東京医科歯科大学皮膚科 分野概要

当講座は、皮膚に表現されるすべての疾患を対象とした教育、診療、研究を担当しています。

教育方針

卒前教育では、一般医として必要な皮膚の解剖学、生理学、免疫学、薬理学などの基礎知識とそれに基づく皮膚疾患の理解に重点をおき、外来での見学、ベットサイドティーチングを中心とした教育を行う。2014年度12月から「皮膚・アレルギー・膠原病」ブロック講義で皮膚科、アレルギー科のブロック講義を1週間担当している。
卒後教育は、専門医としての皮膚科学の基礎的知識の修得と臨床医としての技術・手技の習熟を行い、「皮膚科学から見る人間学」の研鑽をつむことを目標としている。

臨床上の特色

皮膚科学の臨床は、皮膚に表現される微細な変化から全身の生体状態を把握し、疾病の早期診断・早期治療を行うことにある。
外来・入院患者を通じて皮膚徴候の検出と理解の訓練、皮膚徴候からの内臓諸器官の機能の推測とその証明、皮膚疾患の原因・誘因の検出方法、外用療法、外科的手技を用いた治療、内科的治療を駆使して疾病の治療を行っている。

研究活動

皮膚に表現される疾患の全てを対象とする皮膚科学では、その研究対象が多岐にわたる。
当教室では種々の皮膚疾患の病因・病態を免疫学的アプローチにより解明することに努力している。
当教室のこれまでの研究業績を基盤として、免疫アレルギー疾患、腫瘍等の研究を行っている。

お知らせ

2021年 1月8日
患者さまへ:『特発性後天性全身性無汗症の皮膚の組織学的解析』について
詳細はこちら
2020年10月27日
患者さまへ:『染毛剤アレルギーにおける痒疹反応の病態解析』について
詳細はこちら
2020年 4月 17日
患者さまへ:フットケア外来からのお知らせです
詳細はこちら
2019年 12月 17日
研修医の先生方へ:2020年度専攻医二次募集についてのお知らせ
→二次募集は終了いたしました。
2019年 12月 3日
患者さまへ:『特発性後天性全身性無汗症(AIGA)の予後調査』について
詳細はこちら
2019年 12月 3日
患者さまへ:『無汗性外胚葉形成不全症の疫学調査』について
詳細はこちら
2019年 11月 15日
患者さまへ:『アトピー 性皮膚炎患者の皮膚組織におけるかゆみサイトカインIL 31 発現の病理組織学的研究』について
詳細はこちら
2018年 8月 15日
患者さまへ:『水疱症およびうっ滞性皮膚炎における痒み発症機序の免疫病理学的検討』について
詳細はこちら
    
2018年 7月 1日
患者さまへ:『原発性腋窩多汗症の臨床研究へのご協力』について
詳細はこちら
2018年 5月 1日
患者さまへ:「疥癬における痒み発症機序の免疫病理学的検討」について
詳細はこちら
2018年 6月 1日
フットケア外来から歩行教室のお知らせです
詳細はこちら
    足育研究会のホームページはこちら
2015年10月30日
ホームページをリニューアルしました。
お知らせ一覧へ

pagetop