教授

上村 公一

上村は京都大学で有機化学を専攻した後、京都府立医大で医学を学んだ。医学部卒業後、京都府立医大法医学教室でアルコール医学を専攻し、学位を取得した。その後、山口大、東京大学法医学教室で薬物による細胞死の機序について、生化学的手法を用いて研究してきた。平成19年9月、東京医科歯科大学に着任した。特に一酸化炭素(CO)の毒性と細胞保護作用について、ミトコンドリア機能との関係から研究をすすめてきた。

日本法医学会 理事・法医認定医
日本アルコール・アディクション医学会 理事
日本犯罪学会 理事
日本法科学技術学会 理事
東京都監察医(非常勤)
大阪府監察医(非常勤)

kuemura.legm○tmd.ac.jp

准教授

秋 利彦

秋は東京大学教養学部で生化学を専攻し、遺伝子発現制御の研究で学位を取得した。山口大学法医学教室・遺伝子実験施設で細胞生物学・分子生物学を用いたストレスによる遺伝子発現制御・細胞死の研究を行い、その後東京大学農学部でプロテオーム解析に従事した。平成21年10月、東京医科歯科大学に着任した。


aki.legm○tmd.ac.jp

鵜沼 香奈

医師・医学博士・法医認定医。
2010年東京医科歯科大学助教、2013年同講師。2019年New Mexico Office of the Medical Investigator research fellow、2021年〜准教授(キャリアアップ)。
司法解剖、死因・身元調査法解剖の他、東京都監察医として行政検案・解剖に従事。コカインによる細胞傷害機構の解明、敗血症の死後診断・病態解明についての基礎研究を行っている。
2013年日本法医学会より学術奨励賞。2018年茨城県警察本部より司法解剖・犯罪捜査・死因究明への貢献に対する感謝状贈呈。

Kana. Unuma, M.D., Ph.D. (Forensic Pathologist). Dr. Unuma is board certified in Forensic Pathology by the Japanese Society of Legal Medicine. Her research interests have included the field of forensic biochemistry.

unumlegm○tmd.ac.jp

助教

船越 丈司

船越は山口大学で分子生物学・生化学を専攻し、学位を取得した。その後、山口大学で教員を経た後、平成20年9月、東京医科歯科大学に着任した。法医学教室では、これまでの経験を生かし、分子生物学、生化学の視点から、薬毒物による細胞毒性に関する研究に従事する。

平成27年度~ 東京医科歯科大学 医学部内講師

funakoshi.legm○tmd.ac.jp

特任助教

渡邊 嶺




技術職員

小松 亜由美


技術補佐員

加藤 千鶴

加世田 莉奈


大学院博士課程

佐野 智美

青木 奨

野村 萌夏


大学院修士課程

梶原 美祐

小松 美結

松山 蓮実


大学院研究生

木村 将俊(弁護士)


※メールアドレスの○は@に換えてご使用下さい。

ページのトップへ戻る