研修医の声

2019年 研修医の声

東京医科歯科大学を研修施設として選んだ理由を教えてください。

  • 吉村 翼2年目

    東京医科歯科大学

    当院の研修プログラムはたすき掛けであり、commonな疾患を幅広く見ることの出来る市中病院と、特殊な病態を呈する疾患に対して深く考察することの出来る大学病院と、環境の異なる施設で臨床の経験をすることが出来ます。双方での診療を研修医の間に経験しておきたいと考え、希望しました。

  • 尾﨑 あずさ1年目

    東京女子医科大学

    たすきがけ制度や屋根瓦制度など、整った研修制度が完備されている点、素晴らしい先生方の下で学ぶことができる点、多くの同期と切磋琢磨し合いながら学べる点に心惹かれ選びました。

  • 島田 雅之1年目

    独協医科大学

    病院見学で、教育熱心な指導医の先生方や、意欲的な研修医の先生方にお会いして、自分もこの様な環境で初期研修を行いたいと思いました。

  • 武村 瞭子1年目

    筑波大学

    大学病院と市中病院の両方を経験できることで、より広い視点で研修を行うことができると思ったからです。
    また、外部大学出身者にも優しい雰囲気も魅力でした。

  • 原川 哲1年目

    関西医科大学

    毎年人気で、全国の医学部からやる気のある研修医が集まっており、学生時代に見学した時も人間関係の風通しがとても良いという印象だったからです。

  • 山田 尭德1年目

    東京慈恵会医科大学

    たすき掛けの存在が非常に大きかったです。大学病院という高い専門性のある環境と市中病院という多くの経験を積める環境の2つを研修医の期間で過ごすことができるのは非常に魅力的でした。御茶ノ水という好立地な場所に大学があるということも決め手の一つです。

  • 渡邊 沙希1年目

    宮崎大学

    common diseaseから先進医療まで学べるたすきがけ研修に魅力を感じたからです。また、指導医・研修医・学生という屋根瓦式でチームが構成されており、人に教えることで理解が深まると思ったからです。

実際に研修を始めてみてどんな感想をお持ちですか?

  • 小島 史也1年目

    東京医科歯科大学

    現在は救急科で研修をしております。医師になって最初にローテートする科が救急ということではじめはとても不安でしたが、2年目、レジデントと上の先生方が屋根瓦式に指導してくださり、日々自分のできることが増えていっていることを実感しています。初寮室での対応とICU, HCU病棟での管理に追われ忙しい日々ではありますが、大学病院のデメリットといわれがちな「経験数の少なさ」を全く感じず充実した研修ができています。

  • 芦川 智久1年目

    独協医科大学

    慣れない初めての環境ということもあり期待と不安を抱えながら研修生活をスタートしましたが、数多くの同期に支えられ、そして上級医の先生方の熱心な指導により毎日新鮮で充実した研修を送っています。

  • 内山 紗也1年目

    香川大学

    まだ慣れないことも多く、自分の未熟さを痛感する日々ですが、先生方やコメディカルの方々のご指導のおかげでとても充実した研修ができていると感じています。

  • 西尾 祥郎1年目

    筑波大学

    実際に研修を始めると診療業務が忙しく、初めは仕事を覚えることで精一杯ではありますが、家に帰ってから担当症例について自学自習する日々が続いています。
    ただ、イブニングセミナー等の研修医教育の場所がしっかり用意されているため、座学もしっかり学ぶことができると感じています。

  • 賀 博美1年目

    聖マリアンナ医科大学

    病院全体で研修医の育成に励んでくださっていると思いました。

  • 木内 英美1年目

    東京女子医科大学

    指導医の先生方が教育的で、日々学びがあり充実しています。米国で研修されていた先生など、様々な経歴をお持ちの先生方がいらっしゃり、そんな優秀な先生方からご指導を受けられる環境に感謝しています。

  • 麦田 稔貴1年目

    昭和大学

    先輩医師の方達がとても教育熱心で、わからないことを質問すれば丁寧に教えてくださり、時間があるときはレクチャーをしてくださることもあります。日々の臨床を理論立てて考えて経験できるのが自分にとってよかったです。

東京医科歯科大学での研修でどんなことを学びたいですか?

