センターご案内

センター目的

センター長

小池 竜司
医療イノベーション推進センター長

教授小池 竜司

 このたびは医療イノベーション推進センターのホームページにご訪問いただき、ありがとうございます。本センターは、2015年3月に設置された組織で、大学の研究成果を新しい医療技術の実用化を支援することをミッションとしています。

 大学における医学研究では、研究室における基礎研究こそが格式ある研究と評価され、実用化のための活動や工夫は軽視される風潮がありました。しかし、どんなに画期的な基礎研究成果であっても、患者さんに届けられるまでには医薬として開発されなければ意味はありません。そして、実用化までの道のりを考え実行することは基礎研究と同じように重要なものであり、研究室で行うことではないとしても科学の一領域として評価されつつあります。附属病院を有する大学は、基礎研究成果の実用化を進めるとともに、それ自体も科学として追求し、その質を高めることに寄与すべき責務があります。

 本センターは、TMDUの優れた研究成果を、本学附属病院を含めた医療機関で利用可能とするための様々なプロセスを支援します。そのプロセスとは、基礎研究から得られたシーズ「種」を適正に評価することに始まり、長い時間と厖大なマンパワーを要する臨床試験の実施、製品化、法令の理解と順守、行政や企業との調整などが含まれます。領域や分野を問わず大学内外の幅広い方々との対話や交渉が必須であり、「連携」と「協調」がわれわれのキーワードだと考えています。医療イノベーション推進センターをどうぞよろしくお願いいたします。