ホーム ご挨拶 診療 研究活動 研修案内 バスキュラーラボ 関連施設
バスキュラーラボ>
四肢血圧脈波測定装置は,閉塞性動脈硬化症のスクリーニングに用いられます. 閉塞性動脈硬化症がない患者さんに対しては, 全身の動脈硬化の進行具合を調べることができます.

四肢血圧脈波測定装置この検査で用いられる指標を,足関節上腕血圧比 ABI (Ankle Brachial Pressure Index) とよびます.

有意な狭窄がない場合,ABI値は1.0より大きくなります. (測定誤差を考えて普通は0.9もしくは0.95以上で,狭窄がないと判断します.)

Fontaineの虚血症状分類での重症度と,ABIにはよい相関があることが知られています.

ABIが0.9から1.0の場合は,この検査だけでは正確な判断ができないため,別の検査を行います.


Mail to web master
Copyright (c) 2005 - 2007 by Tokyo Medical and Dental University, Vascular Surgery