  • 青山 祐希2年目

    東京医科歯科大学

    一つ一つの症例を通じて、取り組み方のロジックを身に付けたいと考えています。一見当たり前のように見えたり、何となくで過ごしてしまいがちなところを、なぜ?と追及していきたいと思います。

  • 相関 良紀1年目

    筑波大学

    実際に医師として働くために必要な検査手技、体の動かし方。どの診療科においても必要となる、患者の訴えを基にして正しく診断をするプロセスなど。また、最先端の医療を提供できる環境なので最新の医学知識も学びたいです。

  • 神谷 昂汰1年目

    東京慈恵会医科大学

    まずは、しっかりと医師として基礎となる能力を身に付けたいです。カルテやプレゼン、診察や手技などです。東京医科歯科大学では、教育体制が整っており、指導医の先生方も多いので、基礎を学ぶには最適だと感じています。また、研究にも力を入れているので、学会発表や論文作成などにも挑戦してみたいです。

  • 塩瀨 勝之1年目

    東京医科大学

    まずは医師として基礎となる患者さんとの信頼関係を築くことやカルテの書き方、コメディカルのスタッフとの関わり方、輸液の種類、抗菌薬の使い方を学びたいと思います。

  • 高橋 佑典1年目

    名古屋市立大学

    希少疾患に関する大学でしか学べない専門的な知識に加え日常的に目にする疾患についても多くの経験を積み学んでいきたいです。

  • 豊田 桃香1年目

    東京女子医科大学

    たすきがけというメリットを最大限に活用して、1年目には医師としての基礎を学び、2年目にはそれらを活かして実践していき、将来に繋がるような研修をしたいと思っています。

将来の夢について教えてください。

  • 青山 祐希2年目

    東京医科歯科大学

    内科的な知識、ロジックを習得するのはもちろんのこと、心理社会背景にも目を向けたジェネラルな診療を心がけ、患者さんに伴走するパートナーのような医師を目指しています。

  • 小島 史也1年目

    東京医科歯科大学

    私は今、消化器外科医を志しています。学生時代に当院の肝胆膵外科を実習し、10時間以上に及ぶ手術とその後の徹底的な術後管理で、重症だった人が日増しに食べられるようになる様子を見ました。小さい頃から外科医を目指していた自分にとってまさにこれがやりたいと思った瞬間でした。数年後にチームの一員となってそのときの先生方と一緒に手術に入ることを夢見ています。

  • 小山 照央1年目

    東京医科歯科大学

    専門的な技術を持つ医者であると同時に、ひとりの人間として。人間力の高さ・深さを追求してゆきます。

  • 江口 大樹1年目

    東京医科大学

    将来の夢は、患者さんに信頼され、自信を持って患者さんと向き会える医師になっていることです。

  • 加藤 柚香1年目

    北里大学

    まだ専門としたい診療科は決まっていないですが、どの科にすすむとしても総合的に患者さんの病態を考えられるようになりたいです。また、患者さんの不安な気持ちに寄り添えるような人間性豊かな医師を志しています。

  • 保田 惇ノ介1年目

    東京慈恵会医科大学

    日々進化する医学の中で、新たなデバイスや治療法を開発したい。

  • 松本 望1年目

    東京医科大学

    将来は、患者様に寄り添える優しい医師になりたいと思います。また、女性として家庭と両立しながら仕事をしたいと考えているので、将来の目標となる先生方を医科歯科で見つけ、私自身も頑張りたいと思っています。

医科歯科で研修を考えている学生へのメッセージをお願いします。

  • 吉村 翼2年目

    東京医科歯科大学

    多くの研修病院があり、それぞれに特徴があります。ですが、最終的にはみなさんが実際に見学で訪れて、何となく自分の感覚と合った所が、ベストな研修先であると思います。医科歯科の雰囲気がみなさんと合うか、ぜひ一度見学にいらしてみてください。

  • 井野 祐希2年目

    大分大学

    プログラムⅡは1年目に市中病院を回れるので、common diseaseから学びたい方にオススメです。2年目の大学病院では多くの期間が自由選択な点も魅力的です。是非一度見学に訪れて当病院の雰囲気を感じてみて下さい。

