襲の完全胸腔鏡下手術を行います。周囲臓器に進展する腫瘍には合併切除を伴う拡大手術を行います。局所進行肺癌に対して術前化学療法・放射線療法後に肺切除術を行います。浸潤のない早期肺癌に対して肺機能を温存する積極的縮小切除を行います。気腫性疾患・膿胸など良性疾患に対して低侵襲な胸腔鏡手術を行います。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 等 172 2.02 5.97 0.00% 71.06
K773-3 腹腔鏡下小切開腎(尿管)悪性腫瘍手術 59 2.54 9.53 0.00% 61.76
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 等 42 1.40 8.67 0.00% 65.90
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 35 0.74 4.97 5.71% 64.51
K865-2 腹腔鏡下仙骨腟固定術 19 2.26 4.84 0.00% 69.63
当科では泌尿器がんに対する診療に最も力を入れています。ロボット支援手術および当科で開発した新しい低侵襲手術であるミニマム創内視鏡下手術を多くの患者さんに実践しています。前立腺がんに対しては、高リスク癌を中心に、主にロボット支援前立腺全摘除を行っています。腎がんに対してはミニマム創内視鏡下腎部分切除を行っており、無阻血で行うことで安全性、低侵襲性および、機能温存性を達成しています。腎盂尿管がんに対しては、低侵襲なミニマム創内視鏡下腎尿管全摘除を施行しています。筋層非浸潤膀胱がんに対しては、精緻な再発、進展予測に基づき、患者さん個人に適した治療を提供しており、標準治療である膀胱全摘除のみならず膀胱温存療法を積極的に行っています。膀胱全摘除はロボット支援手術を開始しました。骨盤臓器脱に対しては腹腔鏡下仙骨膣固定術を行っています。
周産・女性診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 等 60 6.57 7.65 1.67% 35.02
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 等 57 1.05 4.32 0.00% 46.44
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術、子宮内膜ポリープ切除術 等 48 1.00 1.00 0.00% 42.60
K877 子宮全摘術 47 1.21 7.13 2.13% 51.34
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 47 1.11 4.11 0.00% 41.53
当科は新生児集中治療室を備えた地域周産期センターを担っており、正常分娩のみではなく、妊娠28週前後の症例や緊急性の高い母体搬送も受け入れており、母体合併症や胎児異常などの様々な診療科との連携が必要なハイリスク分娩を多く取り扱っています。
良性疾患に対しては患者様への負担が少なく、入院日数の短い(6日間の入院)腹腔鏡手術を主に行っています。また開腹を必要とする良性疾患、悪性腫瘍の手術も積極的に行っています。初期の子宮体癌に対しては患者様に体の負担が少ないロボット支援下手術を取り入れています。不妊の原因となるような子宮筋腫、子宮内膜ポリープなどに対する子宮鏡手術、また高度生殖補助医療(体外受精・顕微授精)、妊娠後の健診や分娩管理を同一施設で一貫して行い、患者様の負担の少ないスムーズな治療を提供しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 等 62 1.73 7.47 1.61% 72.56
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 等 14 1.00 1.14 0.00% 62.14
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル未満 等 13 0.92 1.08 0.00% 60.54
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル以上4センチメートル未満 等 11 1.00 2.00 0.00% 51.55
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満 等 - - - - -
皮膚科では、皮膚の良性腫瘍、悪性腫瘍の幅広い疾患に対して手術を行っています。最も多いのは皮膚癌(基底細胞癌、有棘細胞癌、乳房外パジェット病、悪性黒色腫等)の切除術で昨年より増加しています。今後、植皮術や再建術の必要な重症悪性腫瘍患者の手術にも力を入れていく方針です。
良性腫瘍であっても、腫瘍が大きい場合や、顔面など出血のリスクが高い部位の場合には、入院をして慎重に術後経過を追うようにしています。高齢者など術後のリスクの高い方や、若年者でも腫瘍が大きく出血のリスクが高い方などでは、皮膚腫瘍、皮下腫瘍の手術を入院の上行っています。
形成・美容外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 等 36 0.72 1.25 0.00% 66.19
K475 乳房切除術 29 0.93 3.52 0.00% 33.48
K476-2 再建乳房乳頭形成術 等 22 0.91 2.45 0.00% 48.09
K0111 顔面神経麻痺形成手術 静的なもの 等 14 0.57 3.36 0.00% 60.43
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 等 12 0.83 14.50 0.00% 77.25
形成外科では自科単独で行う治療とともに、他科と連携して行う治療も需要な比重を占めます。当科では、本学の外科系各科のアクティビティーの高さを反映し、頭頸部癌、乳がんなど腫瘍切除後の再建手術、その後の二次再建手術の症例数が多いのが特徴です。
乳房再建は20年以上の実績があり、人工物再建の他、遊離穿通枝皮弁による自家組織再建も増加しており、乳頭再建、刺青まで一貫した治療が可能です。女性化乳房でお困りの男性の治療も行っています。
顔面の変形では、眼瞼下垂をはじめ、眼瞼痙攣および顔面神経麻痺の再建を行っています。顔面神経麻痺では静的だけでなく動的再建、ボツリヌス療法も行い自然な笑顔を取り戻します。顔面外傷の症例も多く、顔面骨骨折や軟部組織損傷の治療にも積極的に携わっています。
