ホーム ご挨拶 診療 研究活動 研修案内 バスキュラーラボ 関連施設
診療> 対象症例>





どんな病気ですか

静脈瘤は,静脈内に血液が逆流して貯留することにより,その一部が膨らんでまがりくねり,皮膚の表面にこぶ状に浮き上がって見えるようになったものです. 心臓から送り出された血液を内臓や手足におくる「動脈」とは反対に,「静脈」は体の隅々に送られた血液を心臓に送り返して戻す働きをしています.

このため,ヒトが立ってい る間,脚の静脈は血液を「重力に逆らって下から上へと押し上げていく」ことがその役目となります.静脈自身は動いてはいませんが,脚の筋肉がポンプのような働きをして,静脈内の血液を押し上げています.この仕事をより効率よく行うために,静脈の内側にはと ころどころに「逆流防止弁」がついています.

この弁が,何かの原因で壊れて働かなくな ると(「弁不全」と言います)血液が脚の上から下方向に逆流し,静脈のなかに滞ってたま ってしまいます.そして,静脈が拡張して膨らみ,瘤(こぶ)をつくります.寝た状態では ,重力の影響が少なくなるため,静脈瘤がしぼんで目立たなくなります.静脈瘤のできた 脚では,血液の停滞のために循環が悪くなり,むくんだり,だるい・重い・疲れ易いとい った症状が出やすくなります.

静脈瘤の合併症として,静脈瘤の中に血液の固まりができて炎症を起こして腫れて痛んだり(血栓性静脈炎),皮膚に褐色のシミ(色素沈着)ができたり,ひどくなると足首の近くの 皮膚に潰瘍をつくったりすることがあります. 静脈瘤が出来る原因(逆流防止弁が壊れてしまう原因)としては,体質,年齢による変化,妊娠・出産(ホルモンの変化),立ち仕事(社会的環境)などが挙げられています. また,静脈瘤は放っておくと年齢(時間)とともに徐々に大きく目立つようになってしまう,という性質を持っています.




どのような治療がありますか

脚の負担を軽くし症状を改善する方法として,足を高くして休んだり,立ち仕事の時間を短くしたりすることが有効です.歩くことは脚にも良いのですが,「長い時間じっと動か ないで立っている」ことがもっとも脚に負担がかかります.

締め付けの強い医療用のストッキングを着用すると静脈瘤の中に血液がたまりにくくなり,症状が軽くなります.安全で,誰でも行える優れた治療法ですが;

(1) 毎日着用 しなければならない.
(2) 夏期などは暑いため着用しづらい.
(3) ストッキングを着用し続 けていても静脈瘤自体は小さくはならない.

といった欠点があります. 残念ながら,静脈瘤を治す「飲み薬」や「点滴」など手軽な治療方法は現在ありません.このため,普段の生活で脚の負担を軽くしたり,ストッキングを着用したりしても効果が あまりない場合には,手術治療が勧められます.

静脈瘤に対する治療法は,患者さんにより様々ですので,外来で医師とご相談してください.




手術治療はどのようなものですか

10数年前までは,「一度の手術で全部治す」という考え方が主流であったため,「下半身麻酔(腰椎麻酔)」でキズが何カ所もあり,入院期間も術後1〜2週間という比較的大きな手 術が日本では一般的になされていました. その後,下肢静脈瘤治療や手術に対する考え方が大きく変化し,現在では患者さんに負担の少ない小さい手術を行うことが広まってきています.

この手術では,静脈瘤ができる「元(もと)」となる静脈(大伏在静脈=病気の静脈)を2ヶ所(大腿の付け根と膝の内側近く)でしばって切り離した上,この間の静脈(太股の部分)を 引き抜き,取ってしまうことにより,血液の逆流を止めて静脈瘤を治療します(ストリッ ピング手術).この方法ですと,通常は局部麻酔を用い,手術時間は30分程度です.手術 のキズは,1〜3cm程度のものが2〜3ヶ所です.手術直後から一人で歩けるようになり,翌 日に退院可能です.

目立つふくらはぎの「瘤」の部分ではなく,太股の部分を手術する理由は,静脈瘤という病気が脚の付け根(股に近い部分)からはじまっており,太股の部分が病気の「根っこ」ま たは「幹」に相当し,ふくらはぎの瘤の部分が「枝・葉」に相当するからです.病気の「 根っこ」をきちんと治療することにより,「枝葉」の部分も小さくしぼんできます.(一 部の患者さんでは,「膝の裏側」から静脈瘤がはじまっていることもあります.)

次に,ふくらはぎの静脈瘤に対しては,固める薬(硬化剤)を注入して「固めてつぶす」治療(硬化療法)を行います.この方法ですと,入院せず外来で治療が可能であり,皮膚にキ ズもつきません.ただし,瘤が非常に大きい場合には,硬化療法を行うとかえって炎症や 痛みがひどくなってしまうことが多いため,皮膚を小さく切って外科的に切除する方法を 選択する場合もあります.また,

上記のストリッピング手術を行わず,ふくらはぎ部分の 瘤の硬化療法だけを行うと,再発率が非常に高いとされています. なお,皮膚の潰瘍などがある重症の方は,入院期間が長くなることがあります.



手術の安全性

麻酔剤,硬化剤などのアレルギーの可能性がまれにありますので,以前,他の薬でアレルギーを起こしたことのある方は,主治医におっしゃってください.局所麻酔薬に関しては ,歯科医院で抜歯のために受けた麻酔の注射が問題なかったかどうかも参考になります.

手術時に多少の出血はありますが,輸血が必要になるようなことはまずありません .手術のキズの近くや,静脈を引き抜いた太股の部分に,皮下出血(内出血)がおこり,術 後赤色もしくは紫色のアザができることがありますが,通常は1ヶ月と経たないうちに消 えます.

手術の後,脚の太い静脈の中に血液の固まりができ(深部静脈血栓症),それが心 臓から肺へ流れていき,呼吸が苦しくなるなどの重い術後合併症(肺塞栓症)を起こすこと がありますが,ごくまれです.この合併症を予防するためにも,手術の後にはその当日よ り「安静にしないで歩く」ことが大切です.


Mail to web master
Copyright (c) 2005 - 2007 by Tokyo Medical and Dental University, Vascular Surgery