  • 小山 照央1年目

    東京医科歯科大学

    本プログラムで研修していると、自分の未熟さとともに、日々の進化もまた少しずつ感じられます。ここには教育熱心な土壌があります。その土壌を生かすべく、1人でも多くの熱い仲間とともに切磋琢磨していきたいです。医科歯科で待っています。

  • 出海 里佳1年目

    岡山大学

    医科歯科は指導医の先生方の層が厚く、自分に合ったロールモデルを見つけることができると思います。また全国の大学から同期が集まっており、切磋琢磨しながら研修できます。

  • 内田 要1年目

    日本医科大学

    初期研修はとても大切な時期なので、研修先にどの病院がいいのか、大変悩むかと思います。医科歯科での研修は病院全体が研修に対してとても熱心で、毎週セミナーなどが開かれます。また、大学病院と市中病院の両方で研修できるというメリットがあり、たくさんの同期と充実した研修生活を送れます。

  • 江部 里菜1年目

    富山大学

    まず医科歯科で研修を始めて感じることは初期研修という2年間という限られているにも関わらず、今後の医師としての大切なスタートを切るのにとてもふさわしい環境であるということです。 優秀な上級医の指導やセミナー開催などの充実した環境、そして向上心のある多くの同期と切磋琢磨して過ごすことができています。 ぜひみなさんにも医科歯科で有意義な研修生活を送っていただきたいです。

  • 三宅 久美子1年目

    浜松医科大学

    毎日いろんなことを丁寧に教えてもらえる機会が多く、大学病院ならではのありがたみを感じています。また研修医が多く毎日楽しいです。是非一緒に研修しましょう!

  • 渡邊 慎太郎1年目

    日本医科大学

    医科歯科大学では全国様々な大学からの研修医と共に働くことができ毎日楽しく研修医生活を送れます!上級医の先生から沢山のことを教わり、学生さんに教えることで勉強になります!とても充実した2年間を過ごせると思いますよ!

専門研修プログラムへ進んだ先生の声

平成23年採用 浅野 大輔 先生

  • 浅野 大輔先生

    平成23年

    東京医科歯科大学

    当院での研修の特徴は、研修医をチームの一員として迎え、後輩として育てようという意識を上級医が共通してもっていることだと思います。これは大学病院でも、たすきがけの関連病院でも共通のことでした。そうした環境での研修は、責任を伴い、忙しくもありましたが、非常に居心地よく充実した2年間でした。初期研修後、私は迷わず当院外科後期研修プログラムに応募しました。また研修時代にともに働いた友人は今でも大切な同期となり、診療科の垣根を超えた関係となっています。医科歯科でみなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

平成24年採用 青沼 映美 先生

  • 青沼 映美先生

    平成24年

    筑波大学

    初期・後期研修はその後の基盤となる重要な期間であり、 当院は研修を行う上で十分な環境が整っています。大学病院ではカンファレンスや学会等のアカデミックな部分は勿論のこと、特に救命救急センターでは実践的な救急診療を経験することができます。また、協力病院はいずれも魅力的で幅広い疾患の診療にあたり、多くの手技を習得することが可能です。初期研修で得た知識や能力だけでなく、お世話になった先生方や仲間とのつながりは後期研修での大きな支えとなることでしょう。是非当院で共に成長し合える素敵な仲間と充実した研修生活を送ってください。

平成27年採用 久木元 延行 先生

  • 久木元 延行先生

    平成27年

    独協医科大学

    「沢山の同期と楽しく学び、働き、さらに初期研修の間に 医師としてのスキルを会得できる場所」と贅沢な条件の全てが叶う医科歯科大学、私は迷うことなく研修先として希望しました。そして希望通りに初期研修の二年間をとても楽しく有意義に過ごし、その居心地の良さのまま眼科へ入局しました。入局してからも新しい手技に次々とチャ レンジさせてもらい、また他病院との合同勉強会も多く開催され同期と交流を深めながら楽しく学ぶ毎日です。上記の条件で研修先をお探しの方、絶対オススメです。