腫瘍性疾患としては、母斑・血管腫などのレーザー治療のほか、皮膚科と連携した皮膚がんの外科的治療も数多く行っています。
形成外科では体表の整容性と良好な機能を追求し、患者さんのQOL向上に寄与しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 等 847 0.59 1.02 0.00% 70.96
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 等 206 0.69 5.72 0.00% 64.53
K2683 緑内障手術 濾過手術 55 0.35 7.33 0.00% 66.60
K2682 緑内障手術 流出路再建術 54 0.20 3.06 0.00% 60.93
K2684 緑内障手術 緑内障治療用インプラント挿入術(プレートのないもの) 等 51 0.14 7.06 0.00% 65.49
水晶体再建術はいわゆる白内障手術を意味し、当院では手術施行件数が最も多い術式です。全身合併症を伴う症例が多いことから1泊2日または2泊3日の入院治療を原則としています。乱視矯正用のトーリック眼内レンズ、多焦点眼内レンズを用いた手術も行っています。 硝子体茎離断術(網膜付着組織を含むもの、その他)は、網膜前膜、黄斑円孔、増殖糖尿病網膜症、裂孔原性網膜剥離、硝子体出血、硝子体混濁など網膜硝子体疾患全般を対象として行われる手術です。
緑内障手術は眼圧下降を目的とした手術で、濾過手術は緑内障に対する手術加療として最も多く用いられる術式です。眼内法による流出路再建術は、短時間の手術で良好な手術成績を収めています。
当院の眼科手術の特徴として、専門外来を有するぶどう膜炎や強度近視に合併した難治症例の割合が上記いずれの手術においても高いことが挙げられます。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3192 鼓室形成手術 耳小骨再建術 等 47 1.02 2.21 0.00% 53.40
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 等 38 1.34 2.97 0.00% 55.79
K3191 鼓室形成手術 耳小骨温存術 等 38 1.00 1.95 0.00% 57.79
K374 咽頭悪性腫瘍手術 等 32 2.69 7.25 3.13% 69.47
K4151 舌悪性腫瘍手術(切除) 等 29 2.03 6.86 0.00% 62.90
鼓室形成術:低侵襲の4K内視鏡下耳科手術を積極的に取り入れています。人工内耳などの内耳手術や外耳道癌を含む側頭骨腫瘍、頸静脈孔腫瘍などの中・後頭蓋底手術も施行しています。術中CTによる高精度ナビゲーションも導入し、高難易度手術の安全性を担保しています。
内視鏡下鼻・副鼻腔手術:ナビゲーションシステムを取り入れた安全性の高い手術に加え、高難易度のDraf手術や内視鏡下前頭蓋底手術も施行しています。
頸部郭清術:標準化された方法に従って、頸部郭清術を安全確実に行っています。
咽頭悪性腫瘍手術 、舌悪性腫瘍手術:頭頸部表在癌に対する低侵襲機能温存手術である内視鏡的咽喉頭手術(ELPS: endoscopic laryngo-pharyngeal surgery)を食道外科と合同で積極的に行っています。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 26 1.38 8.96 34.62% 73.85
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) 等 24 2.88 23.96 37.50% 75.38
K386 気管切開術 19 12.16 16.11 94.74% 70.79
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) 18 0.11 15.17 22.22% 56.72
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 等 14 0.36 3.86 0.00% 37.29
当科は様々な原因によるショックや多発外傷など多くの重症患者について、救急搬送時の初診からその後の集中治療に至るまで継続して医療を提供しています。吐血などで出血性ショックの状態で搬送される患者さんには迅速に内視鏡的止血術を行います。また当科には外科医や麻酔科医が在籍しており、消化管穿孔などによる腹膜炎を呈している患者さんや腸管壊死に陥っている患者さんには救急科医師による迅速な診断とともに時期を逸することなく緊急手術を行います。疾病や病状に応じて腹腔鏡手術なども行います。呼吸不全などによって長期の人工呼吸器管理を必要とする患者さんについては適切なタイミングで気管切開術を行って安全に管理を行います。そのほか、外傷などによって危機的な出血を呈している患者さんに対しては止血手術や血管塞栓術を適切に組み合わせて救命を行います。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 42 0.22%
異なる 34 0.18%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 244 1.29%
異なる 11 0.06%
厚生労働省による2019年度の全国の DPC 対象病院データ集計では、全症例に対する割合は播種性血管内凝固症候群(DIC)が0.15%、敗血症が0.47%、その他の真菌感染症は0.04%でした。当院の患者数は少なく、全国平均と比べ患者割合は低く抑えられています。手術、処置後の合併症を生じさせないよう、日々細心の注意を払い患者さんのケアに努めております。起こり得る合併症については、患者さんとのコミュニケーションを大事にしていくとともに、より一層の注意を払い、発生率をさらに低下させるよう努力して参ります。
 「180040手術・処置等の合併症」に該当する症例数が多い理由として、他院にて処置が困難となった植込み型医療機器(植込み型ペースメーカー、除細動器等)の感染に伴うこれらの摘出手術・処置が必要となった患者さんを多く受け入れていることが挙げられます。
更新履歴
2020/9/18
DPC機能評価係数Ⅱの保険診療指数にかかる「病院情報の公表」を公開しました。