研修医の声

2020年 研修医の声

東京医科歯科大学を研修施設として選んだ理由を教えてください。

  • 加藤 愛理1年目

    東京慈恵会医科大学

    指導体制が整っていることを一番重視していましたが、大学病院・市中病院の両方で、たくさんの優秀な指導医の先生方のもと、幅広い症例や手技を経験できる研修は医科歯科しかないと考えていました。
    また、初期研修では救急対応もしっかり身につけたいと考えており、全国的にも有名な救急救命センターで研修できる点も魅力に感じていました。

  • 和田 友里子1年目

    東京医科歯科大学

    専門性の高い大学病院とcommon diseaseを経験できる市中病院の両方で研修を行うことができるたすきがけプログラムに魅力を感じました。また、屋根瓦式の指導体制やイブニングセミナーなどの教育体制が充実していることも決め手の一つでした。

実際に研修を始めてみてどんな感想をお持ちですか?

  • 李 惇馥2年目

    東京医科歯科大学

    大学病院は「業務の煩雑さ」や「コメディカルが厳しい」という噂を聞いていましたが、実際に働いてみるとそんなことはなく、日々シームレス化が進んでいる印象を受けました。上級医・コメディカルの方々も優しく、いい意味で評判を裏切られる形になりました。
    また、当院では最先端の診療、テクニックをいち早く取り入れる環境が整っていると実感しました。当院は新型コロナウイルスにいち早く対応すべく、ICUをCOVID-19専用病棟に改築し、全職員が無理のない範囲でCOVID-19対応に当たれるよう制度が設けられました。緊急事態宣言発令中の当院の受け入れ患者数は(一時期は)大学病院で一番多かったと聞いております。その際、研修医の意見が日々ルールに反映されることが印象的でした。大学病院というとどうしてもお堅いイメージが拭えない方が多いと思いますが、研修医の要望でルールがすぐに変わり、フレキシブルかつ過ごしやすい診療体制に反映されるのは当院ならではの素晴らしい特徴だと思います。

  • 近藤 茂1年目

    筑波大学

    入職したての頃は、分からないことも多く大変でしたが、面倒見のよい上級医・指導医の先生方のお陰で、乗り切ることができています。
    定期的に開催される研修医委員ミーティングで研修医の意見をしっかり聞いていただくことができたり、セミナーなども多く実施されており、環境が非常に整っているため良い研修ができています。

東京医科歯科大学での研修でどんなことを学びたいですか?

  • 和田 友里子1年目

    東京医科歯科大学

    まずは医師としての基礎となる手技や考察力をしっかり学んでいきたいです。また、大学病院ならでは珍しい症例や最先端の治療についても経験したいと思っています。

  • 近藤 茂1年目

    筑波大学

    疾患の診断から治療まで、アカデミックな観点から診察できる⼒を培いたいです。
    手技はやはり市中病院に比べて少ないですが、正しい方法で学べる環境は整っています。
    こうした学びの機会は、2年目で外病院に出た時に活きると思います。
    また、大学病院ではプレゼンの機会が多くあるので、人に分かりやすく簡潔に伝える技術も磨きたいと思っています。

将来の夢について教えてください。

  • 山本 晴二郎1年目

    昭和大学

    充実した初期研修、後期研修を通じ、多臓器に及ぶ知識と技術を身につけた内科医を目指しています。そして最終的にはジェネラルな視点から患者さんの生活を俯瞰し、終末期の緩和ケアまで含めた医療を提供して、多くの患者さんの人生を豊かにすることが私の夢です。

  • 加藤 愛理1年目

    東京慈恵会医科大学

    ひとりひとりの患者さんに誠実に向き合い、患者さんにとって何が一番よいのか考えられる内科医になりたいです。そのためには、専門を極めつつ、全身を診られることが大切かと考えています。特定の分野に限らない幅広い知識や経験を得られるよう、努力し続けていきたいです。

医科歯科で研修を考えている学生へのメッセージを100文字程度でお願いします。

  • 李 惇馥2年目

    東京医科歯科大学

    研修を考える際に大事なことは「研修医に課される自由度」と「同期」ではないでしょうか。当院は研修医は比較的自由に裁量権が与えられており、やる気次第で色々な手技にも挑戦できます。裏を返せば、怠惰な生活を送ってしまう危険性も孕んでいます。そんな時に大切なのは同期の存在です。全国から集ってきた優秀な研修同期の存在は、自分自身を引き締め、更に高いレベルへと昇華させてくれるはずです。その繋がりは研修が終わっても続いていくことでしょう。自分が10年後、20年後どのような医師になっていたいか想像して下さい。その思いを醸成させてくれる環境が、この医科歯科には整っているはずです。

  • 細井 毬愛1年目

    富山大学

    全国の大学から同期が集まっているので、医科歯科出身ではない人にとっても研修しやすい環境であると思います。志の高い同期と切磋琢磨しあえる環境があり、教育熱心な上級医のもと、初期研修という大切な時期を過ごすのにとても良い環境であると思います。是非一度見学にいらして当院の雰囲気を感じてみてください。

特色ある研修紹介

島根県地域医療研修(3ヶ月)

国立保健医療科学院(2ヶ月)

  • 島根県地域医療研修(3ヶ月)
    H28プログラムⅡ

    芋野 充紘(いもの あつひろ)

    2年目

    東京医科歯科大学卒

  • 国立保健医療科学院(2ヶ月)
    H29プログラムⅡ

    和田 昇悟(わだ しょうご)

    2年目

    東京医科歯科大学卒

専門研修プログラムへ進んだ先生の声

2013年採用プログラム1 髙橋 純一 先生

  • 髙橋 純一先生

    消化器内科

    当院での研修プログラムは、医師としての基礎を身につける上でとても理想的な環境が整っております。難治疾患治療の「最後の砦」である大学病院で高度専門医療の現場を経験することで、困難な症例へ対峙する際に必要な思考プロセスを学ぶことができました。また、たすき掛けの協力病院ではcommon diseaseから稀な疾患までの幅広い疾患や多彩な手技を経験することができました。当院・協力病院共に指導医の先生から熱心な教育を頂き、同期と切磋琢磨しながらとても充実した2年間を過ごすことができました。「医師力」の盤石な土台を築きたい方、医科歯科で待ってます!

2013年採用プログラム1 土屋 淳 先生

  • 土屋 淳先生

    消化器内科

    当院の初期研修は、医師としての基礎を築く環境が整っています。大学ではカンファレンスがあり、特殊な疾患を深く考察してプレゼンする機会が多くある一方、関連病院では一般的な疾患を診る機会もあり、様々な疾患を経験できます。上級医が皆指導熱心な点も大きな特色であり、私自身も手厚い指導のもと多くの疾患を経験させていただいて、大きく成長できました。ぜひ当院で研修して、充実した2年間を過ごしてください。

2016年採用プログラム2 川田 大介 先生

  • 川田 大介先生

    膠原病・リウマチ内科

    当院での研修の魅力は、様々な環境で、教育熱心な指導医のもと、優秀な仲間とともに学べることだと思います。関連病院ではコモンな疾患を主体的に診療する経験を多く積み、大学病院ではより困難な症例も丁寧にアセスメントするトレーニングをし、また地域研修では総合的な力が試される経験ができました。指導医には臨床から医師としての姿勢、将来のアドバイスまで幅広くご指導いただきました。そして同期は常に刺激を与えてくれ、今でも心強い大切な存在です。研修先として恵まれた環境だと感じています。