教育関係

臨床研究を行うための必須条件

本学で臨床研究を実施するには下記の受講が必要です。

研究倫理講習会
受講有効期間 : 1年間
臨床研究に関する研修
少なくとも年に一度は受講する

臨床研究に関する研修

eAPRIN (研究倫理教育 e-learning)
臨床研究セミナー
(責任医師等の先生方は受講が必須となります)
モニタリングセミナー・eACReSSセミナー
随時行いますのでお問い合わせください。
その他関連セミナー

臨床研究論文執筆コースのご案内

 2019年1月から受講者5名で始まった臨床研究論文執筆コース(観察研究)のトライアルが
2019年3月28日(木)に最後の講義を終え修了いたしました。

 観察研究コースと介入研究コースを設け、臨床研究の基礎を指導し、TMDUの医師、歯科医師、コメディカルによる臨床研究論文執筆数を増加させる目的とし、観察研究コースは2019年度に、介入研究コースは2020年度に履修証明プログラムとして開設する。【無料】

 観察研究コースは、生物統計および臨床疫学の講義・演習を通して、臨床研究論文(観察研究)の分析・執筆を支援する。コースのなかで実際に論文を執筆し、コース修了までに観察研究としての臨床研究に関する英文原著論文を完成させることを目的とする。さらに、介入研究を実施するための基礎を養うことも目的とする。